キャッシングの金利18%は高い?10万円借りたら返済額はいくら?

キャッシングをする際によく聞く「金利18%」という数字は果たして高いのでしょうか?この記事では、金利18%の意味と実際に10万円を借り入れした時の返済方法の違いによる返済金額について解説していきます。

よく聞く「金利18%」とは?

金融機関からお金を借り入れしたら必ず利息を払わなくてはなりません。利息は各金融機関が定めている金利によって決まっています。

融資した上限額によって利息が変わり、設定金額が高くなればなるほど利息が安くなります。これを利息制限法といい、上限利率が定められています。10万円未満では年利20%、10万以上100万円未満では年利18%、100万円以上では年利15%となっています。

しかし実際は18%以上の金利設定は過払い金などの危険性があるため、ほとんどの金融機関は最大でも金利18%に抑えています。

大手消費者金融は金利18%が多い

利息制限法によって各融資額によって上限利率が定められていると同時に、多くのプロミス、アコム、アイフルなどの大手消費者金融では実質年率18%という金利設定です。つまり大手はすべて金利18%ということです。

利息制限法と比べても金利18%という数字は同じであり、10万円以下の借り入れでも大手消費者金融では金利18%なので少し安いといえます。

金利18%で10万円を借りた時の返済額

それでは金利18%で10万円借りたらどのくらい返済することになるのでしょうか?利息の計算方法はいたって簡単であり、「借入金額×金利÷365日×利用日数=利息」となっています。

10万円を一括返済した場合と、10万円を毎月1万円ずつ返済していった場合の利息と返済金額を比べてみましょう。この比較をすることによって金利18%という数字がどのようなものであるかが具体的にわかります。

10万円を1ヶ月で一括返済した場合

借入金額は10万円、金利は18%、利用日数は1ヵ月(30日)なので10万×0.18÷365日×30=1479円となります。金利18%とは1年間借りた時の金利なので、まずは一年間でかかる値段を算出してから1日分のかかる金額を出します。そして30日間かかるので30倍するという流れで利息が計算できます。利息が1479円かかるので返済金額は10万+1479円=101479円です。

10万円を毎月1万円返済した場合

借入金額は10万円、金利は同じく18%、利用日数は10万円を毎月1万円ずつ返済していくので10か月、つまり10×30=300日かかります。同様に計算すると利息は10万円×0.18÷365日×300=9158円と算出できます。そして合計の返済金額は10万円+9158円=109158円となります。

一括返済した場合と10回払いした場合とでは、なんと約8500円もの差が出るわけです。返すのが遅くなればなるほど返済額は膨らんでいく仕組みになっています。

金利18%以下で借りられる?

金利18%以下で借りれる方法も存在します。100万円以上の借り入れをすると、利息制限法により金利15%となるため金利18%よりも安く借りることができます。

しかし100万円以上の借り入れをするには、借り入れをする消費者金融からの信用を得る必要がある事と、総量規制にひっかかることのない年収300万円以上という条件を満たしている必要があります。銀行カードローンの方が金利が低い場合があります。

金利が高くても借りる理由

キャッシングの金利が18%と銀行カードローンよりも高い設定ではありますが、それでも借り入れをするメリットがあります。

1つ目のメリットは、「いつでもすぐに現金を手に入れることが可能」であることです。どうしても足りないお金があるときにATMなどですぐに現金を手に入れられます。2つ目のメリットは、「いざというときにある程度のまとまったお金を作ることができる」ことです。上限金額にもよりますが100万円ほどのお金をすぐに用意することができます。

無利息キャンペーンを利用する手も

無利息キャンペーンとは、利息を払わずにお金を借りることができるキャンペーンのことです。このサービスは顧客にとっても非常に便利なサービスであり、金融会社としても利用者が増えるきっかけになるので両社に得があるものです。

これを設定している業者は、ほとんどが1週間から30日の期間が無利息キャンペーンを利用できる期間です。

プロミス

プロミスの金利は4.5%~17.8%であり、新規契約の場合は30日間無利息で借り入れをすることができます。初回利用の翌日から30日間無利息でカードローンが利用できるサービスを行っています。

WEB完結で即日融資が可能であり店頭やATM、振り込み融資から借り入れすることもできます。プロミス・三井住友銀行のATMや口座振替、銀行振り込みなどから返済できます。コンビニでの借り入れ・返済の場合には手数料がかかってしまうので注意しましょう。審査時間は最短30分、融資得度は最短1時間となっています。また最大融資額は500万円です。

アイフル

アイフルの金利は3.0~18.0%となっており、ネット申し込みでタイタン即日融資などのメリットがあります。他にも契約機でローンカードを受け取ることができるということも押さえておきましょう。アコムで借り入れをするのが初めての場合は最大30日間金利が0円になる無利息キャンペーンを行っています。

ATM、口座振替、振り込みなどの返済方法がありますが、アイフル専用ATM以外のATMでは手数料がかかってしまうことに注意しましょう。審査時間は最短30分、融資速度は最短1時間、最大融資額は800万円となっています。カードローンを初めて使うという方は審査に通りやすいという特徴がありますが、他の消費者金融から借り入れがある場合には審査が厳しくなることに注意しましょう。

アコム

アコムの金利は3.0~18.0%であり、紹介契約日の翌日から30日間は金利が年0%というサービスもあります。アコムでのカードローン利用者が大手消費者金融の中で一番多く安心して借り入れできるというメリットもあります。専用ATMでの返済方法が可能です。

ネットや提携ATM、店頭、銀行から返済することができます。審査時間は最短30分、融資速度は最短1時間、最大融資額は800万円となっています。アコムの公式サイトに「3秒診断」というものがありこれを利用すれば簡単に借り入れが可能かどうかを診断することができます。

キャッシングは返済計画が大事

キャッシングの金利は18%であり銀行カードローンに比べると少し高い場合があります。しかしクレジットカードの信用度の高さや、すぐにATMなどから現金を手に入れることができるというメリットがあるためとても便利なサービスです。

借りた場合は、返済期間が長くなればなるほど利息が膨らんでいき結果的に返済金額が多くなってしまうので、返済計画をしっかり立てることが大事です。