他人名義でキャッシングは可能?自分名義で審査に落ちてしまう理由とは【審査の緩いキャッシング業者3選】

FX

お金を借りるためにキャッシングを利用したいけれど、自分名義では審査が通らず困っている方はいないでしょうか。また他人名義でキャッシングできないかと考えている方はいないでしょうか。

この記事では他人名義のキャッシングが可能かどうかということと、審査に落ちてしまう理由を解説すると共に、審査の緩いキャッシング業者をご紹介していきます。

他人名義でカードを作ってキャッシングできるの?

他人の名義を利用してキャッシングをすることは、他人のふりをして金融機関を騙してお金を借りる契約を交わすことになるため、犯罪行為となります。

自分の名義でお金を借りることができず、他人の名義を利用してキャッシングを利用できないかと考えている方はこの記事を読んで思いとどまってください。

他人名義でカードを作ることはできるのか?

結論から言うと、他人名義でカードを作ることは可能です。必要な書類や印鑑さえ揃えることができればカードを発行することはできてしまいます。

例えば、配偶者や子供など同居している家族であれば、勤務先や収入など必要な情報を手に入れることが可能です。ネットからの申し込みであれば、顔を合わせての本人確認もないので、バレずに申し込みをすることができてしまいます。

実際に知らない間に配偶者がや子供が自分の名義でカードを申し込んでいた、なんてケースも少なくありません。

他人名義で作ったカードでキャッシングするのは違法

ここでしっかりと念頭に入れて頂きたいのは「他人名義でカードを作成し利用することは違法である。」ということです。

親や兄弟が作ったカードでキャッシングをしてもらい、それを自分が返済していくことは問題ありません。しかし自分以外の名義でカードを作成することは、親や兄弟であってもれっきとした犯罪行為となります。

万が一知られてしまった場合、家族であれば被害届を出さない可能性もありますが、友人などの他人であれば言うまでもありません。

他人名義でキャッシングするリスクを解説!

きちんと返済し、本人にバレなければいいやと考えている方もいるかもしれません。しかしもし気づかれてしまった場合、詐欺罪で逮捕される可能性があります。

詐欺罪で逮捕された場合、懲役10年以下、金額が多い場合は執行猶予がつかないこともあります。なお、審査が通らなかった場合でも申し込みをしただけで詐欺未遂罪となります。

また家族の名義を利用した場合は被害届を出さないケースもあるかもしれません。しかし、返済ができなかった際は、債務整理などをして経歴に傷がつくのは家族です。家族に迷惑をかけないためにも絶対に他人名義でのキャッシングはやめてください。

なぜ他人名義でキャッシングするの?自分名義だと審査に落ちてしまう理由

詐欺罪で逮捕されるリスクを背負ってまで他人名義でキャッシングをする理由はおそらく、「自分の名義でキャッシングの審査が通らないから」でしょう。

審査に落ちてしまう理由としては、「返済する能力がないと金融機関に判断されたため」です。ここでは返済する能力がないと判断されたポイントを3つご紹介します。

ブラックリスト入りしている

過去にカードローンやクレジットカードなどを利用し、返済できなかったことはありませんか?その場合、「個人信用情報機関」に延滞していることの情報が記載され、ブラックリスト入りしている状態となります。

ブラックリスト入りしている方は5~10年間は情報が消えることはないので、カードローンの審査に通ることができません。

安定した職業、収入がない

通常の会社員であれば、決まった時期に決まった金額の収入があります。しかし、フリーランスの場合はそれなりに収入があったとしても、審査に通らない場合があります。

そのため金融機関から「いつ収入がなくなるか分からないため、返済ができないかもしれない」「安定した収入がないため、長期での返済が組めない」と判断されてしまうわけです。

債務整理を過去にしている

過去に債務整理をしている場合でも金融事故となり、ブラックリスト入りしている状態となります。債務整理とは「任意整理」「個人再生」「自己破産」「特定調停」のことを指します。

どれも5~10年は情報が消えることはありません。そのため、その間はカードローンの審査に落ちてしまい、お金を借りることができません。

借金の名義貸しは違法?絶対にしてはいけないワケ

勝手に他人名義でカードを申し込むは違法です。では同意があれば他人名義でカードを申し込み、キャッシングをしても良いのでしょうか?

答えは「NO」です。

他人に名義を貸すことも法律違反となります。「友達が困っているから」「家族に頼まれたから」という気持ちで名義を貸してしまうと、立派な犯罪者になってしまうのでご注意ください。

もし名義を貸して返済ができなかった場合はもちろん返済義務はあなたにあります。同意の上で名義を貸していた場合は「自分の借金ではない」では済まされないので、絶対に名義を貸すことはしないようにしましょう。

他人名義はもう必要ない!審査に通りやすいキャッシング業者

他人名義でカードを申し込み、キャッシングをすることは犯罪であることはお分かりいただけたと思います。同意があった場合でもお互いに犯罪者となってしまいます。その方にも迷惑をかけることになるので絶対にやめましょう。

ここからは比較的審査が通りやすいと言われているキャッシング業者をご紹介していきます。

プロミス

プロミスは審査時間30分、融資時間60分と、比較的スピーディーに借り入れが可能です。24時間ネットでどこからでも申し込みが可能なことも特徴の1つです。

また公式サイトでは融資が可能かどうかを事前にチェックすることができます。審査が通るか不安な方は公式サイトで事前にチェックすることをオススメします。

アイフル

アイフルは申し込みから借り入れまでWEBで完結することができます。カードレスでの利用が可能で郵送物も一切ないので、周りに知られたくない方にオススメです。またセブン銀行ATMでは24時間お取引が可能です。

審査時間も最短30分、融資時間も最短1時間とプロミスと同様、スピーディーにお金を借りることができます。

フタバ

大手の消費者金融の審査が通らなくて悩んでいる方は中小消費者金融を利用すると良いでしょう。その中でも老舗企業のフタバがオススメです。過去よりも現在の返済能力で判断をするため、比較的審査が通りやすくなっています。

またアルバイトや派遣社員でも借り入れが可能となっており、安定した職業についていない方でもお金を借りることができるかもしれません。

【まとめ】他人名義でのキャッシング行為は絶対にやめよう!

他人名義でキャッシングをする行為は犯罪行為です。例え審査に通らなかったとしても、申し込みをしたことが違法となります。軽い気持ちで行動したことが、あなたの今後の人生を壊してしまうかもしれないので絶対にやめましょう。

また他人に名義を貸すことも犯罪行為となります。家族や友人に頼まれたとしても、「NO」と言える勇気を持つことが大事です。