借金160万円の 効率の良い返済方法と おすすめの法律事務所一覧

借金160万円の 効率の良い返済方法と おすすめの法律事務所一覧

たくさん借金を抱え込んでしまった場合はいっそあきらめがつきますが、160万円なら返せるか、返せないかの微妙なライン。

自力で返せる場合でもできるだけ損をしない、効率の良い返済を考えるほうが安全です。

この記事では、借金160万円を抱えた場合の完済へのポイントと、債務整理の方法についてご紹介していきます。

この記事を読むとわかること

・160万円の借金は返せるのかどうか

・160万円の借金に発生する利息

・借金160万円を少しでも早く返済する方法

借金160万円なら返済可能!

借金160万円なら返済可能!

車の購入費用や趣味、交際費など、借金をする理由はさまざまですが、160万円の借金は決して返済できない額ではありません。一般的な社会人で返済が滞るリスクが高い借金は、200万円から。定職についていれば完済できる金額だと考えていいでしょう。

ただしこれは他に借金がない場合です。車のローンが残っている、返済金を捻出するために他のローン会社から借金をしてしまえば、途端に首が回らなくなる可能性があります。

【金利別】借金160万円の金利はいくら?

【金利別】借金160万円の 金利はいくら?

借金の返済は借りたお金だけ返せば良いというものではなく、お金を借りている期間中、残金の額に応じた利息を支払い続けなくてはいけません。

160万円の借金を3年間で返済する計画を立てた場合の返済額や利息を、金利ごとにシュミレーションしてみましょう。

【金利10%】3年で返済した時の金利はいくら?

借金160万円を3年間、36ヶ月でコンスタントに返済する場合は、元金と利息を含めた毎月の返済額は51,627円。

毎月約52,000円が必要になるわけですが、この場合は完済までに合計1,858,569円がかかり、完済までにかかる利息の合計は258,569円に及びます。

【金利15%】3年で返済した時の金利はいくら?

借金160万円を3年間、36ヶ月でコンスタントに返済する場合は、元金と利息を含めた毎月の返済額は55,464円。

毎月約56,000円が必要になる計算です。完済までにかかる総費用は合計1,996,708円に及び、合計396,708円もの余計な利息を支払うことになります。

【金利18%】3年で返済した時の金利はいくら?

借金160万円を3年間、36ヶ月でコンスタントに返済する場合は、元金と利息を含めた毎月の返済額は57,843円。

毎月約58,000円が必要になるわけですが、この場合は完済までに合計2,082,368円の費用がかかります。完済までにかかる利息の合計は482,368円に及び、約50万円のロスがでます。

借金の金利の計算式とは?

この結果から分かるように、金利の設定によって毎月の負担やトータルの返済額が大きく変わります。

そもそも金利とは、借りたお金にかかる利息の割合を示したもの。一般的に1年を単位としたパーセンテージで表示されるため、「年率」もしくは「年利」とも呼ばれています。

年利が決まると、次の計算式で利息を算出することができます。

  • 利息=利用残高×実質年率÷365×利用日数

借金160万円を少しでも早く返済する方法

借金160万円を少しでも早く返済する方法

借金160万円でも返済期間中にずっと利息を支払うことになるので、短期間に返済したほうが失うお金は少なく済みます。だからといって他の金融業者から借りて返済に回すと言った自転車操業は絶対にしてはいけません。

次のような方法で効率よく、スピーディーに返済をしましょう。

積立があるなら借金返済に充てる

借金の返済は利息が多くを占めます。使える貯金や積立があるなら一括返済をして、元金とともに支払う利息を減らしましょう。

お金はまた貯めることができますから、将来への備えよりも現在の負担を軽くすることが大事です。

おまとめローンを利用する

複数の会社から借金をしている場合は、借金の借り換えやおまとめローンを検討してください。

利息は銀行やローン会社によって違いますが、いくつかの会社にバラけていると利息が余計にかかるリスクがあります。

まとめてしまったほうが有利ですし、うっかり期日を忘れて返済を滞らせるリスクを減らせます。

親に肩代わりしてもらい返済する

親や親族からお金を借りられるなら、積極的に肩代わりを申し出るのも選択肢の1つです。

借金は人に知られたくないものですが、返済が滞って苦しむことに比べることはできません。

血縁者であっても利息をつけて返済する必要がありますが、ローン会社に比べれば利息も応相談で低めに設定できるでしょう。

生活費で節約できるところはカットする

利息の無駄から早めに解放される極意は、生活費をできるだけ削って返済額を増やすことです。余裕を持って生活をしていれば、いつまでたっても借金は減りません。

借りた160万円以上の大金を支払うことになりますので、質素な生活で早めに借金をなくしましょう。

借金160万円が0になる可能性もある「債務整理」って?

借金160万円が0になる可能性もある「債務整理」って?

160万円の借金は決して返せない額ではありませんが、病気や事故、万が一の失業など、人生何があるかはわかりません。

返済ができなくなった場合のことも考えて、債務整理について知っておくことをおすすめします。

任意整理

任意整理は弁護士や司法書士などの交渉のプロに仲介に入ってもらい、ローン会社と話し合って金利設定や返済期間の変更をする手続きです。金利負担を減らすために効果的で、過払い金がある場合は同時に整理もできます。

債権者側が合意すれば、返済する借金の金利はカットされるため元金のみの返済になります。債権者としても、明らかに現状のままでは今後返済ができない債務者でも任意整理を行わせ金利がカットされれば、取り敢えず貸した分のお金の回収は見込めるため、合意する場合がほとんどです。

弁護士や司法書士への依頼料は別途掛かりますが、私的な交渉なので裁判所を介すことがなく、財産整理や不利な記録が残ることもありません。

特定調停

自分で直接裁判所に行ってローン会社と調停委員を交えて話し合い、金利設定の見直しを交渉する手続きです。

依頼料などの無駄な費用はかかりませんが、裁判所が開く平日しか手続きができず、素人が交渉を行うのは容易ではありません。

特定調停に応じないローン会社もあり、手続きが滞ることも多いです。

個人再生

自己破産の一歩手前といった位置づけですが、借金自体を大幅に減らせる可能性があります。自宅などの一部の財産を残すことができ、給与の差し押さえが停止するなど生活の再建がしやすいのが魅力ですが、手続きは非常に複雑で時間も掛かります。

加えて地域によっては個人再生を認めるかどうかを判断するためのテストを行うところもあります。抱えている借金の金額によりますが、最大で借金を1/5まで減らせる債務整理になっています。時間や費用の負担が大きい分、認められれば相応にメリットも大きい手続きだと言えます。

自己破産

債務整理の最たる手続きで、裁判所に申し立てて自宅などの財産を全て放棄することで、借金の返済義務の免除を受けることをいいます。自己破産が認められれば抱えている借金はゼロになりますが、いい事ばかりではありません。

生活に必要な最低限なお金しか残りませんし、7~10年程度は信用情報機関のブラックリストに載るなど、制限やリスクの高い方法です。しかし借金が余りに大きく生活もままならないのであれば、負担が無くなるメリットの方が大きいでしょうから自己破産を行うことで道が開ける可能性がありますね。とは言え、借金の額によってでは無く返済能力によって自己破産の可否は決まりますし、それを決めるのは裁判所なので注意が必要です。

借金160万円を減額したいなら法律事務所に相談しよう!

借金160万円を減額したいなら法律事務所に相談しよう!

借金160万円の返済が負担になっている場合は、法律事務所のプロに相談をしましょう。

金融知識がないことにつけ込まれて、過剰な返済をしている可能性も否定できません。

比較的少額な金額でも債務整理の相談に対応している、評判の良い法律事務所を3つご紹介しましょう。

ミネルバ法律事務所

テレビやラジオでもCMを出している、知名度の高い法律事務所です。

東京が本拠地ですが、全国的に出張して各地で債務整理の無料相談会を開催。予約がなくても対応可能で電話相談も無料のため、初めての借金で不安な人でも気軽に相談ができますよ。

特に過払い金の請求に実績があるので、160万円の借金の返済に悩んでいる人にもおすすめです。

東京ロータス法律事務所

土日を問わず、全国規模で債務整理の相談に応じているため、仕事や忙しい人や、身近に頼れる法律事務所が見つからなくて困っている人におすすめ。

債務整理の相談は基本無料で、メールで気軽に相談できるのも魅力です。

返済に弁護士を介す代行弁済をしているので安心ですし、費用の分割払いにも対応した良心的な料金体制で人気があります。

アヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所もテレビCMで宣伝をしていて知名度が高く、人気の法律事務所ですね。

その魅力は何といっても、減額報酬も過払い報酬も費用0円で済むところ。借金で生活が立ち行かなくて困っている人におすすめです。

独自システムの導入で債務整理の進歩状況が手に取るようにわかるので、安心して依頼ができるでしょう。

160万円の借金の返済が辛くなったら法律事務所に相談しよう!

この記事のまとめ
  • 160万円の借金は決して返済できない額ではない
  • 複数の借り入れ先があるならおまとめローンで金利を下げるのは有効
  • 160万円の借金を解決するには債務整理を検討するのも手

借金160万であればそれほど深刻ではありませんが、油断をしていれば借金は減りませんし、生活が苦しくなることもあります。

160万円の借金の場合は早期返済が生活を守るコツなので、効率の良い完済を目指しましょう。

また借金額が160万円であれば債務整理も比較的負担が大きくありません。困ったときには法律事務所のプロに相談をして、早めに借金を整理してくださいね。