借金を隠して結婚するのは違法?もし隠されていたら離婚できる?

借金を抱えている方で将来結婚ができるのか不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。また結婚したあとに相手の借金が発覚した方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では借金を隠したまま結婚をすることが違法なのか、また結婚した後に借金があることを知った場合に離婚ができるのかどうかをご説明していきます。

借金を隠して結婚することは違法?

恋人との結婚が決まったけど、借金があることを伝えるかどうかで悩んでいる方も少なくないはずです。中には借金があることを相手に隠したまま結婚し、バレないままこっそり返済をしていきたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし結婚した後に借金があることが発覚した場合、夫婦関係の破綻のきっかけになり得ることも。ここでは借金を隠して結婚することが違法なのかどうかをご紹介していきます。

借金を言わないまま結婚するのは違法なのか?

相手に借金を隠したまま結婚すること自体は違法行為とはなりません。また法律上での離婚原因になることはなく、慰謝料を請求されることも基本的にありません。

どこの機関からいくら借金をしているかどうかは個人情報です。私たちには自分の個人情報を守る権利があり、結婚前の借金を隠したとしても相手に対する裏切り行為になることはありません。

言うべきかは借金の種類による?

結婚する前に相手に借金があることを伝えるかどうかは借金の種類によります。自動車ローンやクレジットカードのショッピング枠は誰でもしているものなので身構えて伝える必要はないでしょう。また消費者金融などでの数十万円の借金はすぐに返済ができるものなので、深刻になることもありません。

しかし闇金からの借金に関しては配偶者や家族を巻き込んでしまう場合もあります。結婚する前に借金を完済しておくか、伝えておく必要があるでしょう。

結婚したからといっても借金は個人の問題!

結論から言うと、借金があることを結婚する前に相手に伝える義務はありません。結婚をしたからと言って借金まで夫婦の共有物となるわけではないからです。つまり結婚する前の借金は個人の借金となります。結婚後も自分でしっかり返済していくことができれば問題ありません。

家族にバレないように配慮してくれる機関もあり、郵便物などは一切送らず、全てWEBで完結するものもあるほどです。しかし家の購入などでローンを組んで金融機関からお金を借りる際は、年収や借金の有無などを申告する必要があります。その際には配偶者に知られてしまうことになるでしょう。

借金を隠して結婚してはだめ!相手に影響を及ぼしてしまう場合とは?

結婚する前にできた借金は個人のものであり、借金を隠して結婚することは決して違法ではなく、離婚原因にもならないことが分かりました。しかし相手に借金を伝えないまま結婚した場合、配偶者に迷惑をかけてしまう場合もあります。

ではどんな場合に相手に迷惑をかけてしまうのでしょうか、ここでは相手に影響を及ぼしてしまう場合をご紹介していきます。

債務者が死亡した時

夫婦のどちらかが死亡してしまった場合、残された方は相続人となります。相続する際は財産だけでなく、借金をも相続することになります。

もちろん借金を相続しない方法もありますが、その場合は3か月以内に家庭裁判所に届け出を出す必要があります。つまり借金をしていることを隠したまま債務者が亡くなってしまった場合、配偶者が借金の存在に気付くことができず、ある日突然借金を背負うことになってしまうのです。

返済できなくなり債務整理した場合

債務整理をすると利息分の返済がなくなったり、借金を減額してもらえたりするので、借金の額が少なくなります。自己破産をすれば借金は帳消しとなり、ゼロになります。

しかしブラックリストに名前が載ってしまう場合があります。ブラックリスト入りするとクレジットカードを作ることができず、ローンを組むこともできません。

連帯保証人になってもらう場合

債務者が借金を支払えない場合、代わりに返済を行う連帯保証人になってもらう場合があります。もちろんご自身で返済ができなくなってしまった場合、残りの借金は配偶者に請求されることになってしまい、迷惑をかけてしまうことになります。

離婚した場合でも別の場所に住んでいても、この契約は生きるため、返済完了するまではずっと連帯保証人のままでいることを念頭においておきましょう。

結婚したあと借金を隠されていたと知ったら離婚できる?

では結婚したあとに借金を隠されていたと知った場合、離婚することができるのでしょうか。

まず夫婦がお互いに離婚に同意している場合はなんの問題もなく離婚することが可能です。一方が離婚することを拒否している場合は、借金を隠していたことが法律上の離婚原因にはならないので、離婚することはできません。

しかし収入のほとんどを借金の返済にあててしまい、生活費や子供の教育費を出してくれないといった場合は離婚原因となり、離婚することできる場合があります。

借金を返済してから結婚するのが筋!早く返済する方法とは?

借金を隠して結婚しても違法ではありませんが、万が一バレてしまった場合に夫婦関係に亀裂が入ってしまうこともあります。借金をしていることを相手にバレたくない場合は、結婚する前に借金の返済を終わらせておくに越したことはありません。

ここでは借金の返済を早く済ませてしまう方法をご紹介していきます。

おまとめローンで返済しやすくする

おまとめローンとは新たに借り入れを行い、そのお金で現在の複数の借入先の返済を完了し、借入先を一本化してしまうものです。借入額が大きいと金利が下がることが多いため、一本にまとめることで返済額を少なくすることができる可能性があります。

ここ最近ではおまとめローンの利用者をターゲットにした悪徳業者もあるので、利用する場合は金利が安くなるかをしっかり確認しましょう。

時効援用が適用されないか確認する

借金を長期間返済していなかった場合、時効が成立し(通常は5年です)借金の返済が不要になる場合があります。しかしそのまま放置していても借金の返済義務がなくなるわけではありません。

まずは時効援用が適用されるかどうかを無料相談し、適用されるのであれば手続きを行うことで今ある借金を帳消しにすることができるかもしれません。

債務整理を検討する

債務整理には「任意整理」や「自己破産」といったものがあります。いずれも専門家の力を借りて、借金の問題を解決することができます。

債務整理を行うと、借金を減額したり、金利を無くしたり、借金を免除することができまず。それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合ったものを調べて選ぶようにしましょう。

【まとめ】借金を隠して結婚するのはやめておこう

借金を隠したまま結婚すること自体は違法ではなく、法律上で離婚原因になることもありません。できれば隠したまま結婚したい、バレずに返済をしていきたいと思う方も少なくないでしょう。

しかし結婚後にバレてしまった場合、夫婦の関係が壊れてしまうことも大いにあり得ます。そうならないためにも、結婚前に借金の返済を終わらせておくか、事前に相手に相談し、トラブルがないようにしましょう。