借金30万円の返し方って?上手に完済するにはどうしたら良い?

万円

借金30万円と聞いて、あなたはどう感じるでしょうか。「2、3か月で返せる」と考える方も、少なくないのではないでしょうか。

しかし30万円の借金でも決して油断してはいけません。返済期間中に友人の結婚式があったり、車で事故を起こしたりと予想外の出費が発生する可能性もあります。決して油断せず、強い意志を持ち工夫して返済することが重要です。

30万円の借金は返し方次第ですぐ完済できる

サイクル

借金を返済しなければならないのに、お金を使いすぎたり、再び融資を受けたりと全然返済できない方も少なくありません。しかし、30万円の借金であれば、返し方次第ですぐに完済できます。本記事では、借金30万円の返し方において重要なことや、返し方について説明していきます。どなたでも可能なので、是非実践しましょう。

借金30万円の返し方において重要なこと

借金30万円を返す上で重要なことを以下にまとめました。どなたでも実践可能ですが、しっかり行動し、今までの意識を変える必要があります。

いつでも返せるという甘い考えだと、いつまでも完済できません。まずは、今までの自分を見直し、甘い考えを捨てましょう。しっかり行動に移し、努力することで完済を目指しましょう。

借金30万円を返すために節約に慣れる

まずは、自分の生活を見直しましょう。外食が多かったり、好きな服を買ってしまったりと必要以上の出費があるはずです。ここを我慢して節約していきましょう。

また、携帯料金など毎月の固定費を下げることも、節約に繋がります。1ヶ月あたりでは小さなものでも、長期的にみると収支は大きく変わります。こうした積み重ねで、節約することに慣れましょう。

借金30万円という額を侮らない

借金30万円という額を侮ってはいけません。ここは意識の問題であり、意識が低いとなかなか行動に移すことができません。

最短で完済することを優先し、意識改革を進めましょう。毎月の節約金額を設定し、目標達成していくことでモチベーションを維持することができます。30万円なんてすぐ返せると侮らず、最速で完済しましょう。

借金30万円の返し方をシミュレートしてみる

節約や意識を変えることができたら、今度は返し方のシュミレートをしてみましょう。まずは完済までの期間を決め、どのようにすれば完済できるか紙に書き出してみましょう。

ここで月、もしくは1日あたりの節約金額が明確になり、行動に移しやすくなります。また、この経験は今後の生活にも応用することができるので、貯金上手にもなります。

借金30万円の返し方

借金の返し方を知っておくことで、返済期間を大幅に縮めることができます。方法としては「毎月の返済金額に上乗せする」、もしくは「返済方法を変える」となります。

こちらはあくまでお金に余裕ができた上での話となります。毎月の収入が増えたり、臨時収入が入ったりなどした際は絶好のタイミングといえますので実践していきましょう。

在宅でも可能な副業を検討してみる

現在、在宅でも可能な副業は無数にあります。初心者でも取り組みやすいのは、「クラウドソーシング」を利用した仕事の受注です。

案件は、事務系の仕事からデザイン系の仕事まで幅広くあるので、自分に合った仕事が見つかりやすいです。金額も案件によって変わりますが、受注者と相談し金額を上げてもらうこともできます。少しずつでも、毎月の収入アップを目指しましょう。

借金30万円の返し方をリボ払いにしない

リボ払いは、毎月の支払金額を一定額に固定し、金利とともに返済していく支払方法です。1回払いや分割払いと違い、毎月の返済額は一定なので、まとまったお金がなくても支払いができます。

しかし、利息が発生するので、リボ払いを利用しすぎると支払総額が高額になってしまいます。よって、リボ払いから分割払い等に変更しましょう。

臨時収入があった場合は借金30万円の返済に充てる

ボーナスなどの臨時収入があった場合は、返済に充てるようにしましょう。臨時収入が入ると、旅行や買い物などに使用したくなってしまいますよね。

ここであまりお金を使いすぎず、返済に充てることで返済期限を大きく短縮することができます。臨時収入はなるべく返済に充て、支払総額を減らすようにしましょう。

30万円の借金の返し方では繰り上げ返済もお薦め!

繰り上げ返済は、「毎月の決まった返済額とは別に返済すること」です。先述した、収入が上がったり、臨時収入があったりとお金に余裕ができた際に利用できます。

繰り上げ返済は、「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2種類があります。「期間短縮型」は文字通り返済期間を短縮できますが、毎月の支払額は固定となります。逆に「返済額軽減型」は毎月の返済額を減らし、返済期間は固定です。

どちらも、急な出費があることを想定して、お金に余裕があるときに利用しましょう。再びキャッシング利用しないように、しっかりと計画を立てることが大事です。

低金利のローンに借り換えるのも、借金30万円の上手な返し方

急な出費などでお金が必要になったときは、即日融資可能な消費者金融から借り入れますよね。しかし、金利が高めに設定されているので、低金利な銀行系カードローンに切り替えるのも早期完済に有効です。

しかし切り替える際、貸付条件をしっかり見ておかないと損したり、借り換えを狙った詐欺があるので注意する必要があります。詐欺に関して、大手銀行のカードローンであれば心配ないので、あとは貸付条件を見て比較しましょう。

借金30万の借り換えにおすすめの低金利ローン

借り換えにおすすめな低金利ローンは、「銀行系カードローン」です。銀行系カードローンは「金利が低い」といったメリットがありますが、「審査に時間がかかる」といったデメリットがあります。

しかし消費者金融からすでに融資を受けているので、必要なお金は手元にありますよね。審査に掛けられる時間の問題はありますが、その分審査に通れば金利は下がるという借り換えにはもってこいのローンとなっております。今回は大手銀行の「イオン銀行」、「みずほ銀行」、「三井住友」の3社を比較しました。それぞれの特徴を詳しくまとめましたので、自分に合ったカードローンを選びましょう。

イオン銀行のカードローンの金利とサービス

イオン銀行のカードローンの金利は年3.8~13.8%となっており、年会費・入会費0円となっております。また、申し込み手続きにおいて、来店・郵送、担保・保証人、銀行口座不要という、非常に借りやすいカードローンとなっております。現在、設置している場所が多くなったイオン銀行ATMからであれば、手数料0円というメリットもあります。

みずほ銀行のカードローンの金利とサービス

みずほ銀行のカードローンの金利は年2.0~14.0%となっています。また、みずほ銀行の普通預金キャッシュカードをお持ちの方は、カードローン口座開設後そのまま利用可能です。

加えて、コンビニATMでの利用も可能で、時間外手数料・ご利用手数料や他行への振込手数料は月4回まで無料となります。申し込みはWEB完結で、24時間受け付けているので契約もしやすいです。

三井住友のカードローンの金利とサービス

三井住友のカードローンの金利は年4.0~14.5%で、三井住友の口座を持っている方は、24時間受付のWEB完結申し込みができます。また、返済方法として、ATM・ネットバンキング・口座振替から選択でき、返済日も毎月5日・15日・25日・月末から選択できます。返済を自分が返しやすい方法、日付に設定できるのは大きなメリットとなります。

30万円の借金返済中は適度なストレス発散も忘れないように

借金返済中は、早く返済しなければならない、支出を減らさなければいけないとプレッシャーにより、過度にストレスを感じてしまいます。そのストレスを買い物や旅行などで発散すると、再び借金してしまうという無限ループに陥ります。

つまり、なるべくお金を使わずストレスを発散する必要があります。ランニングや筋トレをして体を動かしたり、家で映画を見たりと、自分のしたいことを低コストでやりましょう。

自分の欲求をすべて絶ってしまうと、ストレスが溜まり、いつか爆発してしまいます。適度にストレス発散をし、借金返済へのモチベーションを下げないようにしましょう。

借金30万円の返済中に借金を増やさないことが大事

借金返済中のストレスにより、想定外の買い物をしたり、旅行に行ったりなどして再び借金を増やさないようにしましょう。いくつもの金融機関から借り入れしたり、返済を延滞したりすると、個人信用情報機関にブラックリストとして登録されます。

ブラックリストに載ると、金融機関の審査が通らなくなったり、住宅ローンなどの融資が受けられなくなります。無駄な出費により、借金を増やさないようにしないと、後々取り返しのつかないことになります。「これぐらい追加で借りてもいいや」という考えがある時点で、感覚が麻痺しているので注意しましょう。

30万円の借金は油断せず着実に返していこう

今回は借金30万円を返す上で重要なこと、返し方などについてまとめました。30万円と聞くと大抵の人は「すぐ返せるじゃん」と思うかもしれませんが、決して油断してはいけません。自分の意識、行動をしっかり見直し、着実に返していきましょう。