大学生の借金ってやばい?学生ローンっておすすめなの?

大学生の借金ってやばい?学生ローンっておすすめなの?

大学生になると交友関係が広がって、アルバイトによって自分で使えるお金が一気に増えることでお金を使う楽しみを覚えるものです。ついつい借金や、やばいローンに手を出してしまう人も多いのでは?

こちらでは大学生の借金の実態や、ローンの考え方、おすすめの借入先などを詳しく解説していきます。「親にバレるのか?」などの不安を抱えている大学生は、しっかりチェックしておきましょう。

大学生で借金があるのはその額次第でやばいかも

大学生で借金があるのはその額次第でやばいかも

返済できる額なら大学生での借金はやばい事では無い

学生で借金はやばいと否定的な人もいますが、大学生での借金は決していけないことではありません。多くの金融業者では身分を問わず、20歳以上であればお金を貸してくれます。

どうしても借金の必要に迫られた場合は、確実に返せる金額であればやばいとは言えないでしょう。寧ろ期日までにきちんと借金を返せるのならば、将来的にクレジットカードを作ったり家や車のローンを組む際の信用情報として役に立ってくれます。

返済できない借金はやばい

ただし大学生の多くは親の援助で生活しているため、返済が滞った時に対処できる金銭的な余裕がありません。金融知識や経験も少ないため高額な借金を抱え込んだり、ギャンブルにハマって借金を繰り返したりといったリスクは非常に高いといえます。そう言った意味では大学生の借金は額次第でやばいと言えるでしょう。

大学生は借金する前に本当に必要なのかを考えよう

大学生は借金する前に本当に必要なのかを考えよう

本当に必要なお金か熟慮することが大事

大学生が借金で「やばい!」と慌てないためには、借金をする前に本当に必要なお金なのかを考える癖をつけることが大事です。安易な気持ちで借金をするのは、好ましいことではありません。借金やローンは賢く、計画的に利用するからこそ便利なのです。

アルバイトをしているなら、次の給料日まで待てないのか考えてみましょう。また、本当に必要ならば金融業者からの借金では無くご両親に相談してみましょう。用途を正直に話してそれが必要なものならば、親も決して駄目だとは言わないはずです。

大学生の借金という選択肢は最後の手段で良い

大学生は確かに色々と出費が発生する時期です。しかしお金が必要になったときはまずどうしても借金が必要なのか、他に手段はないのかを先に考えましょう。

借金の選択肢はさまざまな検討をした後の、最終手段だと考えてください。「あとで返せればいい」などと考えて借金したは良いものの返済に困り滞納する、なんて事態になることは大学生に限らず珍しい事ではありません。

大学生が借金する理由でやばいもの3選

大学生が借金する理由でやばいもの3選

大学生にはしても良い借金と、してはいけない借金があります。

返済ができなくなるリスクの高い、やばい借金の仕方やローンの理由をご紹介していきましょう。

生活費がなくて借金するのはやばい

大学生の借金がやばい理由で最も多く見られるものは、単純に生活費が足りないからという理由です。生活費が足りないということは、自分自身の生活をコントロールできず、お金の使い方を全く分かっていないということに他なりません。

本来大人の入り口にいる大学生ですから、生活費が足りない状況が続いているのなら将来的に自分が困ります。ここで一度ローンに手を出してしまうと、「なんだ、簡単だ」と味をしめてしまい、次々と借金に手を出すリスクが高いのです。

また、お金をあるだけ使ってしまう癖がついている可能性もあります。家計簿をつけるなどして支出を管理し、できるだけ貯金をしたり余裕をもってやりくりできるように改善していきましょう。

パチンコやギャンブルのために借金をするのはやばい

パチンコやギャンブルは中毒性が高く、お金を持ってしまうと自分ではなかなかやめられないため、やばい借金の理由の1つにあげられます。寧ろ、一番やばい理由だとも言えるでしょう。

競艇や競輪、オートレースは20歳以上であっても大学生のうちは投票券を購入できませんが、パチンコは18歳から、競馬は20歳から遊べます。若いうちは自制が効きにくいため、責任が取れない大学生のうちは近づかないのが身のためです。

一度運良く勝ってしまったことで「ギャンブルって勝てるんだ」と思い込んでしまう場合もあります。そしてその後は負けを重ね、今度はそれを取り戻すための資金として借金を繰り返す大学生も少なくありません。

自分は負けたら取り敢えず0に戻さないとやめられないタイプだ、と自覚がある場合はギャンブルはしない方が無難です。借金を積み重ね最悪債務整理に、なんて事態になりかねません。

借金を返済する為に借金をするのはやばい

借金を返すために別のローンを組んで返済に充てるのは、借金地獄にはまり込む一番やばい方法です。借金の自転車操業とも言われますね。

ローン会社や消費者金融からお金を借りると、必ず利息が付きます。大学生の場合は金融知識がなくてここを見逃しやすいのですが、利息は借りた金額以上に借金を増やす要因となります。借金を返済しているつもりでも、総額は少しも減っていません。それどころか利息の分損をしていることだってあります。借りている期間が長いほど利息によって借金が膨らむので、自転車操業は絶対にやめましょう。

未成年の大学生が借金するには親の同意が必要!

未成年の大学生が借金するには 親の同意が必要!

授業料や生活費を出してもらっているため、親に借金がばれたらやばいと考える学生さんもいますよね。大学生でも借金はできますが、未成年の場合は親の同意が必要です。親権者の同意書の提出が借り入れの条件なので、親に黙って借金はできません。

1人暮らしをしている20歳以上の大学生なら、親にばれずに借金できる可能性はあります。ただし返済が滞ると、ローン会社から親に連絡がいくこともあることは覚えておきましょう。

大学生の借金でやばいことにならないための対策

大学生の借金でやばいことにならないための対策

行為自体に問題はなくても、借り方を間違えればかなりやばいことになるのが大学生の借金です。借金地獄でやばいことにならないためには、できるだけリスクの低い借り入れ先を選ぶなど対策を講じる必要があります。その対策を2点、ご紹介しておきましょう。

審査のゆるいカードローン

大学生に消費者金融はリスクが高いので、おすすめなのはカードローンです。といっても社会人のような安定した収入があるわけではないので、比較的審査が緩い、借りやすいローン会社を選びましょう。

本人確認の書類は最小限になっています。親にばれたらやばいと不安な人におすすめですが、借りやすい反面で金利が高い傾向があります。自分が無理なく返せる範囲での借金を心掛けてくださいね。

学生ローン

学生を対象にしている学生ローンを選ぶのも良い選択肢です。ローン会社は大学生の収入が少なく社会人に比べて返済能力が劣ることを熟知しているため、無茶な貸し付けはしません。

金利も低めで融資金の上限を少なく設定しているので、逆にいえば大学生がやばい借金地獄にはまり込むリスクを回避できます。申し込み時の審査も消費者金融などを比べると比較的緩いので、大学生にとっては有利でしょう。

大学生がどうしても借金する場合は学生ローンがおすすめ!

大学生がどうしても借金する場合は学生ローンがおすすめ!

一口に学生ローンといっても、さまざまな業者があります。大学生がやばい思いをせずに利用できると評判の良い学生ローンを3つ、ご紹介していきましょう。

あなたが本当に困ってお金を必要とするときの参考にしてください。

イーキャンパス

イーキャンパスはその名の通り、使い勝手が抜群に良いと大学生から好評な学生ローンです。

東京に拠点を置く業者ですが、電話申し込みで全国どこに住んでいても融資が可能。1万円からと安全な金額から借りられ、スピーディーな審査で当日融資も夢じゃありません。

金利も14.4%から16.8%程度と良心的なので、お金のない大学生には助かりますね。

カレッヂ

プライバシーを重視する人におすすめなのが、こちらのカレッヂです。個人情報の管理とセキュリティには特に配慮をしていて、第三者に借金がばれることはありません。

アルバイトをしていることが融資の条件ですが、さまざまな事情で一時的に収入がない場合でも対応してもらえるので安心です。カードは全国のセブン銀行ATMで利用できるので、引っ越しやキャンパス変更があっても継続して利用できますよ。

友林堂

学生ローンの多くは東京の高田馬場にありますが、友林堂は新宿という好立地にあります。創業から39年の実績のある学生ローンなので、初めて借金をする大学生でも安心感がありますよね。

友林堂の最大の特徴は、審査が非常に早いということ。平均的に30分間、最短5分で審査が終了するので、お金を使う予定が迫っていて急いでいる大学生の心強い味方になってくれるでしょう。

学生ローンの借金だと在籍確認がない場合もある!

学生ローンの借金だと在籍確認がない場合もある!

学生ローンでは多くの場合、アルバイト先や家族などに電話で身元確認をする在籍確認をしていません。これは周りに知られずに借金をしたい大学生にとって、大きなメリットですよね。

学生ローンが在籍確認をしないのは、学生が大学やアルバイトで不在がちであることを考慮しているから。ただしいくつもの学生ローンから借金をしている人や、申込書類に不備があるやばい人の場合は在籍確認を行う可能性があります。

大学生の借金は計画的な返済プランを考えよう!

大学生はこれから社会にはばたく大事な準備期間なので、借金を抱え込んでやばい状態になるのは絶対に避けなければなりません。借金はしてはいけないものではありませんが、借金は必要最低限でするのが鉄則です。

返せるあてがあるのならば、本当に返せる額だけ借金するのは選択肢としてはあって良いでしょう。しかしだからと言って安易な気持ちで借金するのはNGです。借金を申し込む前に本当に必要なのかを考えて、計画的に利用しましょう。