借金を一本化したい!やり方ってどうするの?メリットとデメリットは?

何か

借金の一本化のやり方自体は簡単ですが、返済が苦しいからといって飛びつくのは考えものです。借金の一本化にはメリットがある反面で、デメリットもあるもの。損をしないかどうか、慎重に見極めましょう。

この記事では借金の一本化のメリット・デメリットを紹介しながら、やり方や業者選びのポイントについても解説していきます。

借金の一本化にはメリットとデメリット、どちらもある

借金が返済しきれない時の対処法として、借金の一本化をする人が増えています。複数の借り入れ先に分かれているものを1つの金融機関の借金にまとめてしまえば、その後の返済が楽になりますよ。

ただし借金の一本化は良いことばかりではありません。借金トラブルの対処法には「債務整理」もあるため、借金の一本化のメリット・デメリットを比較検討して、自分にあったものを選ぶことが大事ですよ。

借金を一本化するときのやり方

借金を一本化するやり方で一番簡単なのは、銀行や消費者金融の「おまとめローン」を利用することです。できるだけ低金利の金融機関を選んで審査を受け、貸付けをしてもらいましょう。

そのお金でそれぞれの金融機関に分かれていた借金を完済し、あとはおまとめローンを毎月返済していけばOK。ただしおまとめローンをしても、滞納しては元も子もありません。確実な返済計画を立てて一本化をすることが大事ですよ。

借金を一本化するメリット

メリット

少しだけお金が足りない時に手近なカード会社や消費者金融から細々とお金を借りてしまい、多重債務に陥ることは良くあること。借金の一本化には、次のようなメリットがあります。

借金を一本化することで、金利が安くなる

借金を一本化する最大のメリットは、金利の負担を減らせることです。多重債務の怖いところは、借りたお金が少額でも数社に分かれることで高金利状態になり、返済額が大きくなってしまうこと。

銀行などのおまとめローンは借り換えを目的に作られているため、比較的金利設定が低めです。より金利が低いおまとめローンを選べば利息分が減り、毎月の返済が楽になりますよ。

借金を一本化することで、借入先ごとの返済日に追われなくて済む

金融機関の返済日は、会社ごとに違います。いくつもの会社から借金をしていると雑多になって入金を忘れてしまったり、忙しくて振り込めなかったりと、滞納するリスクが高いもの。

日々返済に追われていて気が休まらないのですが、借金を一本化すれば返済日は毎月1回だけで済みます。返済計画も1本で済むため、借金返済中の心理的な負担が軽くなります。

借金を一本化するデメリット

デメリット

借金の一本化はメリットが高い反面で、デメリットもあります。

多重債務を改善する際に注意すべき点について、詳しく解説していきましょう。

借金を一本化することで、債務元本の総額は増加する

「借金の返済が楽になる」と聞くと、借金が減ると誤解する人は多いのですが、借金の一本化は借金を減らすものではありません。

いくつかの借金を利息ごとまとめるため、むしろ債務元本の総額は増加します。

金利が低ければトータルな返済額が減って、毎月の返済が楽になるというのが借金一本化の目的。

場合によっては元本増加によって利息が増え、返済額が大きくなることもあるので注意しましょう。

借金を一本化しても決して帳消しにはならない

借金の一本化でいくつかの会社にまたがった借金を完済できても、新たな借金が生じまず。

借入額が大きくなるぶん返済期間が長引くため、いつまで経っても借金から解放されないという心理的な負担があるのは否めません。

生活を楽にするために、毎月の返済額を低く設定し過ぎるのも考えものです。

金利は返済期間中ずっと発生するため、トータルの返済額が膨れ上がり、長い目で見て損をすることも多いです。

借金を一本化することで、返済履歴は分かりにくくなってしまうことも

私達が借金をすると、借入額や返済の経過が全て信用情報機関に登録されます。

個人情報は次回借り入れを行う際の審査に影響を与える、大事なもの。借金を一本化すると、この返済履歴の詳細がわかりにくくなってしまいます。

どの会社にどれぐらいの金額を返済したかが後から確認できるよう、一本化をする前に履歴を取って保存しておくことをおすすめします。

借金を一本化する際の審査は厳しく、通らない場合もある

おまとめローンは便利ですが、誰でも簡単に利用できるというわけではありません。

一般的に借金の一本化は借入額が大きいため、審査はより厳しくなります。

特に安定感のある銀行のおまとめローンや、金利が低い人気商品ほど審査が厳しくなりがち。申し込んでも審査に通らないケースも多いです。

頻繁に申し込みと審査落ちを繰り返していると信用情報に傷がつき、より一本化が難しくなるリスクもあります。

借金一本化すると、返済までは追加の借り入れは不可能になる

一本化をすると返済の詳細は分かりにくくなりますが、多重債務や一本化の記録が信用情報機関に登録されます。

要は、「返済に困っていた」という評価がついてしまうということ。

借金の一本化をすると、おまとめローンを完済するまで新規の借り入れができなくなります。

おまとめローンの返済期間は長く、車や住宅購入などのローンも組めなくなることで、生活がしにくくなるケースも散見されます。

借金一本化に対応している業者はどこなのか

借金の一本化は全国の銀行や消費者金融でできるので、金利や限度額にも注目して、無理なく一本化ができる業者を選びましょう。

一般的に銀行の方が審査は厳しい傾向があるため、申し込みの条件なども確認しておくと安心です。

意外と狙い目なのは地方銀行。利子収入を増やすために低金利な商品が多く、比較的審査も厳しくありません。

ネットバンクはWeb上で申し込みができ、融資も早いので、仕事で忙しい人におすすめです。

借金一本化における審査で重視されることは?

借金の一本化をする際の審査で重視されるのは、次の4つのポイントです

  • いままでの返済履歴
  • 勤続年数
  • 現在の借金額
  • 多重申込みの有無

中でも最も重視されるのは、返済履歴です。期日を守らずに滞納を繰り返していると、審査通過が難しくなります。

勤続年数は長いほど審査では有利ですが、年収の3分の1以上の借金がある場合や、繰り返しておまとめローンの申し込みをしていると審査は厳しいかもしれません。

借金一本化はやり方自体は難しくないが、審査に通るかは自分の信用情報次第

借金の一本化はメリットもデメリットもあるため、自分にあっているかを慎重に見極めることが大事ですよ。

やり方自体は簡単でも、審査に通らなければ一本化はできません。

審査に通るか通らないかは自分の信用次第なので、無理な申し込みは厳禁。審査が取りやすく、メリットの大きいおまとめローンを選びましょう。