300万円の借金があっても結婚できる?【借金と結婚の関係】

大切な人と結婚する決意したけれど、相手もしくは自分に300万円の借金がある場合、あなたはどういう選択をしますか?この記事では借金があっても結婚できるか、どう判断すればいいか分からないといった人に解決方法や見定め方をまとめました。結婚をする上で本記事を参考にしていただけると幸いです。

300万円の借金が結婚に与える影響は大きい

連帯保証人になってはいけない

今付き合っている相手と結婚したい、しかし借金が300万円あるというような状況で結婚できるのか、不安になりますよね。相手の性格によっては、いつまでも返済が進まなかったり、借金が増えたりします。

本記事では、借金300万円ある人にとって「結婚が難しくなる理由」や「結婚のために必要なこと」、「結婚できるか判断するポイント」などをまとめました。借金を完済できるかどうかは、その人の性格や行動によります。

自分が借金をしている場合は、相手のことをしっかり考えて行動することが求められるでしょう。相手が借金をしている場合は、ともに完済できるか見定める目を持ちましょう。

自分に借金が300万円ある場合、結婚が難しくなることも

借金300万円を抱えている場合、結婚が難しくなる可能性があります。今後の生活費や親の反対、子供を育てる上での資金など不安要素が無数にあります。以下に、借金300万円により結婚が難しくなる理由をまとめました。

借金300万円を理由に結婚に反対される可能性がある

結婚は自分と相手、2人だけの話ではありません。相手の家族も関わってくるので、借金300万円を理由に結婚に反対される可能性が大いにあります。将来、自分の子供が借金を抱えている相手と結婚させるのは嫌ですよね。

親が病気になり入院費に充てたなど、よっぽどの理由がなければ、相手の親も嫌がります。ましてや、自分の親にも反対される可能性もあるでしょう。

借金300万円により結婚後、住宅ローンやカーローンが組めなくなる可能性がある

借金300万円により、住宅ローンやカーローンが組めなくなる可能性があります。借金には利用限度額があり、これを超えると上乗せで借り入れができません。

また、返済期限を延滞すると、個人信用情報機関にブラックリストとして登録される可能性があります。ブラックリストになると、住宅ローンやカーローンが組めない上に、他の金融機関の審査が通らなくなります。

結婚後に借金がバレてしまい離婚に発展する可能性がある

借金を隠して結婚し、結婚後バレてしまったとき、相手との信頼関係に傷がつきます。こうなると離婚に発展する可能性が、非常に高くなります。

相手を大切に思うのであれば、結婚前に正直に話すべきです。しっかりと返済していく意思と、目途が立っているのであれば、相手も共に借金と向き合ってくれるかもしれません。

自分に借金が300万円ある場合、結婚のために必要なこと

FX

借金300万円がある人は、結婚のために準備しておくことがあります。以下に、準備しておくことをまとめました。300万円という高額の借金を返済していくには、強い意志を持って行動していく必要があります。記事を読んで満足するのではなく、しっかりと行動に移しましょう。

相手の家族の理解を得られていること

まずは相手の家族に借金をしていることを正直に話し、理解を得ましょう。「絶対了承を得られない」と考え、借金を隠していると取り返しのつかないことになります。

後からバレるより、先に話している方が、信頼関係が壊れにくいです。しっかりと返済していく意思を見せると、理解を得られる可能性も高まります。

返済計画が立てられていること

結婚する上で、300万円の返済計画を立てておきましょう。計画を立てるには、返済期限を決めることから始まります。

期限を決めることで、行動に繋がりますし、モチベーションも上がります。また、昇給やボーナスなどでお金に余裕ができたときに、繰り上げ返済することも有効です。こちらも考慮して返済計画を立てましょう。

安定した収入があること

「安定した収入」とは、投資やギャンブルといった不安定な収入ではなく、毎月の給与支給による収入を指します。つまり会社員や公務員といった、毎月給与支給がある職につく必要があります。

安定した収入がないと生活基盤が築けず、返済計画を立てることも難しいものです。まずは、安定した収入が確約される職を持つことが必要となります。

配偶者に迷惑をかけずに支出を抑えられること

毎月の支出を考える上で、配偶者に迷惑をかけないように抑えていきましょう。まず考えるべきは、毎月の固定費を下げられるかどうかです。

携帯料金や家賃など、配偶者と話し合った上で下げましょう。次に外食が多かったり、買い物しすぎたりと無駄な出費が多くないか見直しましょう。ここを抑えすぎるとストレスが溜まりますので、バランスをしっかり見ましょう。

相手に借金が300万円ある場合、結婚するかは相手への感情が最優先条件かも

10代 お金借りる理由

結婚したい相手に借金300万円ある場合、結婚するかどうか決めるのは相手への感情が最優先条件になります。いくらお金を持っていても、相手といて楽しかったり、幸せを感じなければ結婚してもうまくいきません。相手のことを本当に好きであれば、借金があっても向き合ってくれるのではないでしょうか。

結婚生活には、生活費や家賃、車や子供など様々な出費があります。結婚したい相手とふたりで、お金を使う優先事項を決め、返済計画を立てましょう。返済へのストレスも好きな相手がいれば軽減されますので、最短の完済を目指しましょう。

借金が300万円ある相手と結婚できるかを判断するポイント

借金300万円ある相手と結婚できるかを判断するポイントがあります。最低限このポイントをクリアしていれば、完済の余地はあります。相手の性格を見極める、もしくは考え方を変えることができる人かを理解し、結婚できるか判断しましょう。

借金癖がない人か

借金癖がある人は、すでにお金を借りることへの感覚が麻痺しています。返済を後回しにし、お金が足りなくなったら、再びお金を借りればいいと思っていることが多いのです。

しかし、借金には利用上限額が定められており、これを超えて返済不可能になると自己破産になってしまいます。この癖を改められない人とは結婚しない方がいいでしょう。

自分と同じ金銭感覚を持っている人か

人によってお金の使い道は違います。おいしいものを食べたり、好きなブランドの服を買ったり、旅行にいったりと人それぞれです。

しかし、優先順位はある程度決まっています。大抵の人は生活する上で必要な経費や貯金があり、お金に余裕がある中で自分の欲に使います。お金を自分の欲を優先して使う人は金銭感覚がずれているといえます。

嘘をついたり、ごまかしたりしない人か

嘘をついたり、ごまかしたりする人がどうかが一番重要です。こうした人とは良好な信頼関係が築けまず、結婚生活も長続きしないでしょう。

借金している金額をごまかしたり、毎月の返済もしっかり返しているか怪しいです。相手を信じることも大事ですが、手遅れになる前にしっかり見定めましょう。

300万円の借金は、結婚前に債務整理で解決するのも手

50万円まで

300万円の借金を、結婚前に債務整理で解決するのも1つの手です。債務整理には「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」の3つがあります。

その中でも任意整理が一番リスクが低く、簡単な手順で行えます。任意整理はカード会社と直接交渉し、将来利息・遅延損害金のカットと完済までの分割回数を延長してもらうことを指します。司法書士、もしくは弁護士に依頼をかけ、カード会社に交渉してもらいます。

ほとんどのカード会社は交渉を受け入れてくれる上、最大で60回払いまで認めてもらえます。よって「利息、遅延損害金なしで、元本を最大60回払いで返済する」という状態になり、利息で元本が減らないから脱却できます。

300万円の借金は結婚前に解決した方がお互いのためにもなる

300万円の借金は結婚前に解決することをおすすめします。借金を完済できれば万々歳ですが、相手の性格上、完済は不可能と判断した場合別れた方がいいかもしれません。また、借金を解決する方法として債務整理もあるので、こちらも考慮してみましょう。