会社の借金が増える一方でなかなか返せない時の選択肢とは

会社経営するとなると、資本金などが必要で、運営していく中でも、会社の経営を維持するために自然と借金は増えていくものです。

しかし、会社の経営が軌道に乗らないと、その借金を返していくことは中々難しいと思います。

ではその際には、経営者としてどのような選択を取る必要があるのかについて、詳しく解説していきたいと思います。

会社は借金して当たり前?

会社の経営は、無資金でも可能ですが、やはり資本金のある会社のほうが、金融機関などから融資を受けやすくなるなどの利点があります。

また、会社を経営する上では、資金の運用が重要となり、必然と金融機関などから借入をしなければいけない状況となり、結果会社が借金するということになります。

会社が借金するということは、会社を運営していく上で、必要不可欠であるので、個人で借金してる場合の感覚とは全然違ってきます。

借金は自転車操業になりやすい

最悪のシナリオ

会社経営をする上で、借金はしなければならないことが多いです。

しかし、その借金が自転車操業であると、会社の経営は大いに苦しむことになります。

自転車操業とは、借入と返済を繰り返すことで会社の経営を安定させようとすることで、このサイクルが止まってしまうと、会社はたちまち立ち行かなくなってしまいます。

なぜ自動車操業の経営になってしまうのかというと、単純に支出が収入を上回ってしまっていることにあります。

自動車操業の経営に陥ってしまっている会社は、先行きが怪しく、いつ倒産するかもわからない状況であることが多いです。

このような状況を抜け出すためには、支出の詳細を明らかにして、無駄な支出を見直すことが必要になります。

借金が返せない時の選択肢

資金繰りで苦しく、とても会社の借金の返済の目途が立たない場合、どのような対処をすればよいのだろうか。

いくつか解決法を抜粋したので、それぞれ解説していきたいと思います。

リスケ

リスケとは、借入先に交渉の末、借金の返済額の減額を申し出ることになります。

リスケによって、資金繰りが楽になり、会社の経営も安定に向かうことでしょう。

しかし、リスケをしたことによるデメリットも当然あります。

一番はリスケが完了するまで、新規の借入ができないということで、これは中々厳しい条件になります。

また、会社の信用が地に落ちる可能性があり、取引先などにバレてしまったら、最悪取引がなくなってしまうほど、リスケは重い選択なのです。

なので、リスケを検討しているのであれば、安易にするのではなく、従来の会社の体質や経営方針を一新するなどしなければ、会社はたちまち倒産の道筋を辿ることになるでしょう。

任意整理

会社における任意整理は、個人で行う任意整理と似たようなものになります。

会社は存続しながら、会社の抱える借金について、主に借入先の銀行などに返済についての相談を求めます。

もちろん、債権者が応じてくれることが前提となりますが、話し合いを通して、今後のお互いの関係も含めて、借金の返済について協議します。

お互いが歩み寄って、良い結果に転べば、債務者側は返済が楽になり、会社の経営も安定に近づきますし、債権者側としても、今後もきちんと返済してくれることにより、回収不能になることはなく、損はありません。

個人再生

個人再生は、裁判所を通して行う債務整理の一つになります。

会社の経営はそのままに、きちんとした会社の再生に向けた計画をもって、銀行などの借入先と協力を得ながら行います。

うまくいえば、借金の大幅な減額が認められることがあり、一気に会社の経営を立て直すことが容易になります。

もちろん、これは任意整理同様、債権者側の同意があって初めて成り立つものになるので、必ずというわけではありません。

しかし、任意整理のような少額の減額幅ではなく、大幅な減額が見込めるという部分は、個人再生の大きなメリットといえます。

自己破産

もう会社の経営をやめたい、しかし借金がかなり残っている、という場合には、この自己破産を選択しましょう。

自己破産は、会社の運営は停止となり、手続き終了時には、会社はなくなることになります。

自己破産という方法は、他の債務整理である任意整理や個人再生のように、会社の経営を維持したまま、借金の解決ができるわけではないのです。

抱えている借金が全てなくなるのですから、このデメリットは当然といえば当然ではあります。

なので自己破産は、会社を再建する予定があるのであれば、決して選択してはいけないのです。

事業を続けたいなら「任意整理」か「個人再生」

債務整理には様々な方法がありますが、自己破産という選択をしてしまうと、会社の存続はできなくなり、結果倒産となります。

確かに、借金がゼロになる大きなメリットを持つ自己破産ですが、当然その分のデメリットは大きいです。

なので、会社を存続させつつ債務整理をするのであれば、任意整理か個人再生を選択しましょう。

特に任意整理は、他の債務整理における手続きよりも、遥かに簡単に行うことができ、迅速な解決ができます。

また、任意整理の事実が社外に漏れる心配もなく、かかる費用も抑えることができるので、非常に効率的な方法といえます。

個人再生は任意整理と比べて、費用はかかり、手続きも面倒ではありますが、借金の大幅な減額が見込めるので、会社の借金によって検討してみると良いでしょう。

任意整理・個人再生はどちらも、会社を存続させつつ行えるという点が、経営者からすると本当に助かりますよね。

会社が倒産したら誰が借金を払う?

会社が倒産したら、残った借金はやはり、会社のトップである社長が払うのでしょうか。

実は、会社の借金は個人が責任を負うことはありません。

しかし、会社が金融機関などから借入を行う際は、会社のトップ、つまり社長が連帯保証人になるように求められるので、連帯保証人として社長が残った借金を抱えるということはあり得ます。

会社の借金は、個人の借金とは金額が違うことから、多くの人は会社と同様に自己破産するそうです。

会社の責任を一人で抱えずプロに相談してみよう

会社の経営者であるのですから、確かに責任はあります。

しかし、その責任を一人で抱えていても、何も解決には至りません。

まずは、専門家に相談してみることをおすすめします。

プロならではの目線で、何か打開策が見つかるかもしれません。

会社のトップとして、責任感は確かに大事ですが、柔軟な発想を持たないと、会社の経営はたちまち追い込まれてしまうことになりますよ。