転職したてで金銭面が不安だからキャッシングを利用するのは可能?

今のご時世転職することは珍しくはなく、自分の能力を最大限に発揮できる企業を多くの人は求めています。しかしいざ転職するとなると、上手く行かず無収入になる期間が存在しますし、転居を伴う転職になると費用がかさみます。こういった場合、キャッシングで金策を立てたいと考えたとして、転職したてでも審査に通ることがあります。

今回は、転職したてでも、キャッシングは利用できるのか、について詳しく解説していきたいと思います。

転職したてでも、信用度が高ければキャッシングの審査には通る

キャッシングによる審査においては、確かに勤務歴を重視する傾向はあります。それは勤務歴が長いと、勤務歴の短い人よりは、離職の可能性が少なく、返済能力に問題がないと判断するからです。なので、転職したてであるとどうしても勤務歴が短いことから、キャッシング会社にあまりいい印象は与えることはできません。

しかし何もそれだけを審査の対象としているわけではないので、過去の信用情報に問題がなかったり他社での借入件数がゼロであったりすることで、カバーできます。あとはできれば最低限の借入金額にすることで、審査に通る可能性を上げることができます。

転職したてでキャッシングの審査が不安な人はどうすべき?

転職したてであると、勤務歴でいい印象を与えることができないので、他の情報において、いい印象を与えるようにしたいです。意外と自分の努力次第でなんとかなることが多いので、審査に通るために精一杯努めるようにします。

転職した今の勤務先の情報を正確に伝える

転職したこと自体が、キャッシング会社に不利な印象を与えるわけではありません。例えば、前職よりも規模の大きい企業に勤めた、収入が上がった、などということであれば、少なからずマイナスに転ぶことはないといえます。こういった部分を、積極的にキャッシング会社に、アピールすることが非常に大事です。

キャッシング希望額は低めに設定する

借入金額が高いと、どうしてもキャッシング会社も、審査には厳しい目で見てしまいます。なので、必要最低限の借入金額に抑えることで、審査通過の可能性を高めることができます。

転職したばかりの状態ならそれぐらい謙虚な姿勢でいる方が、悪い印象を与える可能性は低いでしょう。

在籍確認が手早く終えられるようにする

審査において、必ず通らなければならない関門である、在籍確認ですが、できれば早急に済ませたいところです。在籍確認に手間取ってしまうと、キャッシング会社から、本当に在籍しているのかと、疑いをかけられる可能性もあります。

なので、勤務先が休業日であったり、連絡先を間違えていたり、というようなことがないよう注意します。

書類に不備が無いようにする

これは全ての人に言えることですが、必要書類をきちんと揃えておくことは社会人として当たり前のことになります。仮にこの書類に不備があったとしたら、キャッシング会社は、この程度のことができないのならばお金を貸してもきちんと返済できるのかどうか、と不審に思うはずです。

こういったことは最初が肝心ですので、つまらないミスで信用を失うことのないよう気を付けたいですね。

持ち家や配偶者など、利用できる情報は全てアピールする

キャッシング会社からすると、仮に返済が滞っても、最悪回収できるあてがあれば、お金を貸しても良いと考えています。その返済できるあてとは、例えば持ち家であれば、立派な財産になります。

あとは配偶者が安定した収入を持っているのであれば、それもキャッシング会社にとっては、プラスの印象となるはずです。

転職したてでキャッシングを利用するときに頭に入れておきたいこととは

転職したてで、しかも転居を伴う転職であれば、資金繰りが厳しいはずです。そういった場合に、キャッシングという存在は、非常にありがたいですが、むやみに借りすぎないように気を付けたいところです。

転職したてで、世間的な信用が薄い中、ようやく審査に通ったというのに、無計画な借入で借金苦となっては、目も当てられません。キャッシングの際は、常に謙虚な姿勢を持つことが大事で、あくまでもこの状況を凌ぐ、一時的なことと捉えるようにします。

転職したてでも、中堅規模の消費者金融ならキャッシング審査には比較的通る

50万円までどうしても審査において、不安があるということであれば、中小の消費者金融を利用するという方法があります。大手消費者金融は、中小の消費者金融と比べて、万人受けのサービスを提供している反面、審査にはシビアである傾向があります。

正直なところ、転職したてで他社に借入があったり過去の信用状態に不安があれば、審査に通るとは言えないでしょう。しかし中小の消費者金融はその性質上、大手消費者金融で融資を受けられない人の受け皿となっているので、上記のような人でも、通る可能性は高いです。また、中小の消費者金融はその絶対数が多く、自分に合ったキャッシング業者を探すことで、大手消費者金融にも負けないサービスを受けることができます。

転職後3ヶ月経っていればキャッシング業者から安定した収入があると見なされる

転職したては、キャッシング会社からみると、不安定な印象でしかありませんが、転職してから3ヶ月ほど経てば、安定した収入があると判断されるようです。なので、転職後早急に金策が必要なわけではないのであれば、3ヶ月待ってみることをおすすめします。

安定した収入があると判断されるのと、ないと判断されるのとでは、審査における信用度が全然違います。キャッシングの審査にとって、最重要とされているのは、安定した収入があるということなので、この点はしっかりと頭に入れておくことが大事です。

転職したてでキャッシング審査に通るかは、それまでの行い次第と言える

転職したてでは、安定した収入があるとは判断されないので、それだけでみれば厳しいといえます。しかし、キャッシングの審査はそれだけを見ているわけではなく、過去の信用情報や借入件数から、返済能力の判断をしているのです。

よって一概に転職したてであるから、審査には通らないというわけではなく、いかに審査に通すための努力と、過去の情報が大きく影響してくると思います。

自信がなければ、比較的審査の甘い、中小の消費者金融で融資を受けてみるという方法も一つの手です。