学生は卒業したら楽天カードの更新が必要?必要な場合と注意点を解説!

カード

18歳以上の学生(高校生は除く)が持つことのできる、楽天カードアカデミーは学生にとってのメリットがたくさんある学生専用クレジットカードです。しかし、学校を卒業したらどうなってしまうのでしょうか。

使っていればポイントもたまっているし、卒業してもクレジットカードは引継ぎたいですよね?楽天カードアカデミーは、卒業したら自分で更新手続きが必要なのでしょうか?

大学を卒業したら楽天カードの更新が必要な場合もある

楽天カード

楽天カード アカデミーは基本的には自動で楽天カードに更新されます。卒業予定年の6月に楽天カードが送付されますので、自分で更新手続きをする必要はありません。

ただし、卒業までの間に遅延や延滞を繰り替えしていると、審査に通過せず更新カードが届かない場合もあります。また、学生の時と状況が変わっているのであれば、自分で更新手続きを行う必要がありますので、注意が必要です。

卒業後に楽天カードの登録情報の更新が必要な場合

学生でも、収入が無くても申し込みができる楽天カードアカデミーですが、当然登録している情報はあります。忘れがちですが、登録情報に変更があった場合は必ず更新手続きが必要になります。

卒業を機に住所が変わった場合

更新された楽天カードは、卒業予定年の6月に登録されている住所に届きます。卒業、就職を機に登録住所から引越してしまうと、住所変更をしなければ更新された楽天カードを受け取ることができません。

「登録住所は実家だから」とのんびり構えていると、新しい楽天カードを受け取れるのが長期休暇のタイミング、なんて事もありえます。登録住所の変更は、必ず卒業のタイミングでしておきましょう!

利用銀行口座が変わった場合

就職を機に、メインで利用している銀行口座が変わる事もあるでしょう。これまで使っていた引落口座に残高が無ければ、当然、楽天カードからの請求を支払うことができません。

うっかり口座変更を忘れていて利用停止になってしまった、なんて不名誉な事を避けるためにも、利用している銀行口座が変わったら、すぐに口座変更の手続きをしましょう。

電話番号が変わった場合

カード会社から連絡が来ることはあまりないので、忘れがちなのが電話番号です。しかし電話が来ると言うことは緊急事態に近いので、必ず対応する必要があるのです。

更新されたカードが受取人不明で戻ってきた、請求先の口座に残高がない、など楽天カードを継続して利用するなら必ず必要な事で連絡が来ます。ここで対応できなければ、楽天カードが利用停止になり、貯めていたポイントも使えなくなってしまうかもしれません。

楽天カードアカデミーの場合は自動で更新される!

基本的には楽天カードアカデミーから通常の楽天カードへは、自動で更新されます。もちろん、貯めていたポイントなどもそのまま引き継がれます。

ただし、登録情報が申込時と変わっている場合は、自分で登録情報更新手続きをする必要があります。登録情報の更新はWEBから可能ですので、あいている時間に必ず変更しておきましょう!

大学卒業を機に楽天カードの登録情報更新するメリット

大学卒業時は、住所や銀行口座など変わることが多いですし、バタバタとしているので楽天カードの登録情報の更新までは、気が回らない事もあるでしょう。しかし、楽天カードの登録情報を更新しておくことで、メリットがあるのです。

利用限度額が増額されるかも!

楽天カードの利用限度額は5万円~100万円までです。新社会人が新規で楽天カードを作った場合、信用力が低いため、限度額は5万円~10万円になってしまうかもしれません。

しかし楽天カードアカデミーで、滞納することなく支払いをしていたのであれば、通常の新社会人よりも信用力が強いでしょう。そのため、最初から利用限度額が高額に設定される可能性があります。

キャッシング枠ができる

楽天カードアカデミーは、学生専用の為キャッシング枠がありません。しかし、通常の楽天カードに切り替えればキャッシング枠ができるのです。

社会人になれば、急に現金が必要になる事もあるでしょう。そんな時、楽天カードのキャッシング枠は便利です。こちらも限度額同様に、学生時代にしっかり支払っていれば信用力がありキャッシング枠が大きくなる可能性もあります。

学生が楽天カードの登録情報更新する際の注意点

注意点
ここまで、楽天カードの登録情報更新をする際のメリット、必要性をあげてきましたが、注意点もあるのです。では、どのような注意点があるのでしょうか。

再審査が行われるかも

楽天カードに限らず、クレジットカード会社は途上与信というものを行っています。これは、「このまま楽天カードの契約をしていても大丈夫な人物か」確認をする審査です。

行われるタイミングははっきりしていませんが、登録情報の更新をきっかけに行われる可能性は十分あります。引越し前なのに住所変更を先にしてしまい、現住所以外を登録されたとみなされる可能性もありますので、登録情報更新のタイミングにも注意しましょう。

会社への在籍確認

学生から社会人になるのですから、会社への在籍確認が行われる可能性もあります。通常の会社であれば問題ないのですが、まれに個人情報保護のために在籍確認に応じない会社もあります。

その場合、虚位の勤務先と認識されてしまい最悪強制解約になってしまうかもしれません。あらかじめ会社に申請しておくことで、在籍確認に応じてくれる会社もあるので確認しておきましょう。

基本的に大学を卒業しただけでは更新は不要!

楽天カードアカデミーを保有していれば、大学を卒業しても自分で楽天カードへの更新手続きは不要ですし、ポイントもそのまま引き継ぎが可能です。

ただし、登録情報に変更があるさいには必ず更新手続きをして、新しい楽天カードをきちんと受け取れるようにしましょう。