キャッシングを上手に使う方法とは?デメリットやメリットも確認しよう!

クレジットカードのキャッシング機能を、あなたは利用したことがありますか。「キャッシング」と聞くと一般的にはマイナスイメージも強く、利用してみたくても怖さが先行してしまって敬遠してしまうものですよね。

けれども実はキャッシング機能はとても便利で、正しい使い方をすれば生活を豊かにしてくれるものなのです。そこで本記事では、キャッシュカードの基本的知識を押さえたうえでメリットとデメリットを整理し、キャッシュカードを上手に使う方法を共有いたします。

キャッシングとは?


キャッシングとはクレジットカードの使用方法の1つです。

そもそもクレジットカードの使用方法には、店舗等で買い物をした会計時に使用できる「ショッピング枠」と、現金を直接借り入れることが出来る「キャッシング枠」の2つがあります。契約時に各枠の上限額が設定されており、キャッシング枠の限度額内で現金を直接借り入れることをキャッシングと呼ぶのです。

キャッシングの方法


キャッシングを行うには、以下の3つの方法があります。

  • 電話でキャッシングの申し出を行う
  • インターネットからキャッシングの申し出を行う
  • ATMから直接現金を借りる

電話やインターネットを利用した場合は、口座を指定して振り込んでもらう形になります。一方でATMでのキャッシングは提携金融機関やコンビニに設置してあるものででき、その場で現金を借り入れることが出来ます。

  1. ATM利用方法の流れは、簡単にまとめると以下の通りです。
    ATMへクレジットカードを挿入する
  2. 「ご出金(借り入れ)」ボタンを押す(先に借り入れボタンを押してからカードを挿入することもあります)
  3. 暗証番号を入力後、借り入れたい金額を入力する(原則1万円単位です)
  4. 返済の方法を選択する

上記の手続きをとれば、その場で現金を借り入れることができます。4.の返済方法には基本的に一括で返済する「1回払い(キャッシュサービス)」と、一括で返済せず定額を月々返していく「リボ払い(ローンサービス)」の二つがあり、選択できるようになっているのが基本です。

キャッシングのメリット

メリット
キャッシングは上手に使えばとてもメリットが大きく便利な手段です。ここからはキャッシングの持つメリットについて整理していきます。

即金性が高い

キャッシングは、契約時に審査を受けているため必要な時に手続きさえとればすぐに現金が手に入り、お金が急に必要になった時には非常に便利です。

もちろん契約時に限度額を設けていますので、無限に借りるということはできません。それでも、困った時に5万円・10万円程度の現金をすぐに用意できるのは大きなメリットと言えます。

借り入れ金の使用用途が自由

キャッシングで借り入れた現金は、使用目的が原則自由です。住宅ローンや車のローンなどでは借り入れる目的が明確なため、決められた使用目的以外に使用することが出来ません。

その点で、キャッシングは大変使い勝手が良い手段と言えます。ただし、利用目的を聞かれた時に「ギャンブル」や「他社での借金の返済」などと申告すると貸し出しを断られることもありますので、注意が必要です。

海外でも使用できる

「海外キャッシュサービス」が利用できるクレジットカードであれば、海外でもキャッシングが可能です。

海外では日本にいる時と違い治安の心配もあり、現金を持ち歩くのは何かと不安なものですよね。そんな場合にキャッシングを利用することができれば、必要以上の現金を持ち歩く必要が無くなり安心です。

キャッシングのデメリット

デメリット

借り過ぎには大きな注意が必要

先ほどからお話ししている通り、キャッシングはとても手軽で便利なため、利用に慣れてくると「借金をしている」という感覚が薄くなりやすい傾向にあります。

無計画に何回も借り入れを繰り返している内に借金額が高くなっていき、返済目途が立たなくなってしまっては大問題です。長期的に大きな金額を借りる目的には、キャッシングは適してないと言えるでしょう。

キャッシングは万が一不正利用されても原則補償されない

クレジットカードが紛失・盗難の被害に遭ってしまった場合、キャッシング枠が不正利用される危険性があります。

けれどもたとえ不正利用であったとしても、キャッシング利用時に登録済みの暗証番号が入力されると不正利用として補償対象にならなくなってしまうのです。

クレジットカードにキャッシング枠をつけるだけで「借金」扱いになる場合もある

キャッシングは手軽に借り入れが出来てしまうため、金融機関によってはキャッシング枠をつけるだけで借金しているとみなされてしまう事があります。キャッシング枠は外すこともできるので、キャッシング利用する可能性が低い場合は外しておいた方が無難かもしれません。

金利がショッピング枠より高め

キャッシングのリボ払い金利は、ショッピングのリボ払い金利と比較して3%ほど高く設定されてあることが多くあります。その分だけ、ショッピング枠と比較してキャッシング利用の方が金利的には損であると言えます。

ショッピング枠を使いすぎると利用できない

キャッシング枠はショッピング枠の中にあるため、ショッピング枠を使いすぎてしまうとキャッシング利用額が減額されることがあり、注意が必要です。

キャッシングの上手な使い方まとめ

キャッシングは気軽に利用しやすく、緊急時の金策手段としては非常に便利ですが、それだけに借り入れ過ぎには注意が必要です。ただし正しい認識を持って利用することが出来れば、恐れる必要はありません。

それどころかきっとあなたの生活は便利になり、活動の幅を大きく広げることができるでしょう。自分の収入を考慮した返済計画をしっかりと立て、そのうえで真に必要だと判断する金額だけをキャッシングするようにしたいですね。