消費者金融の借金借主が死亡したらどうなるの?【プロミス・アイフルなど!】

故人が消費者金融で借金を作っていた、これは相続人が返済しなければいけないのでしょうか。

返済の有無は相続する人の選択によって変わってきます。

財産を相続すれば借金も付いてきます、財産を放棄すれば借金の返済義務はなくなります。

今回は、消費者金融で借金をした人が亡くなった場合のその後の借金の処遇について、詳しく解説していきたいと思います。

Table of Contents

プロミス、アイフルの様な消費者金融からの借金は借主が死亡した場合は遺族に相続される

連帯保証人消費者金融で借金をしている人が亡くなってしまった場合、その借金は亡くなった人の遺族に相続されるのでしょうか。

この場合、連帯保証人でもない限り、その借入の契約は失効することになります。

基本的に消費者金融で借入をする際は、連帯保証人などを不要としているところが多いです。

なので、基本的には亡くなった人の借金は、誰も引き継ぐことはなく、契約者が死亡した時点でその借金の返済義務は消滅することになります。

借主が死亡した場合プロミス、アイフルの様な消費者金融からの借金は相続放棄できる

基本的に契約者が亡くなれば、その借金の返済義務は発生しないのですが、遺族が相続放棄をしなければ、借金の返済義務が復活することがあります。

相続においては、貯蓄や不動産などのプラスの財産、借金などのマイナスの財産、これらを鑑みて、マイナスになるようであれば、すぐに相続放棄を選択しましょう。

消費者金融の借金もこのマイナスの借金に当たるので、相続放棄することで、返済義務の復活を防げます。

仮に、プラスになるようであれば、放棄せずに相続しますが、その場合はもちろん消費者金融の借金も背負うことになるので、注意が必要です。

借主が死亡した場合プロミス、アイフルの様な消費者金融からの借金に対して取れる行動

消費者金融などで借金をしていた人が亡くなった場合、どのような行動を取るのが正解なのか。

全ての権利を放棄する相続放棄、全ての権利を相続する単純承認、財産を守りながら借金を相続する限定承認があります。

それぞれについて、解説していきます。

プロミス、アイフルの様な消費者金融からの借金も財産も全て放棄する相続放棄

相続放棄は、消費者金融からの借金を全て放棄することができます。

しかし、同時にプラスである財産も手放さなければならないことになります。

仮に、相続放棄を選択したのに、プラスの財産を使ってしまうと、借入先から訴えられてしまうことがあります。

相続放棄をする場合は、プラスの財産もマイナスの財産も全て手放さなければならないことを頭に入れておきましょう。

プロミス、アイフルの様な消費者金融からの借金も財産も全て相続する単純承認

単純承認とは、プラスの財産もマイナスの財産も全て受け入れるということになります。

一般的に一番多い相続方法となり、基本的にはマイナスの財産よりもプラスの財産のほうが多い場合に選択されるものです。

でなければ、相続した人は負債を相続することになり、メリットがないからです。

仮に、単純承認の後に、マイナスの財産が見つかれば、当然その負債も引き継がなければならないので、注意しましょう。

財産で返せる分だけプロミス、アイフルの様な消費者金融からの借金も相続する限定承認

限定承認という方法は、プラスの財産よりもマイナスの財産の方が多い場合に選択される方法になります。

でもそれでは相続した人にメリットがないように思えますが、限定承認では、マイナスの財産の返済はプラスの財産の範囲で抑えることができるのです。

よって、亡くなった人の借金を相続しながら、財産も相続することができます。

プラスの財産を超えるマイナスの負債は返済する必要がないので、相続する人にとっても、メリットがないということにはならないようになっています。

借主が死亡した場合のアイフル、プロミスなどの消費者金融からの借金に関する注意点

悩む

消費者金融などで借金を抱えている人が亡くなった場合の注意点はいくつかあります。

簡単に言えば、相続する人の都合の良い解釈はできないということになります。

以下について、詳しく解説していきます。

借主が死亡した場合財産は相続するが消費者金融からの借金だけ放棄、という事は不可能

被相続人が亡くなった場合、プラスの財産は相続するが、消費者金融などの借金など、マイナスの財産は放棄するということはできません。

プラスもマイナスも関係なく、相続するか、放棄するか、という選択しかないのです。

なので、この場合ポイントとなるのが、財産と負債の差異です。

プラスのほうが多いのであれば相続、マイナスのほうが多いのであれば放棄、そうすると相続人にデメリットが生じることはないでしょう。

借主が死亡した場合消費者金融の借金を相続放棄すると自分が受取人の生命保険も受け取れなくなる

相続人は、消費者金融の借金などマイナスの財産を相続放棄することで、同時にプラスの財産も受け取ることができなくなります。

よって仮に被相続人の生命保険の受取人であったとしても、その生命保険の受け取りはできません。

それはプラスの財産に当たるので、仮に受け取ってしまうと、借入先から相続放棄の無効を主張される可能性があります。

相続する際は、プラスとマイナスの財産の計算をしておくことが重要になります。

借主が死亡した場合に消費者金融の借金を相続放棄する前に過払い金請求ができないか確認する

借金には過払い金の可能性があるので、相続する前に一度確認しておくことが重要なことになります。

仮に過払い金請求ができるのであれば、その消費者金融からの借金の負債はプラスに転じることになります。

そうなると、プラスの財産も鑑みる必要はありますが、相続放棄する必要がないかもしれません。

簡単にプラスの財産よりも、消費者金融などの借金であるマイナスの財産が多いので、相続放棄するという選択を取ると後悔することになります。

借主が死亡した場合に消費者金融の借金を限定承認するには相続人全ての同意が必要

相続には、限定承認という相続方法があるので、プラスの財産を活かしつつ、マイナスの財産を解決することもできます。

その場合、プラスの財産を上回るマイナスの財産の返済義務がないので、マイナスになることはありません。

しかし、限定承認は相続人が複数いる場合は、そのすべての人の認知が必要になります。

誰か一人の相続人の一任で決めることはできないので、その点は注意したいところです。

借主が死亡したとき消費者金融の借金をどうするかの判断基準

被相続人が亡くなった場合、プラスの財産はある程度判明できるとして、消費者金融などの借金であるマイナスの財産について、どのように調べるのか。

ある程度調べることはできるが、あとは被相続人を信じるしかないのが現状です。

以下について、解説していきます。

個人信用情報機関に借主の情報を開示請求する

被相続人の借金の状況を調べるのであれば、個人情報機関に情報の開示を求めるのが一番かと思います。

しかし、この個人情報機関は、被相続人が死亡した場合はデータ削除されることあるので、必ずしも有効な手段とは言えません。

また、一部削除されていることもあるので、開示されたデータが全てというわけでもないのです。

ですが、開示の情報である程度の情報は把握できるかと思うので、完璧な情報を求めなければ十分かと思います。

借主の性格で単純承認か限定承認か相続放棄かを決める

被相続人の借金情報は明確にわかるものではないので、相続の際はある程度、被相続人の性格などを考慮して決める必要があります。

もちろん、プラスの財産がある前提ですが、被相続人が信頼できる人であれば、判明している借金の額次第で、単純承認して財産も相続するのが無難かと思います。

逆に被相続人が金銭面で困っていた過去があり、見えない借金があると判断した場合は、相続放棄を選択するということもあるかと思います。

どちらにも振れないのであれば、限定承認を選択すれば、いくらマイナスの財産が判明しようとも、プラスの財産の範囲内での返済となるので、大けがはしません。

借主が死亡した場合、消費者金融は単純承認した人に借金返済を求める

消費者金融は、契約者が死亡した場合は、その契約者の相続人が単純承認をした場合に、被相続人の借金の返済を求めます。

これが相続放棄であれば、消費者金融と被相続人との契約は失効するので、返済の義務はありません。

なので、必ずしも亡くなった人の借金の返済を、しなければいけないということではないので、安心してください。

もちろん、単純承認する場合は、借金の返済の義務が発生するので、覚悟するようにしましょう。

死亡した家族にアイフルプロミスなど消費者金融からの借金が発覚しても冷静に対処しよう

亡くなった被相続人に消費者金融などからの借金があったとしても、基本的には借金を肩代わりする義務はありません。

返済義務が発生するのは、あくまでも被相続人の財産を相続、つまり単純承認または限定承認した場合に限ります。

消費者金融からの借金を含めたマイナスの財産が多ければ、迷わず相続放棄してしまいましょう。

相続の際は、プラスの財産とマイナスの財産をしっかりと調べた上で、相続する人にとって損のない方法を取るようにしましょう。

▼借金を子供が相続放棄したらその孫が相続人になるの?▼
借金を返せそうにない借金を子供が相続放棄したらその孫が相続人になるの?