FXで借金を作らないために!レバレッジ25倍のリスクを解説

1000万円

株式投資などに比べると、比較的手軽に始められるのがfxです。fxで大儲けしている人を見ると、自分も始めてみようという気持ちになりますよね。

でも、fxは必ず儲けられるというものではありません。利益を得ることもありますが、失敗するといつの間にか多額の借金を抱えていた…なんていうこともよくあります。

そこで今回の記事では、fxで借金を作らないために、利益が大きいと言われるレバレッジ25倍のリスクや実際にレバレッジ25倍で借金をしてしまうケースを紹介します。

レバレッジ25倍は手が出しづらい?

fxは少額の資金で始められることもあり、人気の投資法になってきています。恐らく、多くの人はfxがレバレッジという仕組みによって利益が大きい取引が行えるものと認識しているでしょう。

もちろん、その認識が100%間違っているわけではありません。レバレッジ25倍を利用すると、単純に考えても通常よりも25倍の利益が見込めるからです。

でも、ここで考えなければならないのは損失の部分ですね。レバレッジ25倍は、利益がある時には魅力的なものですが、失敗すると大きな損失を抱えるため、初心者には手が出しにくいものと言えるでしょう。

そもそもFXのレバレッジとは

fxを使いこなしている人には、レバレッジは常識として把握していると思います。ただ、中にはfxを始めようと思っている人もいるので、まずはレバレッジについて解説します。

レバレッジは英語のleverageを日本語にしたもので、てこの力を意味しています。そこから転じて、fxのレバレッジとは、元の掛け金に倍率を用いて利益率を高めることを言います。そのため、fxでは少ない資金であっても高額の取引ができるのです。

日本でのfx取引における最大レバレッジは、25倍となっています。25倍のレバレッジでは高額な取引が可能ですが、逆に言えばレバレッジがあることでfxでは借金を抱えてしまう可能性があるということになります。

レバレッジ25倍のリスクとリターン

お金借りる

fxのレバレッジについて知識を深めたところで、レバレッジが実際のfx取引でどのように作用してくるのかを見てみましょう。25倍のレバレッジでのfx取引における、リスクとリターンを紹介します。

リスク

まずは、fxのレバレッジ25倍で米ドル取引を行ったときのリスクから解説します。1ドルが100円のときに証拠金(fx取引に必要な資金)を10万円持ち、fx取引を始めたとします。

この場合に25倍のレバレッジを利用すると、預けたお金が10万円であっても250万円の取引ができることになります。米ドルで考えると、10万円で1000ドル分、250万円で2万5千ドルが持てるということです。

ここで、米ドルの価値が下がり1ドルが95円になったとしたら、どのくらいの損失が出るのかを考えましょう。

レバレッジ1倍であれば、1000ドル分の価値がそれぞれ5円下がるのですから、日本円に換算すると5000円の損失です。25倍のレバレッジであれば、12万5千円の損失になってしまいます。

リターン

では、次はfxのレバレッジ25倍で米ドル取引を行ったときのリターンを解説します。同じように1ドルが100円のときに証拠金10万円を持ち、fxを始めたとします。

ここで、米ドルの価値が上がり1ドルが105円になったら、どのくらいのリターンがあるのでしょうか。

レバレッジ1倍であれば、1000ドル分の価値がそれぞれ5円上がるのですから、日本円に換算すると5000円のリターンです。でも、25倍のレバレッジを利用すると、12万5千円の利益になるのです。

レバレッジ25倍で失敗して借金になるパターン

fxの取引でレバレッジ25倍を利用すると、損失が大きいことがわかりましたね。でも、気を付けていれば大きな借金は防げるはずです。ここでは、fxのレバレッジ25倍で失敗して借金になるパターンを紹介します。

急な相場変動でロスカットが間に合わなかった

fxには、ロスカットというルールがあります。ロスカットとは、一定の損失を超えたときに強制的に取引を終了させるものです。fxでは25倍というレバレッジが利用できるため、損失を必要以上に大きくしないためにロスカットというルールが用意されています。

ただ、自動でそのルールが適用できるように設定してはいても、急な相場変動が起こったときはロスカットが間に合わないこともあります。

レートは常に変動しているため、自動決済が間に合わなければ証拠金を大きく上回ってから決済されます。そのためレバレッジ25倍を利用していると、大きな損失が出て借金になる可能性もあるのです。

損切できずさらに投資してしまう

fxでは利益を得ることもありますが、損失が出ることがあります。だからこそ、25倍のレバレッジを利用したfxでは、これ以上損失が拡大する可能性がある場合は損切りするのが鉄則なのです。

とは言え、誰でもできるだけ損失は出したくないですよね。fx取引でよくありがちなのが、損失を出してしまったら出た損失を取り戻そうと、さらに投資をしてしまうことです。

でも、その繰り返しでお金を掛け続けてしまうと、レバレッジ25倍を利用しているfxの取引では更なる損失を出してしまい借金を作ることになってしまいます。

FXで借金を作らないためには?

レバレッジ25倍を利用してfx取引を行うと、場合によっては借金をしてしまうこともあります。では、どうすればfxで借金を作らずに済むのでしょうか。具体的には、下記のような点に注意すれば、借金のリスクを回避することができます。

  • レバレッジを低く設定する
  • 損切りを徹底する
  • 土日をまたぐ取引は行わない
  • 注文方法を考える
  • 資金管理を徹底する

レバレッジ25倍のfxの取引では、損失がかなり大きくなってしまいます。借金のリスクを避けるためには、レバレッジを低く設定するのが一番の方法です。

また、土日はfxの取引が基本的には行われていないため、決済をすることもできません。万が一、土日の間レートに大きな動きが出ても決済を行うことができず、大きな損失になる可能性もあります。

さらに、借金を作らない方法として、1ドルが何円の時に買い注文や売り注文を行うか指示を出す逆指値注文をしておくと、損失を最小に抑えることができます。そして、当然のことですが、自分の資金管理は徹底的に管理しながら取引を行うのが、fxでの借金を回避することに繋がります。

FXのレバレッジを理解してリスクが少ない取引を

fxで借金を作らないために、レバレッジ25倍にはどのようなリスクがあるのかを解説しました。fxで大きな利益を得たいと願う人にとって、レバレッジ25倍というのはかなり魅力的なものです。

でも、fxでレバレッジ25倍を利用した取引は、メリットばかりではありません。リターンが大きい分、損失のリスクも大きいことをしっかり把握しておかなければ、すぐに借金が膨らんでしまうものです。

目先の利益だけにとらわれて知識がないまま、fx取引を行ってしまうと想像以上の借金を抱えてしまうかもしれません。fxのレバレッジを理解して、借金を回避するためにリスクが少ない取引を行うようにしましょう。