20代で借金を返済するためには?借金の理由からおすすめ法律事務所までご紹介!

借金のメリットとデメリット

様々な理由から20代で借金を作ってしまうことがあります。20代の借金はどんなところからの借金が多いのでしょうか。この記事では、20代で借金がある方への返済のための生活についてアドバイス、またどうしようも無くなった時の債務整理についてご紹介していきます。

20代の時は気軽な気持ちで借金してしまいがち…

20代のうちは、社会人になりたてでお仕事に必要な物が多かったり、遊びの誘いも多かったりで何かとお金がいりようですよね。でも、働き始めたばかりですから、そんなにお金があるわけがありません。そんなところに、簡単にお金を借りることのできるシステムがあったら、ついつい借金してしまうこともあるでしょう。

働き始めたから、ちょっとだから大丈夫。20代のうちはそんな安易な気持ちで、借金をしてしまう事が多いのです。

20代で借金返済に追われる毎日…主な借入先とは?

20代のお給料は、そんなに多くはないでしょう。足りないぶんを借金で補うと、翌月には返済金額分がさらに足りなくなってしまいます。借金返済のために毎月四苦八苦、なんて事にもなりかねません。

日本奨学金支援機構など

20代の借金で多いのが、奨学金でしょう。日本奨学金支援機構は、大学や専門学校の学費や生活費、留学費用を借り入れできる機関です。

しかし、奨学金であっても借金であることに変わりはありません。利息の有るものと無いものがあるのですが、どちらも必ず返済は必要です。

私立大学の学費を全額、となるとかなり高額になりますので、返済は長期にわたるでしょう。

消費者金融(教育ローン含む)

消費者金融とは、個人が手軽にお金を借りることのできる機関です。プロミスやアコムと言った、聞き覚えのある会社もいくつかあるでしょう。

簡単な審査でお金を借りることができますし、街のいたるところにありますので、ATMのような感覚でついつい利用してしまうこともあるでしょう。消費者金融では、教育ローンとして学費などの借りいれを推奨しているところもあります。迷ったのなら、金利をよく考えて選びましょう。

親や親戚

ちょっと手持ちがない時に、一番頼みやすいのではないでしょうか。20代のうちは親と同居していることも多いでしょうから、ついつい気軽な気持ちで頼みがちです。

そして、身内の甘えから返済日をしっかり決めなくても、無利息で貸してくれることもあるでしょう。しかし、親や親戚からであっても、借金をしたらきちんとした返済計画は必要です。

クレジットカードのキャッシング

20代といえど、社会人であればクレジットカードは必要です。もちろん、クレジットカードを持つことは悪くありません。

しかし、クレジットカードにはキャッシング枠というものがついています。どうしても現金が必要な時に、ついついキャッシング枠から引き出して使ってしまうこともあるでしょう。

新たにカードを作るような手続きが不要なので、気軽に使ってしまいがちなので注意が必要です。

20代が借金をしてしまう理由とは?

20代に限った事ではありませんが、借金をするには必ず理由があります。では、20代に多い借金をしてしまう理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

奨学金

進学を考えた時に、進学費用が捻出できないこともあるでしょう。そんな時に、低金利で学費や進学の準備金を貸してくれて、学ぶことを応援してくれるのが奨学金です。

ただし、あくまで貸してくれるだけですから返済が必要です。私立大学の学費を全て奨学金で、なんて事になればその金額は膨大になります。

車のローン・住宅ローン

車のローン
20代でも、結婚して家庭を持っている人もいます。家庭があれば、車や家を購入することもあるでしょう。住宅や車はローンで購入し、長期間の返済となるのが一般的です。

食費・生活費

20代ですと、実家を出たばかりという人も少なくありません。これまでお母さんがやってくれていた「やりくり」は、自分でしなければいけなくなります。

誰も最初からうまくは出来ませんので、気がついたらお金がない、なんて事もあるでしょう。そんな時には、「すぐに返すから」なんて思って借金をしてしまいがちです。

彼女・彼氏との交際費

交際
20代では、お金が無いのは男女ともに同じです。男性だからと、ご馳走してばかりいればお金が足りなくなります。

反対に、いつもワリカンでは女性の方にも負担がかかります。付き合い始めた彼氏・彼女で「ここまでなら使える」というお金の話はしにくいものです。ついつい、無理をして借金をすることもあるでしょう。

20代が借金を完済するための準備3つ

生活の中から少しずつできた借金であれば、出来れば20代のうちに返しておきたいものです。早いうちに完済させるための、すぐにできる心がけを、ご紹介します。

①家計簿をつけて収支を透明化する

20代から家計簿をつけている人は、少ないかもしれません。しかし、家計簿をしっかりつけると、自分が思っていた以上に使っている項目が必ずあるはずです。

生活を見直して借金を返済するには、家計簿をつけることは必須です。今は、携帯でつけることのできる無料の家計簿アプリもたくさん出ています。自分にあったアプリを選んで、毎日の収支を記録していきましょう。

②無駄遣いはやめて節約する

家計簿をつけ始めたら、自分がしてきた無駄使いが見えてくるでしょう。「これはいらない、無駄遣いだ」と判断したのなら、強い意志を持って節約しましょう。

無駄遣いを止めるだけで、日々のお財布に余裕がうまれて借金返済の目途が立つかもしれません。ただし、20代は人とのお付き合いも重要です。節約しすぎて、社内で浮いてしまった、なんて事にならないように気を付けましょう。

③完済までのプランを立てる

プランを立てる
節約をして、月にいくらまでなら借金返済ができるかというのが分かったのなら、次は完済までのプランを練りましょう。今月に○○円返済しているのなら、余った金額は普段は使わない通帳に入れて、いつまでにいくら貯金をするか目標を立てます。

目標通りに貯金ができたなら、繰り上げ返済をすることで完済も可能です。20代のうちに借金を完済するには、綿密にプランを立てるのも重要です。

20代で借金を完済するための「債務整理」について詳しく紹介!

20代でも、失業や病気の可能性はありますし、借金しすぎて、どうしても返済出来ない事もあるでしょう。そんな時は、専門家に依頼して借金返済のお手伝いをしてもらいます。

任意整理

専門家による金融会社との和解交渉で、金利の引き直しをし、借金の総額や毎月の返済額を減らし生活に支障のない範囲に収める方法です。

  • 個人再生と異なる点:借金の減額は少ないですが、裁判所への申告は必要ありません。また、一括での手続きではないので、住宅や車のローンは任意整理から外す事も可能です。
  • 自己破産と異なる点:借金の返済義務はあるが、保有している財産を残すことができます。

個人再生

個人再生とは、専門家から裁判所に申告し、借金を1/5程度に減額、免除をしてもらい、原則3年間で借金の完済を目指す手続きです。

  • 自己破産と異なる点:借金の返済義務は残りますが、車や自宅などの保有財産を維持することができます。
  • 任意整理と異なる点:裁判所を解すため、債権者を自由に選択することは出来ません。

自己破産

自己破産とは、裁判所に申告しすべての借金を免除してもらう手続きです。現在保有している、車や自宅などの一定の価値のある財産は手放す事となります。

また、手続きの期間は特定の職業での就労が出来なくなります。

  • 個人再生と異なる点:返済の義務は一切なくなるが、保有している財産を残すことができない。
  • 任意整理と異なる点:すべての債務者からの借金が免除になるため、連宅保証人に請求が行くことを防げない。

20代で借金がある方におすすめの法律事務所3選

自分ではもう借金がどうしようもないとなった時には専門家の助けが必要です。親や友人に相談するよりも、まずは専門家に相談しましょう。

東京ロータス法律事務所

借金問題の相談を土日も無料で行っているので、借金を返済するために平日は必死に働いてる人でも利用が可能です。

また、お問い合わせフォームからの相談も可能なので、どうしても時間を取れない方でも相談ができます。

アヴァンス法務事務所

女性専用の窓口があり、対応するスタッフも当然女性です。20代女性であれば、エステや異性関係など男性には相談しにくい内容もあるでしょうから助かります。

完済までしっかりとサポートしてくれるので、女性にも安心です。

東京ミネルバ法律事務所

こちらは、現在の借金の債務整理はもちろん、過去に払い終わっている借金の過払い金返還にも強いのです。

借金は完済したけども、どうも払いすぎた気がする場合、一度相談してみるといいでしょう。もちろん、相談は無料でできます。

20代での借金返済はプロに相談しよう!

20代で借金をしてしまい、返済額が大きく毎日の生活すらもままならなくなったのなら、自分で対応するのはもう限界でしょう。友人知人に借りて返すなんて事をしていれば、気がついたら周りに誰も居ないなんて事にもなりかねません。

そんなことにならないように、一度プロに相談してみませんか?あなた一人ではたどり着けない解決策があるかもしれません。