【旅行だけじゃない!】ANAマイルのお得な貯め方・使い方

ANA

旅行が好きでよく海外旅行するという人や、出張で飛行機に頻繁に乗っているという人はたくさんいますよね。

そんな皆さんは、マイルを貯めているでしょうか?

飛行機に乗る機会が多ければ多いほどマイルが貯まって、もう1回無料で飛行機に乗れちゃう、なんてこともあるんですよ。

今回は、そんなお得なマイルについて紹介していきます。

日本の航空会社の代表とも言える、ANAのマイルにスポットを当ててお得な貯め方や使い方を徹底的にまとめています!

そもそもマイルってなに?

そもそもマイルってなに?

マイルという言葉は、ほとんどの人が一度ぐらいは聞いたことがあるかと思います。

しかし実際にマイルとは何なのかを知らない人もいるのではないでしょうか?

マイルといえば、ANAやJALの大手航空会社が行っているマイレージクラブやマイレージバンクが代名詞ともなっています。

では、そもそもマイルが何なのかと言うと、簡単に言えばポイントのようなものです。クレジットカードや一般のお店でも、購入すればポイントがたまりますよね。

マイルの本来の意味は距離のことで、海外では距離を表すのに一般的に使われています。

そこで、航空会社では飛行機に乗った距離に応じて、ポイントのような形でマイルとして還元しているのです。

ANAマイルの使い道

ANAマイルの使い道

①航空券と交換する

ANAマイルの使い道として一番有名なのは、航空券との交換です。

ANAのホームページで、必要なマイル数に応じて特典の航空券との交換が可能になります。

航空券はANAの国内線、国際線及びANA提携の他社航空会社の航空券にもマイルで交換ができますよ。

マイルで考えてみると、現金で航空券を購入するときの半分以下のマイルで特典の航空券に交換できるようです。

国内線の航空券を30,000円で購入できる場合、マイルなら15,000マイル以下で交換できてしまいます。

さらに言えば、エコノミーだけでなくビジネスクラスやファーストクラスの航空券にも交換できます。

②フライトのアップグレードに使う

ANAのマイルは直接航空券の交換できるほか、国際線のフライト自体をマイルを使ってアップグレードさせることができます。

つまり、マイルを使用すればエコノミーの航空券の金額で、ビジネスクラスにアップグレードさせることが可能というわけです。

具体的フライトのアップグレードの方法は、航空券の交換と同じくANAのホームページ上で行います。

アップグレードするために必要なマイル数は、行先の片道の距離によって変わるので、ページ上でチェックしましょう。

ただし、アップグレードに上限があるため、アップグレードの対象となっている航空券にしか使用できないため注意が必要です。

③ANA Selectionで使う

ANAマイルの使い道には、飛行機の搭乗券との交換だけでなく商品と交換するという手もあります。

ANA SelectionというANAのショップでは、厳選された商品がたくさん用意されており、マイルを使って交換することが可能です。

例えば、ANA Selectionショップでは宮崎牛といった国産牛をはじめ、鰻やふぐのフルコースなど豪華なグルメ商品がマイルと交換できます。

また、グルメ商品以外にもトースターなどの家電、さらにクルージングなどの体験型のメニューもあり、マイルの使い道の幅が広くなります。

旅行に行く時間がない人は、貯まったマイルを豪華な商品と交換してみてはいかがでしょうか。

マイルの貯め方

マイルの貯め方

①フライトで貯める

ANAのマイルの基本的な貯め方、フライトになります。

もともと、飛行機に乗った距離に応じて貯まるのがマイルなので、最も基本的なマイルの貯め方です。

ANAのマイルが貯まるのは、国内線・国際線はもちろんのことですが、ANA以外の提携空港会社のフライトでも貯めることができます。

例えば、フィリピン航空やベトナム航空などの海外の飛行機でも、ANAのマイルと提携しています。

ANAの飛行機だけしかマイルが貯めれれないと思っている人は、損をしているかもしれませんよ。

さらに、ANA系列のツアーを利用すれば、旅行でもANAのマイルを貯めることができるんです。

②ホテルに泊まって貯める

ANAのマイルは、実際に飛行機に乗らなくても貯めることができます。同じ旅行でも、他の交通機関を利用してホテルの宿泊のみ使用することがありますよね。

ANAはANAホテル以外にもホテルオークラやシェラトンなどの提携しているホテルがあるので、提携ホテルに宿泊することでマイルが貯まるんです。

また、提携ホテルに泊まらなくてもANAマイレージモールを経由すれば、世界の空き部屋に宿泊可能なサービスAirbnbを通じてマイルが貯められます。

他にも、エクスペディアやじゃらんといった有名なホテル予約サイトでも、マイルの取得が可能です。

③クレジットカードで貯める

ANAマイルの貯め方として上記に紹介した2つの方法は、ごく一般的ではあります。

でも、この2つの方法では旅行をしない限り、ANAのマイルを貯めることができませんよね。

そこでおすすめのANAマイルの貯め方は、クレジットカードを使うことです。ANAクレジットカードを使用すれば、だいたい100円で1マイル貯めることができます。

クレジットカードを普段使わないという人でも、買い物や電気代など生活にまつわる支払いを現金からクレジットカードに変えてみましょう。

クレジットカードの使用金額によってマイルの貯まり方は違いますが、生活費をクレジットカード支払いにすると、意外にANAマイルは貯められます。

ANAクレジットカード以外にも、還元率の高いクレジットカードもあるので確認してみるのもいいでしょう。

お得にマイルを貯める方法

お得にマイルを貯める方法

付帯保険

旅行するときに心配なことと言えば、事故やケガではないでしょうか?

海外旅行の場合、自己判断で保険をつけるかどうか選択したりしますよね。

でもANAクレジットカードには自動的に付帯保険がついていて、ANAカードで航空券や旅行を購入していなくても適用になります。

旅行の傷害保険は最大1,000万円と手厚い保障で、安心して旅行が楽しめるのもANAクレジットカードの魅力です。

ボーナスマイル10%

ANAクレジットカードでは、普通にマイルを貯めるよりもお得にマイルを貯められる理由があります。

実は、ANAクレジットカードは搭乗時の基本的なマイル以外に、ボーナスマイルとして10%付与されるのです。

10%はけっこう大きいので、飛行機に乗ることが多い人であれば、ANAクレジットカードを使わないと損と言えます。

入会・継続ボーナス

クレジットカードはたくさんありますが、マイルを貯めるという意味ではANAクレジットカードは入会時や継続時にも他のカードと差があります。

その理由は、ANAクレジットカードは、入会時に1,000マイル、継続時に1,000マイルそれぞれ付与されるからです。

つまり、ANAクレジットカードは何もしなくても1年に1,000マイルは必ず貯まるということになりますね。

ANA SKYコイン

ANAのマイルを貯めていても、搭乗券との交換や商品との交換には最低何マイルからとの決まりがあり、使えるほど貯まっていないということもあるでしょう。

そんなときは、ANA SKYコインに交換することでマイルを無駄にすることなく使用することができます。
1マイルから交換が可能で、航空券や旅行商品の購入の際に10円単位での使用が可能です。

これなら、少量のANAマイルをその都度コインに交換して貯めることができますね。

ANAマイレージモール

ANAにはマイレージモールというものがあり、そこを通じてネットショッピングやサービスを利用すれば、金額に応じて数%の還元率でマイルを貯めることができます。

楽天や伊勢丹などの大手企業のネットショップで購入が可能なので、いつもの買い物でよりお得にマイルが貯められます。

クレジットポイントからマイルへの移行

クレジットカードは、独自でクレジットポイントを付与していますよね。
もちろん、ANAクレジットカードにもクレジットポイントがあります。

しかもANAクレジットカードでは、貯まったポイントをマイルに移行することができるんです。
支払いをクレジットカードでする人にとっては、お得にマイルを貯める方法となり得ますね。

年会費

クレジットカードには年会費が必要な場合があり、ANAクレジットカードも年会費が2,160円かかります。
一見、少し高めに感じますが、ここにもお得になる仕組みがあります。

上記を見ればわかりますが、ANAクレジットカードはクレジットポイントをマイルに移行が可能です。
つまり、年会費もクレジットカードでの支払いになるので、マイル付与の対象になるわけです。

また、初年度は年会費も無料なので、お得にクレジットカードを使用することができますよ。

貯めたマイルで存分に遊ぶ

貯めたマイルで存分に遊ぶ

ANAのマイルは、意外に色々な貯め方や使い道も幅広くあります。
ここでもう一度、ANAマイルの使い方をおさらいしておきましょう。

  • 国際線航空券への交換(エコノミ~ファーストクラスまで)
  • 国内線航空券への交換
  • 国際線のシートのアップグレード(エコノミー~ビジネスなど)
  • ANA Selectionショップで使う
  • ANA SKYコインに交換する
  • 電子マネーなどに交換する

代表的なANAマイルの使い方は上記に列挙しましたが、深堀すれば使い方は広がります。

では、前述の中でどの使い方をすればANAマイルは一番お得感があるのでしょうか。

それは、ずばり航空券との交換です。特に国際線は正規の金額で航空券を購入するとなると、それなりの金額になります。

ビジネスクラスやファーストクラスになれば、なおさらです。

それほど高価な航空券と交換できるのなら、マイルの価値は格段に上がるのでやはり一番お得と言えるでしょう。

すぐに旅行することがない人は、地道にANAマイルを貯めていけばいいですよね。

自分なりの貯め方でANAマイルと貯め、思う存分に遊びを満喫しましょう!