FXで作った借金が返せない時はどうすればいい?

FXはその利用者によって大損するか大儲けできるかが二極化する投資だと言えます。FXで儲ける人は、長い経験を基に様々な情報を分析して利益を得ています。しかし、FXにおいては大損する人のほうが多いというよりそのような声が強いというべきでしょうか。

この記事では実際にFXで返せないような借金を作った場合どのような対処法があるのかについて、詳しく解説していきたいと思います。

FXで失敗して借金を作りやすい人とは

FXにおいて借金を作りやすい人の特徴は、初心者が圧倒的に多いように思えます。これはFXだけの話ではなく、知識もなく経験もなければ、当然失敗する可能性は高いです。

せめてFXを利用する際は、FXの基本的な仕組みくらいは把握するようにしておきましょう。FXは世界の通貨を使っての投資になりますので、世界経済の動きによって、その通貨の価値が変動していくということを理解してください。

FXで失敗して借金を作ってしまうパターン例

実際に、基本的なFXの知識を持って取引をしたとします。しかしそれだけではまだ足りないのです。

FXを利用する上では、必要最低限の損しない立ち回りというものがあります。ここではその立ち回りについて、詳しく解説していきます。

損切ができなかった

FXは、利益を出すことはもちろん大事なことですが、それ以上に損をしないということが求められます。要するに、大きな利益を出すことよりもいかに損失を抑えていけるかが、大損しないためのプロセスとなります。

そこで大事なのが損切りと呼ばれるもので、ストップ注文とも呼ばれます。これはマイナスになっている状態でこれ以上のマイナスを作らない為に、あえて取引を終了される行為です。確かにそれではマイナスですが、大きなマイナスになることは防げます、FXではこの損切りは非常に重要な役割を持っているのです。

レバレッジを高く設定してしまった

通常投資というのは、元金があってその元金で運用していきます。しかしFXには、その概念がなく、元手は元金しかありませんが、取引上は元金の数倍以上の金額の取引が可能となるのです。

これにより、少ない元手で大きく儲けることが可能で、これをレバレッジといいます。もちろん、損する場合も大きいので、レバレッジはかなりリスキーな方法なのです。FXでの取引で大損する人の多くは、このレバレッジによる失敗が大きいです。

FXで作った借金はFXで返せるのか?

FXで損をしやすい人の特徴が、熱くなりやすい人、負けず嫌いな人というデータがあります。FXで作った借金を、FXで返すことは無理ではないかもしれませんが、あまりおすすめはしません。

なぜなら、FXは余裕のある人が成功しやすく、その心はやはり冷静沈着な選択をしなければ、簡単に大損してしまう、それがFXです。余裕がない人にありがちな、レバレッジを高く設定しすぎて、結果的に大損して、借金が膨れ上がっていってしまいます。なので、一度FXでできた借金はまじめに返して、完済した後に、再びFXに挑戦するほうが賢明かもしれません。

FXの借金が返せない時にすべきこと

FXによる借金は、レバレッジなどで多額になってしまうことは珍しいことではありません。少額であればなんとか返済していけるかもしれませんが、多額の借金であれば困ったものです。

そんなときは債務整理という方法を選択してみてはいかがでしょうか。ハイリターンであるFXは、その性質上、自己破産は厳しいですが、他の債務整理であれば可能です。

任意整理

FXにおける債務整理で特におすすめしたいのが、この任意整理という方法です。任意整理は、裁判所を通さずに、債権者と話し合いによって、借金の減額が見込める可能性があります。

もちろん、債権者が了承しなければその話し合いの場は成立しませんが、利息カットなどの債務者にとって有利な条件となることがあります。基本5年以内の完済が条件となりますが、それだけの期間があれば借金の返済も容易でしょう。

個人再生

個人再生は、裁判所の認知が必要となりますが、最大で4/5の借金が減額されます。最低弁済額というものがあり、それは借金の金額によって変動しますが、最低でも100万円にまで減額が可能です。

もちろん、最低弁済額が100万円なので、借金の総額はそれ以上ないといけませんが、任意整理では解決できないような多額の負債を抱えている場合は、個人再生という方法は、非常に有効な手段と言えます。

FXの借金での自己破産には条件がある

借金のその全てがゼロになる自己破産ですが、自己破産が認めれるには、免責というものが下りなければなりません。免責というのは、借金に至った理由になります。

基本的にFXや株といったハイリターンなギャンブル、または投資では免責は下りないと言われています。しかし実際のところは裁判官の裁量によるので、FXが理由による借金でも、免責が下りる可能性もあります。免責される可能性を少しでも高めるため、借金の理由については誠意をもって包み隠さず正直に申告するようにしましょう。

FXの借金が返せない時はまず弁護士に相談してみよう

FXでの借金で困っている場合は、その性質上借金の金額も多額になることが多いです。なので、普通に返済していくというのはかなり厳しいのではないでしょうか。

その場合には、弁護士に相談するという選択を考えてみましょう。その先には債務整理という解決法もあり、FXによる多額の負債もなんとかなることがあります。一番してはいけないことは、熱くなってFXで借金の返済を図ろうとすることです。そのケースではほとんどの場合でさらなる借金を増やすことになるので、一度冷静になり借金を解決する方法を模索するようにしましょう。