20代で200万円の借金がある場合は自己完済と任意整理どっちがおすすめ?

20代で200万円の借金がある場合は 自己完済と任意整理どっちがおすすめ?

ローンは便利でも、借金が積み重なると返済は簡単なことではありません。特に20代の場合は、働いていても収入が少ないもの。借金が200万円以上に膨らむと、返済が滞るリスクが極めて高くなります。

こちらでは20代で借金200万円を完済できる場合と、任意整理にしたほうがいい場合とを、詳しく比較していきます。あわせて債務整理の基礎知識や、安全な借金返済方法も紹介しているので、借金がある人、必見です。

20代で借金200万円の返済は難しいと言われている

20代で借金200万円の返済は難しいと言われている

ちょっとお金が必要なときのローンは非常に便利ですが、油断していると借金はあっという間に膨れ上がります。そのボーダーといわれているのが、借入金額200万円と言われています。

ローン会社はおおむね3~5年で完済できるように最低返済額を設定しますが、平均的な収入があっても、200万円の借金を返すのは容易なことではありません。

20代の平均年収は250万前後

各種転職サイトの調査によると、20代の平均年収は250万前後と言われています。あくまで平均値なので一概には言えませんが、この値に近い年収の場合は20代で200万円の借金を自分の手で完済するのは非常に難しいと言わざるを得ません。

当然ながら年収全てを200万円の借金返済に充てるのは不可能だからです。年収が250万だとすると手取りは18万円くらいになるでしょうから、家賃や生活費を差し引くと借金返済に回せるのは高くても4~5万円になるでしょう。利息抜きに考えたとしても、切り詰めた生活を4年弱は続けていかなければならないことになります。

利息を考えると返済額は更に増える

上に書いた年数はあくまで利息を考えない場合です。しかし実際には利息は発生しますし、その金額は返済期間が長引けば長引くほど大きくなっていきます。

200万円の借金を1社から借り入れることは非常に難しいですから、複数の金融業者から借りている多重債務に陥っている場合がほとんどでしょう。上限金利の問題から、1社から借りるより複数社から借りる方が金利の合計は高くなってしまいます。金利を考慮すると、200万円の借金を20代で返済するのはやはり大変難しいと言えるでしょう。

自己完済と任意整理の違いとは?

自己完済と任意整理の違いとは?

「自己完済」も「任意整理」も借金を返済する手段の1つですが、方法や負担は大きく違います。自己完済は生活費をギリギリにまで切り詰めるか、寝る間を惜しんでアルバイトをして収入を増やすしかありません。心身にかなりの負担がかかりますし、他から借金をして返済に充てるなどの自転車操業をすれば、一気に借金が膨れ上がります。

これに対して司法書士や弁護士などのプロの手を借り、利息や返済期限を債権者と交渉して設定し直すのが任意整理です。生活に見合う現実的な返済プランを立てれば、生活を守りながら確実な返済ができます。

20代で200万円の借金の利息計算式とは?

20代で200万円の借金の 利息計算式とは?

借金200万円の利息計算式

借金をする20代が見落としがちなのが、「利息」です。借りた金額にプラスして、借入期間中は常に利息を支払わなくてはいけません。これが結構バカにできないのですが、利息は次の計算式で算出できます。

利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

例えば、20代で200万円を実質年率18%で借りた場合、1ヶ月でかかる利息は29,589円です。つまり1ヶ月あたりの返済額に約3万円の利息をプラスしてお金を返す必要があります。

月々の返済額次第では借金200万円の元金は減らない

借金200万円を返済していく場合、月ごとの返済分は元金と利息どちらにも充てられます。しかし最低返済額を下回ると返済したお金は全て利息に充てられるため、折角払っても200万円という元金は少しも減りません。ただ先延ばしにしているだけで、意味の無い行為と言っても良いでしょう。

一方で200万円の借金を繰り上げ返済で返済する場合は、全て元金の返済に充てられます。このため繰り上げ返済は借金の完済に非常に効果的です。しかし無理して繰り上げ返済をしても生活が苦しくなってはまた借金が増える事態に繋がりかねないので、収入・支出と相談の上で行う必要があります。

200万円の借金を自己完済するためのプラン

200万円の借金を 自己完済するためのプラン

20代で200万円の借金を抱えた場合、月々どれぐらいの金額を返済すれば完済ができるのでしょうか?年率18%で計算すると、4年間と5年間で完済を目指すにためにかかる毎月の返済額は次の通りです。

  • 4年間での完済計画 毎月58,749円
  • 5年間での完済計画 毎月50,786円

自分の収入から最低限の生活費と返済額が捻出できる場合は、自己完済可能と判断していいでしょう。とても生活が立ちいかない場合は、任意整理の検討をおすすめします。

200万円の借金を任意整理したらどうなる?

200万円の借金を任意整理したらどうなる?

借金200万円の借金の利子をカットできる

200万円の借金を任意整理する場合。弁護士や司法書士へ手続きを依頼するなら当然その依頼料は掛かります。しかし将来発生する借金の利息をカットすることで、借金全体の返済額を削減できます。

例えば4年間の自己完済計画では毎月6万円程度かかる返済額を、場合によっては毎月4万円程度に削減することも可能なんです。

借金200万円の返済期間を3~5年に延ばせる

任意整理後の返済期間は3年を目安に設定することが多いものの、最長5年まで引き延ばせる腕利きのプロもいます。5年という期間は確かに長いものですが、利子が無くなるという恩恵は借金返済において非常に大きいものです。20代の場合は無理して自己完済をするより、任意整理が現実的な方法かもしれませんよ。

【20代で200万円の借金を完済したい!】任意整理についての基礎知識

【20代で200万円の借金を完済したい!】任意整理についての基礎知識

20代で任意整理についての知識に詳しい、なんて方はそう多くはないかと思います。言葉としては聞いたことがあっても、仕組みや費用については知らない方が大多数でしょう。ここでは任意整理する場合にかかる費用や、詳しい条件などを解説していきたいと思います。

20代で初めての借金に困っている人も、ぜひ参考にしてください。

任意整理にかかる費用は平均でいくら?

任意整理を請け負う弁護士や司法書士の依頼料は、事務所によって違います。費用の内訳も個々で違いますが、おおむね次の金額を目安にするといいでしょう。

  • 着手金 1社につき2~5万円
  • 成功報酬金 1社につき2万~5万円
  • 減額報酬金 減額した金額の1~2割

借金の総額によっても費用は左右されるため、相談時に遠慮せずに確認をすることをおすすめします。中には分割払いで対応してくれる事務所もありますよ。また初回の相談は無料という専門家もいますからそのようなところを利用して少しでも費用を安く抑えたい所ですね。

任意整理できる借金の種類とは?

任意整理はあくまでも、弁護士などの交渉のプロに間に入ってもらい、借金をする側とローン会社がお互いに納得して行う手続きです。

消費者金融でも銀行系のカードローンでも任意整理ができますし、裁判所が間に入る自己破産手続きとは違い、自宅などの資産を手放す必要はありません。住宅ローンや車のローンはそのままでも、特定のローン会社だけを任意整理することも可能です。

任意整理するための条件

200万円もの借金を抱え込んでしまった20代にとって任意整理は非常に心強いのですが、誰でも利用できるわけではありません。任意整理は原則として安定した収入があり、最後まで継続して返済していく意思がある人が対象です。

3~5年間で完済が見込めることが条件なので、無理な借金をしないように心掛けましょう。

20代で借金200万円を完済したい!おすすめの司法書士事務所

任意整理を請け負う弁護士や司法書士は多いのですが、こういった事務所はちょっと敷居が高いものですよね。困ったときに20代でも安心して依頼ができる、おすすめの司法書士事務所を3つご紹介しましょう。

アース司法書士事務所

任意整理の費用がリーズナブルだと人気がある、大阪府に所在する司法書士事務所です。成功報酬不要で分割払いにも対応している良心的な事務所なので、収入額が少ない20代でも安心して依頼ができますよ。

任意整理の相談はメールで24時間、365日いつでも対応してくれます。スピーディーに交渉にあたり、良い結果を出してくれると評判です。

あおぞら司法書士事務所

全国どこでも対応可能。面談が必要な場合にも出張して対応くれる、頼れる事務所として人気があります。

依頼主の生活の負担になりがちな着手金や、依頼段階での費用算出を妨げる減額報酬も発生しない明瞭会計。土日も含めて営業時間を柔軟に調整し、迅速対応がモットーなので、取り立てに悩む20代の心強い味方になってくれるでしょう。

ウィズユー司法書士事務所

家族や職場に内緒で任意整理をしたい20代に人気があるのが、ウイズユー司法書士事務所です。365日24時間無料で電話相談に応じているので、仕事が忙しくても安心ですよ。

相談料は無料で、減額報酬は発生しません。費用の分割払いにも対応しているので、毎月の生活が苦しい人、できるだけ返済額の負担を減らしたい人におすすめです。

20代で借金200万円あるなら任意整理がおすすめ!

借金を自力で返そうと努力することは大事ですが、何事も無理はいけません。食べる物も食べずに生活を切り詰め、休むときにも休まずに働いて返済しようとすれば体を壊し、かえって不要な支出が増えかねません。

収入が少ない20代だからこそ無理をせず、賢く任意整理を検討して、円満に完済を目指しましょう。