他人名義でキャッシングは不可能?考えられるリスクを徹底解説!

急に現金が必要になったときに重宝するのが、キャッシングですよね。すぐに返せるのであれば、利子も気にならないものです。

もちろんキャッシングは自分名義でするものですが、それが仮に他人名義のものであった場合はどうなのでしょう。そもそも他人名義でのキャッシングは可能なのでしょうか。

この記事では他人名義でのキャッシングは可能なのか、またその場合の付随したリスクについて、詳しく解説していきたいと思います。

キャッシングを他人名義で借りることは可能?

キャッシングをする際には、もちろん本人が利用するのは当たり前です。仮に他人名義のカードでキャッシングをした場合は、犯罪行為となり罰則があります。

まずキャッシングそのものについて触れ、その上で他人名義で借りた場合の流れについて、詳しく解説していきます。

キャッシングとは?

キャッシングカードを使って、ATMなどで現金を引き出す行為です。このキャッシングカードの発行は、カード会社が利用者の個人情報を審査した上で、キャッシングを許可しているものになります。

ATMで引き出した現金は、カード会社の決めた期日までに、金利と合わせて返済しなければいけない、いわば借金です。クレジットカードにキャッシング枠があれば、クレジットカードでもキャッシングは可能です。

キャッシングを他人名義で無断で借りたらどうなる?

まず、キャッシングというものは、カード会社に審査を通して返済能力に問題がないと判断されて、初めて利用できるものです。そのため、他人名義で無断で借りるということになると、カード会社からしても、契約者からしても、非常に迷惑な話になります。

結論として、犯罪行為になり、罪は詐欺罪に当たります。このため、他人名義で、しかも無断でキャッシングを利用することは、かなりのリスクとなるので、絶対やめましょう

キャッシングを契約者の同意の上に借りたらどうなる?

では契約者に無断ではなく、同意の上でキャッシングした場合はどうでしょうか。この場合も、カード会社からすれば、契約者本人がキャッシングしているわけではないので、詐欺罪に当たります。

下手すると、同意した契約者本人も、罪に問われることになります。他人名義でキャッシングをすることも、それを認めることも止めましょう。

キャッシングを他人名義で借りることは法律違反

他人名義でキャッシングを利用することは法律違反であり、詐欺罪です。これは契約者本人に無断であろうが、許可をもらおうが変わりません。

むしろ、許可した場合は許可した契約者も、犯罪行為で詐欺罪に当たる可能性があります。カード会社も、契約者と契約をしてキャッシングの許可をしているにも関わらず、全然知らない人がキャッシングしているのですから、たまったものではないです。

それに、このような行為をしてしまうとカード会社と契約者との信頼関係も終わりです。無断だった場合はかなり悪質と判断されるでしょう。

キャッシングをそもそも他人名義で申し込むことはできるの?

キャッシングを利用する際には、汚れのない個人情報と安定した収入などが必須となりますが、そもそも他人名義で申し込みはできるのでしょうか。

キャッシング利用のためのポイントを、いくつか紹介しながら解説していきます。

本人確認書類

キャッシングも申し込みをする際に必ず必要となる本人確認書類ですが、他人名義での場合は申込者と本人確認書類の顔写真との乖離が発生します。そのため、他人名義でキャッシングを申し込むことはかなり難しいようです。

しかし、契約者が認知をしている場合は、住所の記載された領収書などの用意が可能になるので、一概にも絶対できないというわけではなさそうです。

在籍確認

仮に申し込みをパスしても、在籍確認という関門があります。これは契約者の勤務先に実際に在籍があるのかを確認する作業ですが、契約者が認知していない場合は、正直バレる可能性はかなり高いです。契約者が認知していれば、問題なく通ってしまいます。

本当に申し込むことは可能?

本人確認書類と在籍確認という関門がありますが、契約者が認知していれば申し込み自体は可能です。しかし契約者が認知していない場合は、かなり厳しいと思われます。

他人名義でキャッシングするリスク

裁判になる可能性

他人名義でキャッシングをするリスクはかなり高いです。また契約者が認知していない場合は、申込みに通ることすら容易ではありません。仮にそれで通ったとしても、すぐにバレることでしょう。

そこまで、他人名義でのキャッシングに固執する理由はわかりませんが、犯罪行為であることは理解しましょう。他人名義でのキャッシングは詐欺罪となり、最悪実刑もあり得ます。

そんなリスクを考えると、他人名義では無く自分名義でキャッシングした方が合法ですし確実ですよね。

【まとめ】他人名義でのキャッシングはリスクが高いので避けよう

他人名義でのキャッシングは、難易度はかなり高い上にリスクも非常に大きいものです。カード会社も、このような他人名義でのキャッシングに対して、防止策を設けているからです。

万が一申込み・審査と通った場合でも、すぐにバレてしまう可能性が高いです。また、犯罪行為に該当する行為ですから他人名義でのキャッシングは絶対やめるようにしましょう。