借金を一本化したい!おまとめローンって総量規制の対象外って本当?

FX

複数社から借金があって、毎月の返済が大変、辛いという人には、おまとめローンがおすすめです。借入先を一つにすることで返済の煩わしさを解消し、場合によっては金利が大幅に減ります。おまとめローンは、借金の救済処置という形で作られているため、総量規制の対象からは外れています。

今回は、借金の返済が楽になる、おまとめローンについて、詳しく解説していきたいと思います。

借金を一本化できるおまとめローンは総量規制の対象外になっている

お金借金においては、複数社から借入を行っているいわゆる多重債務者は金利などの面から、どうしてもその借金の返済がうまくいかない傾向にあります。なので、まずは金利を抑えることが解決方法に挙げられます。金利を抑えるために、金利の低い会社で借入を行い借金を一本化するおまとめローンというものがあります。

本来総量規制という制度があるので、上限いっぱいに借入をしていた場合は、通常融資を受けることはできません。しかしおまとめローンであれば、総量規制の対象外となるので、上限いっぱいに借入をしていても、融資可能となります。

借金の一本化でおまとめローンが総量規制の対象外となる理由は?

おまとめローンが総量規制の対象外となるのは、顧客にとって有利であるからです。まず総量規制という制度の主な役割は、返済不能となるまでの借金を作らせないという部分にあります。

なので年収の1/3以上の融資は受けられないというのは、そこからきているのです。しかし、おまとめローンによる借入は、単純に借金というわけではなく、借金の一時的な返済のであり、救済であるので、総量規制の対象とはならないということです。

総量規制の対象外で借金を一本化できるおまとめローンの限度額はいくらなのか

おまとめローンが総量規制の対象外であることがわかりましたが、実際どこの業者を利用するべきなのでしょうか。大きく分けてみると、銀行と消費者金融になりますが、それぞれどのような特徴を持っているのか気になります。

以下について、それぞれ解説していきます。

消費者金融のおまとめローン

実際におまとめローンをするとしても、審査に通らなければ始まりません。そこでおすすめなのが、消費者金融のおまとめローンで、なんといっても審査に通りやすいという利点があります。しかしその分金利設定が高いので、おまとめローンを利用するとしても、あまりその恩恵を受けづらいというデメリットもあります。

銀行系カードローンのおまとめローン

消費者金融と比較すると、審査においてはシビアですが、金利はかなり低く設定されています。この低金利という部分は、おまとめローンを利用する上では、非常に強い材料となります。

なのでおまとめローンを利用するのであれば、できれば銀行を利用したいところですね。

借金の一本化の際おすすめのおまとめローン

50万円まで

おまとめローンを提供している業者は、たくさん存在しますが、実際に利用者に大きなメリットがなければなりません。そこで代表的な業者のおまとめローンについて、いつくか抜粋しました。

オリックス銀行のカードローン

おまとめローンを利用するならやはり銀行、さらにこのオリックス銀行は、おまとめローンに非常に評判があります。一般的な銀行よりも金利は高めの設定ですが、利用金額によって、その金利は変わってきます。

なので、あまり少額の場合であると、金利が高くなりがちなので、そこそこの金額である場合に、その効力を大きく発揮します。

プロミスのおまとめローン

プロミスのおまとめローンは、他の大手消費者金融よりも下限の金利設定が低いのが特徴です。下限金利が低いということは、借り入れ金額が上がるほどより金利が低くなるということです。

なので、プロミスは銀行の審査に落ちた場合などに、優先して利用したい業者です。

アイフルのおまとめMAX

プロミスは大手消費者金融の中でも下限金利が優秀でしたが、アイフルは上限金利が一番低い設定になっています。なので借入額が少額になればなるほど、他社との比較において、その恩恵が大きくなるということになります。

もちろん銀行に敵う金利ではないですが、消費者金融の中でいえば、金利においては優先順位が高い業者です。

アコムの借り換え専用ローン

大手消費者金融の中でも、プロミスやアイフルにような、金利における特徴はありません。しかし、アコムは審査時間から融資までの期間がかなり早く、スピードを求める人にはかなりおいしいです。

裏を返せば、スピードを求めない人には、金利も高いので、メリットはあまりないことになります。

おまとめローンで一本化した後の借り入れ残高は総量規制の対象

何度も言いますが、おまとめローンは、借金返済における救済となるので、総量規制の対象からは外れます。しかし、おまとめローンで借金を一本化した後の借入残高については、総量規制の対象となります。

なので、おまとめローンを利用した後は、追加融資することはできないので、その点は注意が必要です。またそういった部分は、借金の一本化をする前に、きちんと確認しておきたいことになります。

借金の一本化で総量規制の対象外のおまとめローンの審査に落ちる理由

借金の返済に困っている場合に、おまとめローンは借金の解決において、前向きにさせてくれます。しかし全ての人が、銀行や消費者金融のおまとめローンを利用できるわけではなく、審査に通らなければいけません。

他社からの借金額が多い

借金の金額あまりにも多いと、審査に通らない可能性が高いです。なぜなら、借金が多額であると、それだけ回収不能のリスクがあると考えられます。

なので、この場合はおまとめローンではなく、債務整理を検討するようにします。

借金を早く一本化したくて多重申し込みをしている

どうしても、借金の一本化をしたくて焦ってしまい、結果複数の業者に申し込みをしてしまった場合も、審査落ちする可能性があります。おまとめローンの申し込み情報も、信用情報に登録されるので、全ての業者にその情報が共有されていることになります。

余裕のない行動は、各業者に悪い印象を与えてしまうので、多重申し込みはやめるようにしたほうが良いでしょう。

多数の業者から借金している

借金の借入件数が多いと、審査に通らない可能性が高いです。特に5社以上からの借入であれば、ほぼ通らないと言っても良いです。この場合は、債務整理など他の解決方法を模索していくほかありません。

借金一本化には総量規制の対象外のおまとめローンを利用しよう

一社からの借金であれば、全力で返済に努めていけばよいが、それが複数社からであれば、かかる金利も異なるし、返済しづらいという面があります。そういった場合には、総量規制の対象外である、おまとめローンという方法が最良といえます。

複数社の借金を一本化することで、金利を低く抑えることができ、今までは複数の返済方法を取っていたという煩わしさから解放されます。しかしあくまでも、借り換えなので、借金自体はなくなるわけではありませんし、今後も借金を返済していける人のための方法です。返済する能力がないのであれば、早急に債務整理を検討してください。