相続人全員が相続放棄をした場合借金はどうなる?

亡くなった人の借金は、相続人に引き継がれますが、必ず相続しなければいけないわけではなく、相続人はその権利を放棄することができます。これを相続放棄といい、相続放棄をすることによって、相続人は借金の相続を放棄できます。

しかしその場合の借金が消滅してしまっては、債権者が困りますよね。今回は、相続放棄における借金の行く末について詳しく解説していきたいと思います。

全員が相続放棄をしても借金は消えない

相続人は被相続人の財産または借金を相続しなければいけません。相続人には、優先順位があり、最優先は配偶者や被相続人の子供になり、次は被相続人の父母、次は兄弟・姉妹という順番になります。

優先第三位の兄弟・姉妹が相続放棄をした時点で、被相続人の財産と借金の相続権は消滅することになります。しかし、それでは債権者が借金の回収ができないことになりますよね。

でも大丈夫です。借金の相続権は消滅しましたが、被相続人の借金は厳密には消えることはありません。

相続放棄をした場合借金は誰が支払う?

相続放棄した場合、借金の相続権は消えますが、借金の存在は消えることはありません。では、全ての相続人がその借金を放棄したのに、誰が代わりにその借金を払うのでしょうか。

連帯保証人が支払う

被相続人が借入先からお金を借りた際に、連帯保証人をつけていれば、その連帯保証人に支払う権利があります。本来被相続人が亡くなった際に、相続人がその借金を相続してくれれば、この権利は発生することはなかったのですが、相続人不在となったために権利が発生しました。

この場合、連帯保証人が被相続人の借金を代わりに払うことになっても、特に違和感はありません。なぜなら、連帯保証人は契約者と同等の扱いを受けるため、被相続人が返済不能となれば、当然連帯保証人が支払わなければならないからです。連帯保証人の責任はそれほどまでに大きいということは知っておいた方が良いですね。

相続財産管理人が被相続人の財産から支払う

被相続人の借金の連帯保証人もなく、相続すべき人が全員相続放棄をした場合、債権者は誰から借金を回収すればよいのでしょうか。この場合、債権者は相続財産管理人の選定申し立てをすることができます。

相続財産管理人とは、被相続人に相続人がいない場合に、相続人に代わって、被相続人の財産整理を行える人になります。これにより、債権者は借金の回収が可能となるのです。しかし、相続財産管理人ができる代済は、被相続人のプラスの財産内でしかできないので、借金の全てを回収できるわけではありません。

相続財産管理人は申告が必要

相続財産管理人は、被相続人の相続人が全てその相続を放棄したのちに、役目を果たすものです。しかし、相続財産管理人は条件が揃ったからといって、自動的に発生するものではありません。

相続財産管理人は、家庭裁判所に選任申立てをすることで、初めて選定されます。なので、被相続人の借金回収を実行したい債権者は、必ずこの手続きが必要となります。

相続財産管理人を立てる場合にかかる費用

相続財産管理人を立てる場合、家庭裁判所を通す必要があります。家庭裁判所を通すとなると、かかる費用が心配になりますよね。

相続財産管理人の選任申立てによる費用は、雑費が少々かかる程度ですが、予約金というものが必要です。この予約金が最高で100万円ほどかかるので、相続財産管理人を立てる際は、それ以上の借金の回収が見込めなければ、債権者にメリットはないことになります。

相続放棄は次の相続人への連絡が必要

分割払い

相続放棄には、優先順位があると言いましたが、仮に相続放棄をした場合、次の相続すべき人にすみやかに連絡しなければ、大変なことになります。相続放棄には熟考期間というものが定められており、この期間は3ヶ月です。

最優先順位である人はいいとしても、仮に第三優先順位の人まで、その相続権が下りて行った場合、ゆっくり考えている期間は、あまり残されていない可能性が高いです。なので、相続放棄をしたら、早急に次の相続すべき人に連絡してあげることで、不慮の相続となることを防ぐことができます。

相続人全員が相続放棄しても管理責任がある

被相続人にとって、相続すべき人その全てが相続放棄した場合、完全に被相続人の財産と無関係になるわけではないのです。相続する人がいない場合は、相続する人が決まるまで、最後に相続放棄した人が管理する義務が発生します。

相続財産管理人を立てれば、問題なくその相続権を引き継がせることができますが、そうでなければ永久的に管理しなければいけません。特に、預貯金などの無形財産であれば問題ないですが、不動産にような有形財産は、管理しなければその建物の周囲の人に迷惑がかかる可能性があるので、このような決まりごとがあるのです。

借金があっても相続すべきケースがある

被相続人の借金の相続について、借金だからと頑なに放棄することだけを考えてはいけません。簡単な話、借金があってもそれを上回る財産があれば、相続してもマイナスにはならずプラスになります。

もちろん借金のほうが多い場合は相続放棄が妥当ですが、借金があるからと即決で決めることでもないのです。このように借金があっても、相続した方が良いケースもあるのです。

借金がある場合の相続放棄はプロに任せよう

被相続人が亡くなった場合は、その財産および借金を相続する義務が発生します。しかし、相続人は相続放棄という選択ができるので、必ずしもその権利を継承する必要はありません。

特に、借金がある場合の相続放棄は少々面倒なので、自力でもできますが、専門家に依頼するほうが最良かと思います。相続するか否かの選択をする際は、出来る限り被相続人の財産状況と負債状況を調べ上げた上で、相続人にメリットがある場合にのみ相続するようにしましょう。結果的に相続人がマイナスになってしまうのであれば、デメリットでしかないので、相続放棄を選択しましょう。