収入の3分の1以上はキャッシングできない?総量規制でも借入はできる?

キャッシングは、計画的に利用しないと借りた金額の返済に追われて大変なことになってしまいます。総量規制という制度は、キャッシングの上限を規制することで、利用者の借金苦を防止します。

今回は、キャッシングにおける総量規制と呼ばれる制度について、詳しく解説していきたいと思います。

総量規制で収入の3分の1以上借入ができない

連帯保証人

現在の法律では、年収の1/3以上の借入は原則できません。これを総量規制といい、過去に返済能力を超過した貸付または借入により生活破産者が相次いだために創設された制度になります。

この総量規制により、利用者はどんなに借入を行いたくても定められた上限までしかできなくなったので、過度な借入を防止することができます。

総量規制とは

キャッシングなどの履歴は、全ての金融機関でその情報が共有されています。つまりは、その人の借入合計金額から返済状況までもが、情報として登録されています。

その中で、総量規制という制度は、利用者の年収の1/3以上の借入はできないとされており、借入過多を防いでいるのです。総量規制があるおかげで、利用者は返済苦になることもなく、金融機関は回収不能な貸付をすることがなく、お互いに利益のある制度といえます。

しかしこの総量規制は、全ての金融機関で適用されるわけではありません。銀行などは総量規制の対象外となるので、多重債務者の中には年収の1/3以上の借入を行っている人もいます。

総量規制には除外・例外がある

キャッシングをする上で、利用者の借金苦の予防線となっている総量規制ですが、その全てが対象となるわけではありません。それぞれ除外・例外による貸し付けがあります。

除外貸付け

総量規制の制度が全ての貸付に有効であれば、例えば家を購入する際には困ってしまいます。家はとても大きな買い物ですから、金額は相当高額になりますよね。

年収の1/3以上の借入ができなければ、ほとんどの人は家を購入することはできないことになります。そのため、住宅ローンなどの単価の高い買い物における貸付は、総量規制の対象にはなりません。

家を購入する場合、ほとんどの人はローンを組みますが、この総量規制が有効になると、一括払いでしか家を購入することができなくなりますからね。このように総量規制には、除外貸付けというものが存在します。

例外貸付け

総量規制には、例外貸付けというものがありますが、それは一体どんな状況の場合なのか。複数社から借入をしてしまって、バラバラの金利と借入先に返済しにくくなってしまい、一本化したいと思うときがあります。

これを、おまとめローンといいますが、このおまとめローンをする際は、総量規制の対象から外れます。借金を完済するための施策が総量規制の対象外というのは、債務者にとって嬉しい限りです。現在よりも金利の安いローン会社へ移行して、心おきなく返済に集中できるというものです。

総量規制外で利用できるカードローンがある

総量規制によって借入できる金額に上限がありますが、それでもキャッシングを利用したい場合はどうしたらいいのでしょうか。本来であれば、返済に努めて借入額が総量規制に引っかからないようにするべきではありますが、早急に金策が必要な場合もあります。

以下のローンであれば、総量規制の対象外となるので、それぞれ解説していきます。

借り換えローン

総量規制の対象外となる借り換えローン、いわゆるおまとめローンです。特に複数社で借入にある多重債務者にとって、金利の安い1社に借金をまとめることができます。

おまとめローンをすることによって、返済にかかる手間も減り、高い金利から解放されることになります。債務者にとってメリットづくめのおまとめローンですが、当然デメリットもあります。

一本化したことにより、一社当たりの返済にかかる期間が延びて、完済が長期にわたってしまうと利息が莫大になってしまいます。また、おまとめローンに審査が非常に厳しいので、審査に通るかどうかがまず問題となります。

銀行系ローン

銀行のカードローンであれば、総量規制の対象ではありません。銀行には銀行法というルールがあり、総量規制という制度はあくまでも、消費者金融などは貸金業法で定められているものになります。

よって、銀行のカードローンであれば、年収の1/3以上の借入は原則可能となっています。しかし、銀行のカードローンは確かに総量規制の制限はなく、消費者金融と比べて金利も安価ではありますが、その分審査はとても慎重で、全ての人が容易に借入ができるかといったら、また別の話になります。

総量規制がないキャッシングは危険

銀行などは総量規制の対象外として、消費者金融では貸金業法で総量規制は義務付けられています。なので消費者金融なのに、総量規制がない金融会社があれば、違法業者なので注意しましょう。

いわゆる闇金と呼ばれる違法業者には、違法な金利と貸付で利用者を食いものにするため、貸金業法というルールはありません。いくら総量規制で借入ができないからといって、総量規制対象外の銀行のローン審査に落ちたからといって、安易にこのような業者を利用するのはやめましょう。

総量規制でキャッシングができないならまず債務整理を

総量規制でキャッシングができない状況の場合、一番は返済に努めていくことが大事です。しかし、それでもそうしても返済の目途が立たなかったりした場合には、債務整理という選択肢もあります。

債務整理は様々な方法があり、借金総額や借金に至った原因などを鑑みて、より効果的な方法を取るようにしましょう。中には、借金がゼロになる自己破産という選択肢もありますが、もちろんデメリットもあるので、目先だけではなく将来的なことも考えて、慎重に選んでいきたいですね。