借金400万円は債務整理するべき?金利や返済できる見込みがあるのか知ろう!

400万円になってしまった借金は債務整理するべきなのでしょうか。1つ1つは小さな借金だったとしても、塵が積もって借金が400万円になってしまったら大変ですよね。下手をすると、年収より大きい額かもしれません。

借金400万円は債務整理するべきなのか、借金400万円の返済できる見込みなど、みていきましょう。

借金400万円は自力での返済が難しい危険

結論から言うと、借金400万円は自力での返済が難しい金額です。

とはいえ、絶対に債務整理や自己破産が難しい金額というわけではありません。難しいだけで、できないものではないのです。

では、借金400万円を自力で返済するためには、なにをすべきなのでしょうか。

借金400万円を返済するために

借金400万円を自力で返済するためには、なにをすべきなのでしょうか。返済計画を立てるためには、まず現状を知ることが大切です。

見通しを立てるために、現状確認を行っていきましょう。

必要な最低収入

まず、必要な収入を考えましょう。そもそも、借金は銀行などのものを除き総量規制で年収の3分の1までに制限されているものです。これは、個人が自力で強い負担を負うことなく返済をできる金額の限度が、年収の3分の1とされているためです。

そうなると、本来ほしい収入は
400万円(借金)×3=1200万(必要な最低年収)
1200万÷12(月)=100万円(必要な最低月収)
となります。

さすがに難しい金額ですね。自分の力で返済する場合はかなりの長期戦を覚悟する必要があります。

利息の計算方法

次に、利息の計算方法です。

金利が、8%とすると、
400万円×0.08÷365×30≒2万6301円

金利が10%だとすると、
400万円×0.1÷365×30≒3万2876円

金利が12%だとすると、
400万円×0.12÷365×30≒3万9452円

金利が14%だとすると、
400万円×0.14÷365×30≒4万6027円
となります。

こうしてみると、金利だけでも返すのが大変そうに思えますよね。しかし、利息は一定ではないため、あきらめるのには早いです。

もしこの月に借金を利息+5万円返済したとし、金利が8%だとしたら、借金は
400万円ー5万円=395万円
翌月の利息は
395万円×0.08÷365×30≒2万5972円
となります。

このように、利息は借金の残りの金額に、金利を月ごとにしたものをかけて算出するのです。つまり、返せば返すほど利息分借金は楽になっていくのです。

400万円の借り入れをするときの平均金利は?

また、400万円の借り入れをするときの平均金利はいくらくらいなのでしょうか。

銀行から400万円の借り入れをするときの金利は5%~8%、消費者金融から400万円の借り入れをするときの金利は4%~18%程度が多くなっています。

あまりにも多い金利を取っている金融業者には過払い金請求ができる可能性があるので、そちらを専門家に相談してみてもよいかもしれません。

400万円の借り入れ状況を知る方法

返済が困難になってしまうひとの多くが、自分がどれほどの借金をどこからしているかわからない状況になっています。自分の債務状況をきちんと知り、完済を目指しましょう。

まず、どこから、どれほどの借金をしているの確認しましょう。自分がお金を借りている金融業者に問い合わせれば、借金の金額を教えてもらえます。会員専用のwebページがある業者であれば、そこからみることもできます。

また、どこから借りているかわからない場合は、信用情報機関に開示請求をしましょう。信用情報機関はJICC・CIC・全銀協の3つがありますが、どこから借金をしているか見当がつかないときは、すべてに開示請求をするのがおすすめです。開示方法はそれぞれのサイトで見ることができるので、しっかり確認しましょう。

こうやって、400万円の借り入れ状況を知っていきましょう。

借金400万円を完済するための具体的な方法

では次に、借金400万円を完済するための具体的な方法をみていきましょう。長い道のりとはなりますが、できることは必ずあるはずです。もし仮に債務整理をすることになったとしても、債務整理は行った後も借金を返済する必要があるので、元の借金が少しでも減っているのは都合が良い事と言えます。

日常の細かい部分まで、確認していきましょう。

収入を増やす

借金400万円を完済するための具体的な方法として、まず、収入を増やす方法。これはわかりやすい方法ですね。

収入を増やす方法として、夜の仕事のようなものを想像する方は多いかもしれません。実際、夜の仕事は収入が高く、夜の仕事をすることに抵抗がなく問題もない方であれば最も手っ取り早い方法といえるでしょう。ですが、必ずしも夜の仕事をしなければ収入は増やせない、というわけでもありません。

最近は副業が流行っているため、調べると、いろいろな方法がでてきます。普段の仕事の隙間時間にできる在宅バイトや、普段の仕事が休みのときだけできる副業など様々なものがあるので、自分に合ったものを探してみましょう。

日々の出費を減らす

借金400万円を完済するための具体的な方法として、次に、日々の出費を減らす方法。これは地味ですが、意外と大きな効果があるものです。

飲み会などの交際費や、たばこやお酒などの嗜好品など、削れそうなものはないでしょうか。飲み物は買わずに家で用意し、水筒に詰めていくことはできないでしょうか。これらを行えば、お金を節約できるだけでなく、周りの方にも家庭的であるという見方をされるようになります。

また、ひとつひとつの行為が簡単なため、簡単に達成感を味わうことができます。コツコツ頑張ることが、精神的にも良い結果をもたらすのです。

親戚や友人に肩代わりしてもらう

また、借金400万円を完済するための具体的な方法として、親戚や友人に肩代わりしてもらうという方法もあります。

上記2つのことを行うだけでは、緊急の出費があった場合など、足りなくなってしまうこともあるかと思います。そのときだけ、親戚や友人を頼らせてもらうのです。あなたが普段頑張っている姿を見たうえで、足りない分だけ貸してほしいということならば、きっと助けてくれるでしょう。

もちろん、肩代わりしてもらったら、返せるときにすぐ返しましょう。信用をなくさないように真面目にしていれば、また困った時に助けてもらえるかもしれません。

借金を一本化する

さらに、借金400万円を完済するための具体的な方法として、借金を一本化するという方法があります。おまとめローンと呼ばれるものですね。おまとめローンによって借金を一本化すると、借金の管理が分かりやすくなるだけでなく、金利が安くなる場合もあるのです。

複数の金融会社から借金をしている方は、検討するようにしてみましょう。

債務整理を検討する

上記すべてをしてもなおダメだった場合には、借金400万円を完済するための具体的な方法として債務整理を検討しましょう。債務整理を行えば、

借金の返済は楽になりますが、弁護士などの費用がかかる上にブラックリストに載ってしまいます。他にできることがなくなってしまってから検討する程度でよいと思います。また、債務整理を行う際には、どうにか成功させるため、専門家に相談するようにしましょう。

借金の債務整理について相談できる法律事務所3選

では、400万円の借金の債務整理について、どこに相談したらよいのでしょうか。債務整理とは、借金を減額してもらったり、借金の返済を長期化してもらったりなど、借金の負担を軽減してもらう行為のことをいいます。

400万円の借金の債務整理についての、おすすめの相談先を見ていきましょう。

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所は、借金問題に強い事で有名な法律事務所です。もちろん、400万円の借金の債務整理を行うための相談にも対応してくれます。

東京ロータス法律事務所は初回相談費用が無料となっているため、向いていなかったときが怖いという方でも、安心して相談に行けるのではないでしょうか。

東京ミネルヴァ法律事務所

東京ミネルバ法律事務所

400万円の借金の債務整理を行うための相談をする際のおすすめの法律事務所の1つが、東京ミネルヴァ法律事務所です。

東京ミネルヴァ法律事務所も、借金問題に強い事で有名な法律事務所です。もちろん、400万円の借金の債務整理を行うための相談にも対応してくれます。

東京ミネルヴァ法律事務所は初回相談費用が無料なうえに、電話相談は何回でも無料となっているため、お金に困っている方でも安心して相談することができる法律事務所です。

アヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所も、借金関連の問題に強い法律事務所です。また、こちらは任意整理を特に得意としている法律事務所であるため、債務整理の中でも任意整理を考えている人には、特に強くお勧めできる法律事務所になっています。もちろん、400万円の借金の債務整理を行うための相談にも対応してくれます。

さらに、このアヴァンス法律事務所は女性専用窓口も用意してくれているので、女性の方にはさらに強くおすすめできます。

【まとめ】借金400万円の返済計画は早めに立てよう

借金400万円の返済計画は早めに立てることが大事です。400万円の借金はとても重いものであり、容易に返済できる金額ではありません。任意整理を行うにしても、現状が認識していなかったら、適切な行動を起こすことができないのです。

400万円の借金を返すためには、まず現状を整理し、返済計画を立てるようにしましょう。