借金があるから相続放棄したい!できないケースはあるの?

何か

亡くなった人に借金があり、相続人はその借金を放棄したいと考えた場合、相続放棄という方法を利用することができます。ですが、一概に借金があるからといってその相続を放棄しなくても良いケースがあります。

また、相続放棄をしてしまうと借金以外に不動産などプラスの財産の相続も放棄しなければならないのです。今回は、そんな被相続人に借金があった場合の相続放棄について、詳しく解説していきたいと思います。

相続にはプラスの財産とマイナスの財産がある

被相続人が亡くなった場合、決められた優先順位によって、相続人が被相続人の財産を相続しなければなりません。ひと口に財産といっても、これは預貯金や不動産などのプラスの財産、そして借金などのマイナスの財産に分けられることになります。

財産を放棄するということはどちらの財産も放棄することになり、プラスの財産だけを相続して、マイナスの財産は放棄する、などということはできないのです。逆に、財産を相続する場合は、どちらの財産も相続することになり、相続人にとって、得か損かは、この2つの財産によって変わってくるのです。

借金があっても相続放棄できないケース

相続放棄は、被相続人の一切の財産の相続を放棄することになります。もちろん、相続人の申立てがなければ、この相続放棄は成立することはありません。そして相続放棄は、いくつか相続放棄ができないケースが存在するのです。

被相続人の財産を自分の名義に変更してしまった

被相続人の財産を相続放棄するにも関わらず被相続人の財産を自分名義にしてしまった場合、これは相続放棄ができなくなる1つの失敗です。財産というのは、預貯金などのプラスの財産も借金などのマイナスの財産もひっくるめて、そう呼ばれています。

ということは、プラスの財産であるものを自分名義にしてしまったということは、財産を相続する意思があると捉えられても文句が言えない状況となるのです。借金を相続放棄する際は、一切の財産に手を付けることは止めましょう。

被相続人の借金を一部でも返済してしまった

被相続人の借金を1円でも借入先に返済してしまった場合、これは被相続人の財産を相続すると捉えられます。被相続人の借金を借入先に返済するということは、もう既に立派な相続人であるということです。この場合、借金の相続放棄をすることはできません。

遺産分割協議書を作成して相続の手続きを進めてしまった

被相続人の財産を相続放棄するにも関わらず、遺産分割協議書を作成してしまった場合、この場合も相続放棄するには厳しい状況です。まず、遺産分割協議書とはなにか、相続人たちが被相続人の財産を相続する上で、誰がどの財産を相続するのかという旨が、記載されている文書になります。なので、遺産分割協議書を作成してしまった後では、相続放棄するといった主張が通りにくくなるといった、不具合が発生します。

もとより、この遺産分割協議書は、複数の相続人で作成するものなので、よって財産を相続する声が大きい可能性もあります。一度相続人を集めて、その方向性をきちんと決めることが大事です。

相続放棄ができる期間を経過してしまった

相続放棄は相続人に対して平等に与えられる権利になりますが、その権利が失効する期間は3ヶ月しかありませんので早急に決める必要があります。相続人には優先順位があり、配偶者や子供が最優先順位で、父母・祖父母、兄弟・姉妹、といった順番になっています。

なので、仮に配偶者や子供が相続放棄を選択した場合、すぐに次の優先順位である父母・祖父母に、その旨を伝えないと、相続放棄を熟考する期間である3ヶ月はあっという間に過ぎていきます。3ヶ月の期間が過ぎてしまうと、相続放棄の行使は不可能となるので、親族間の連携が非常に重要となってきます。

相続放棄ができる期間は伸ばせる?

相続放棄ができる期間は、被相続人が亡くなってから3ヶ月以内と決められていますが、相続人が被相続人の財産調査に難航した場合などであれば、裁判所に申請をすることで、その期間の延長が可能となります。要するに被相続人のプラスの財産とマイナスの財産が、はっきりと判明していない場合に、期間の延長が承認されます。

相続人にとっても、その部分がはっきりとわからないと、財産を相続する上で大きくマイナスになってしまう恐れがあるので、慎重になるのは当然のことです。相続人は、延長された期間でさらに財産の状況を掘り下げて、深く調査していくことができます。

相続放棄の手順

実際に被相続人の財産を相続しては、相続人に大きな損失を生み出してしまうことが明らかになった場合、相続放棄を選択するのですが、具体的な相続放棄の手順について、解説していきます。相続放棄は、被相続人の亡くなった時点での住所において、管轄する裁判所で手続きが進められていきます。

手続きに必要な書類を作成

相続放棄をする際に必要となるのが、相続放棄申述書というものです。この相続放棄申述書に必要事項を記載します。

また、被相続人の戸籍謄本、相続人の戸籍謄本もそれぞれ必要になります。相続放棄を円滑に進めるためにも、必要書類は確実に揃えておきましょう。

相続放棄の申述書を家庭裁判所に提出

必要な書類を揃えたら、相続放棄申述書を持って、いよいよ家庭裁判所に提出します。この際、別に直接持ち込まずに、郵送での送付もできますが、郵便事故などの可能性もなくはないので、直接持ち込むほうが確実です。

提出する家庭裁判所は、被相続人の最後の住所を管轄する裁判所になるので、間違いのないよう注意しましょう。

家庭裁判所からの「照会書」に回答

相続放棄申述書を家庭裁判所に提出すると、いよいよ手続きが進められていきます。提出後1週間ほどで、照会書と回答書というものが、相続人に届きます。

今回の相続放棄の件について、間違いなく相続人の意思によるものなのか、とった旨の内容です。相続放棄は一度申請すると決定を覆すことは決してできないので、最終確認といったところでしょう。

「相続受理証明書」が交付される

照会書における回答書を提出して、相続放棄の手続きに問題ないことが判断されたのち、家庭裁判所から相続受理証明書が交付されます。相続放棄を承認したということになります。

これでこの相続人の相続放棄は完了したので、被相続人の相続権は次の相続人に移りました。できれば、相続放棄を完了した相続人は、次の相続人に連絡をすることをおすすめします。そうしなければ、次の相続人が考える時間もなく、熟考期間が過ぎて、自動的に相続となってしまうことがあるからです。

借金があっても相続放棄をしない方が良い場合がある

単純に被相続人に借金があるからと、すぐに相続放棄することを考えなくても良いのです。なぜなら、借金のようなマイナスの財産よりも、プラスである財産の方が大きければ、結果相続人にとってプラスになるからです。

もちろんその場合は、プラスの財産で借金の返済をしますが、余った財産はそのまま相続人の財産となります。なので、被相続人が亡くなった際は、三ヶ月という熟考期間があるので、早急に財産状況を調べておくことが大事です。

相続放棄ができなくなる前に専門家に依頼しよう

相続放棄に困ったら、遠慮なく専門家に相談または依頼しましょう。確かに、相続放棄は特に難しいものではないので、自分でやろうと思えばできます。

しかし、期間が決められているので、その期間内に財産の調査なども済ませなければならないとなると、少々面倒です。費用はかかりますが、専門家に依頼してしまえばその苦労もないので、こういった専門的なことは、プロに任せてしまいましょう。

▼相続人全員が相続放棄をした場合借金はどうなる?▼
相続人全員が相続放棄をした場合借金はどうなる? ▼借金の保証人は相続放棄で免れる?相続で借金まみれにならないために▼
借金の保証人は相続放棄で免れる?相続で借金まみれにならないために ▼借金がある場合の相続放棄の手続きと注意点とは▼
借金がある場合の相続放棄の手続きと注意点とは

▼相続放棄をすれば連帯保証人の義務もなくなる?相続と連帯保証契約の関係とは▼
相続放棄をすれば連帯保証人の義務もなくなる?相続と連帯保証契約の関係とは