リボ払いで返している借金がなかなか減らない!【リボをわかりやすく解説!】

利息は増える

キャッシングなどでお金を借りた際、その返済には様々な方法があります。その中でもリボ払いという返済方法は、利用額に関係なく毎月一定の金額を返済していくことから、利用しやすい返済方法といえます。

ですが、リボ払いでは、借金が中々減らないとの話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、そんなリボ払いについて、詳しく解説していきたいと思います。

リボ払いは一歩間違えると減らない借金を延々と返すはめになる危険性あり

借り入れをしたお金を返済する際、返済方法にはいくつか種類があります。一括払いであればその名の通り借入額を1回で支払い、分割払いであれば指定した回数に分けて返済を行います。

ではリボ払いはどうかと言うと、リボ払いは借入額に関わらず、あらかじめ一回の返済額を固定します。そのためどんなに借入をしても、一回の返済額は決まっているので、返済額が少額であると借金自体の返済が中々減らないという事態になり得るのです。

つまり少しの元金と利息を払い続けているようなことになり、場合によっては半永久的に返済していかなければならなくなります。

借金の返済方法であるリボ払いの仕組みとは

リボ払いは、正式名称では、リボルビング払いといいます。リボ払いの仕組みは前述の通り、借入した金額に関わらず一回の返済額が固定されているというところです。

そのため、返済においては、毎月返済額の変動がなく、支出の管理がしやすいという部分が大きなメリットになります。しかし、その分返済にかかる期間が長期に及ぶこともあるので、利息による借金の増大が懸念されます。

このリボ払いは、クレジットカードなど発行する際には、基本設定とされていることが多く、リボ払いに抵抗のある人はすぐに変更しましょう。それはなぜなのかと言うと、リボ払いは他の返済方法と比べても、返済が長期化し易い分発生する利息が大きいので、カード会社からするとおいしいという部分にあります。

リボ払いで借金を返すとなかなか減らない理由となる要素

任意整理

毎月一定の返済額に固定されているので、支出の管理がしやすいというメリットがある反面、そのデメリットが大きく注目されています。返済が長期になりがち、金利が大きくなりがち、このような観点により、メリットが薄れている傾向にあります。

以下について、それぞれ解説していきます。

設定している月々の返済額が少ない

リボ払いは、返済する金額を毎月一定の金額で固定するという方法になります。そのため、固定した金額が少ないと、それだけ返済にかかる期間が延びます。

また、期間が延びるということは、かかる金利も必然と大きくなるのです。場合によっては、毎月利息分だけの支払いしか、していないような状況も充分にあり得ます。

リボ払いの手数料は日割りで発生する

リボ払いは、毎月一定の金額を固定しており、それが返済額となりますが、あくまでもそれは元金だけの話になります。実際にはそれに金利手数料をプラスした金額を毎月支払うことになるのです。

その際の金利手数料は日割りで計算されますので、いつ支払うことになろうが必ず金利手数料は付いてきます。

リボ払いを使うごとに手数料と残りの返済回数が再計算される

リボ払いはその性質上、毎月返済が終わるごとに、金利手数料と返済回数が再計算されます。そのため、返済の都度、返済額における元金の割合が少ない場合があり、中々借金が減らないということになります。

このことから、返済にかかる期間も非常に重要な役割を担っていくのです。

リボ払いは返済の負担を実感しにくく、危機意識が低くなりがち

リボ払いによる返済では毎月一定の金額の返済になっているため、実際にどれくらいの借金があるのかという意識が薄くなっていきます。

また、毎月しっかり返済しているという事実から、リボ払いにおける金利の高さや借金の減り方に対してあまり危機感を持たなくなってしまう傾向があります。そうなってしまうと、リボ払いの地獄から抜け出すことは容易ではなくなっていくのです。

リボ払いは現状把握をしにくく、ついつい使い過ぎてしまう?

リボ払いにより、全体の借金の状況把握が難しく、新規の借入のハードルが低くなってしまうということもあります。そのため、ついつい借りすぎてしまうということも、珍しくありません。

ただでさえ、リボ払いは元金の減りが遅く、期間も長期に渡る傾向があるのに、新規の借入を行ってしまっては、より完済は夢の話になってしまいます。

リボ払いしていて減らない借金を一括で返すのは可能なのか

リボ払いが、極めて借金の返済方法としては、危険であることはわかりました。ではリボ払いである状態から、一括払いに変更することは可能なのでしょうか。

基本的に全てのカード会社において、リボ払いから一括払いへの返済方法の変更は可能です。一括払いにしてもリボ払いでの元金の差異はありませんが、かかる期間とこれに付随する金利を考えれば、一括払いの方が圧倒的にお得になります。

リボ払いは毎月の生活に余裕を持たす返済方法であり、借金の完済を目指す上では不向きでしかありません。かかる期間から金利手数料などを計算すれば一目瞭然、お金の面でいえるメリットは何もありません。

リボ払いしていて減らない借金の一括返済が厳しいときはどうしたら良い?

リボ払いは、完済が長期になるし、かかる金利が高いから止めたい、という人は多いと思います。しかし、リボ払いから一括払いにしても、実際問題返済できないという場合であれば、どうすればよいでしょう。おまとめローンなどを利用して、借り替えを考える人もいるかもしれませんが、実際おまとめローンもリボ払いほどではないにしろ、期間は長期になります。

ではどうすれば良いのかと言うと、この場合ですと債務整理を利用するのが最良かと思います。借金の金額によって、任意整理による利息カット、個人再生による借金の大幅な減額、自己破産による借金ゼロ、このように様々な方法があります。まずは、専門家の無料相談を受けてみてはいかがでしょうか。

分割払いはリボ払いと違い借金が減らない事態には陥らない

返済方法の中で、最も安全なのはもちろん一括払いで、手数料なども発生しません。次は分割払いで、カード会社によって異なりますが、2回までであれば分割手数料は発生しません。

返済方法を選ぶのであれば、この2つから選びたいですね。中でも高額な買い物をした場合は、一括払いでは厳しいので、分割払いという選択が賢明でしょう。分割払いはリボ払いと同じように複数回に返済を分ける分割払いですが、リボ払いと違う部分は、きちんと借金が減る部分にあります。

リボ払いでは、元金に関係なく一定の金額が返済額となりますが、分割払いは、元金に対して指定の回数で分割して計算されます。このような部分から、リボ払いは借金が中々減らないと言われており、高額の買い物をして一括払いが厳しいのであれば、迷わず分割払いを選択しましょう。

リボ払いは便利だが、借金が減らない事態にならない様に返済額は適正に設定しよう

このように、デメリットばかりに目が行くリボ払いですが、やはり大きな魅力は、元金に関係なく毎月一定の金額を返済額とできる部分にあります。これによって、毎月のお金の負担が軽減できることになります。

また、繰り上げ返済ができるので、まとまった金策ができればすぐにでも完済ができるので、だらだらと長期にかけて返済する必要はありません。なのでリボ払いは、ある程度自分の中で、お金の管理ができなければ、たちまち金利地獄、借金地獄となるので、注意しましょう。