20代で借金がある!効率の良い返済方法と債務整理について徹底解説!

20代で借金を背負っている方は、実はそう少なくはありません。生活費、娯楽費、交際費に限らず、学生時代に借りていた奨学金も借金に含まれます。その返済に追われ、苦しんでいる方もおそらくはいるはずです。

この記事では、20代で借金をしてしまった方への効率の良い返済方法と債務整理にてついてご紹介していきます。

20代で借金をしている人の割合はどれくらい?

総務省統計局の「平成26年全国消費実態調査」によると、20代で借金をしている人は総世帯で37.2%(世帯ベース)もいるのです!

ただし、この中には計画的に組まれた住宅や車のローンも含まれています。そう考えると、この借金率は多い数字ではないのかもしれません。

しかし、20代のうちから借金を抱えている人の中には、生活や遊びのために借金を繰り返している人もいるでしょう。

20代で借金がある!効率の良い返済方法とは?

効率の良い返済方法とは?

20代で借金をしてしまったのなら、返さなくていけません。出来ることなら、20代での借金は、20代のうちに返済したいですよね。効率よく借金を返済するための方法とは、どのような方法なのでしょうか。

一定の収入を毎月得ることから始める

毎月の生活費意外に、借金の返済が加算されるのですから、当然今のお給料だけでは厳しいでしょう。20代のうちに借金を返済しようと思うのなら、収入をあげる事が一番の近道です。

今の仕事が副業OKならば、簡単なのはアルバイトです。本業に支障が出ないように短時間勤務ができるアルバイトを入れれば、月に数万円にはなるでしょう。また、最近ではネットで収入を得ている人も多くいます。

家計簿をつけて節約する

収入をあげることが簡単にできていれば、20代で借金なんでしない!収入をあげられないから借金をしているんだ、という方は、一度今の生活を見直す必要があります。

家計簿をつけることで、何にいくらかかっているのかを把握することができます。少しずつ、無駄を削って借金返済にあてましょう。

今は、スマホでレシートの写真を撮るだけで自動計算してくれるアプリもあります。自分にあった方法で家計簿をつけていきましょう。

いつまでに返済できるかプランを立てる

20代のうちに借金を完済したいと思うのなら、ダラダラとギリギリの金額だけを返済していてはいけません。自分の収入と生活費をしっかり見直して、「毎月○○円」「ボーナスで○○円」「20代で絶対返済する!」というプランを立てましょう。

ただし、カツカツの生活になるプランを立ててしまうと、不測の事態に対応できずに再度借金をしてしまう可能性があります。無理のない範囲での、返済プランを立てましょう。

金利が高く返済額が低い借金から優先的に返済する

20代で複数の会社に借金をしている場合、どの会社も同じように返済することは、おすすめしません。金融会社や、借金をしている金額によって金利が異なります。

金利の高い会社に借金をするのなら、他の会社よりも少額の事が多いでしょう。そこを優先的に返済していけば、返済する会社の数を減らす事、金利の安い借金を残す事ができます。結果、早く借金を完済することにつながるでしょう。

おまとめローンを利用する

複数の金融機関から借金をしていると、どこに、いつ、いくら返済すればいいのかだけでも頭がいっぱいになってしまいます。こんな時、銀行のおまとめローンを活用すると、アチコチにあった借金を一本化して、金利も抑える事が出来るかもしれません。

銀行によって審査基準や金利は異なります。複数の銀行を比較して、20代での借金完済を応援してくれるような銀行を選びましょう。

20代で借金を返せなくなったら債務整理!

債務整理

20代であれば、まだ若いので基本的には借金の返済は出来る能力があるでしょう。しかし、失業、病気などどうしても借金の返済ができなくなることもあります。

そんな時は、なんとか返そうと他から借金をして返済する自転車操業に陥りがちですが、それでは解決することは出来ません。専門家に依頼して、借金を減額したり、支払いに猶予を持たせたりすることをおすすめします。

借金の負担を減らす「債務整理」の種類はこちら

「債務整理」の種類

債務整理という言葉を知っていますか?専門家に依頼して、借金を減額したり、支払いに猶予を持たせたりすることのできる手続きのことです。では、詳しく見ていきましょう。

任意整理

任意整理は、借金をした時にさかのぼり、利息制限法の上限金利(15~20%)に金利を引き下げて再計算します。そうすることで借金を減額し、金利をカットし元本のみを3年程度で分割返済、借金を整理する手続きです。

20代は、金利を深く考えずに借金する事も多いので、任意整理をすることで支払いに余裕を持つことが出来ます。

個人再生

個人再生は、住宅等の財産は維持したまま、大幅に借金を減額し、原則として3年間で分割返済していくという手続です。ただし、住宅ローン以外の抵当権が設定されていないなどの条件はありますし、減額される度合いは、借金の額、保有している財産によります。

自己破産

自己破産は、財産、収入がなく、どうしても借金の返済ができないことを裁判所に認めてもらい、法律上の借金返済義務を免除する手続きです。ただし、住宅などの高価な財産があればそれらは処分されますし、一定の職業につくことができなくなるなどのデメリットもあります。

20代で借金があるなら法律事務所に相談してみるのもおすすめ!

20代でも、借金をしたらきちんと返済するのが原則です。しかし、転職や失業などで収入が大きくかわり、どうにもならなくなってしまったのなら、専門家である法律事務所に相談することで打開策が見つかるかもしれません。

東京ロータス法律事務所

何度でも無料で相談に乗ってくれますし、弁護士との面談は土日でも対応してくれるので仕事に支障をきたすことなく相談できます。また、定期的に全国各地で無料相談会も開催していますので、近くに相談できる法律事務所が無いという方にもおすすめです。

アヴァンス法務事務所

こちらは女性スタッフが対応する女性専用の窓口がある事が特徴です。エステなど、女性特有の借金の理由は中々男性には話しにくいものです。

女性スタッフが親身になって相談に乗ってくれるのはいいですね。手続きだけでなく、完済まで寄り添ってサポートしてくれるのも心強いです。

東京ミネルバ法律事務所

過払い金返還に強いので、借金完済した後に「あれ?」と思ったときでも相談ができます。クレジットカードでのリボ払いやキャッシングには過払い金が発生している可能性もありますので、心当たりがある方は、一度相談してみると良いでしょう。

20代で借金を完済するための心得【早めの行動を】

早めの行動

借金をしてしまったら、とにかく早く返す事を考えましょう。といっても、無理をしてまで早く返すのでは意味がありません。

なぜ借金をしてしまったのかを考えて、原因を取り除くことで無理なく早く返済することができるでしょう。場合によっては、収入のある仕事につく、遊興費を減らす、といったことも必要かもしれません。

20代で借金をしてしまったら、今後の為に一刻も早く生活の見直しが必要です。

20代での借金は早く行動して返済しよう!

年齢を重ねるごとに、必要なお金は増えていきます。20代で借金をしてしまったら、出来れば20代のうちに返済しておきましょう。

そのためには、借金をしたらすぐにでも生活の見直しをして、完済までにプランを練ることが大切です。早く借金生活から抜け出せれば、あなたの人生はもっと楽しくなることでしょう!