借金を滞納中のあなた!今後どうなるの?【取った方が良い行動をご紹介!】

借金 滞納中

借金をしたならば、期日までにきちんと返済しなければなりません。それが守れなかった場合は相応のリスクが発生してしまいます。

ではそのリスクとは具体的に何を指すのでしょうか。また、借金を滞納してしまったときは何をすべきなのでしょうか。この記事ではその疑問についてお答えいたします。

借金を滞納中の債務者には様々なリスクが発生してしまう

借金を滞納中の債務者には、様々なリスクが発生してしまいます。

借金の滞納はよくない事というのは当然ですが、では、実際にどんな問題があるのでしょうか。

一括請求やブラックリストなど、聞いたことはあるけどよくわからないような専門用語の簡単な解説もまじえ、借金の滞納をしてしまった場合の、デメリットをみていきましょう。

借金を滞納中だと最悪裁判を起こされる可能性もある

借金の滞納が長引くと、債務を不法に免れたとみなされ、刑法246条の詐欺罪にあたってしまう場合があります。

罰則は10年以下の懲役、さらに借金により得たお金も没収されてしまいます。

また未遂も罪となるため、借金を滞納してしまっただけでも罪になる可能性があります。

借金を滞納中の債務者には、債権者は返済を一括請求できる

借金を滞納してしまうと、債権者から督促が行われます。

この督促を放置して借金を滞納したままでいると、さらに、内容証明郵便にて督促状が送られてきます。

これは、借金の残りの額と、遅延したことによる損害金の一括請求の通知です。

これには、放置すると裁判を起こすという旨も記載されており、一括返済をせざるをえない状況となってしまうのです。

もちろん、滞納した借金の一括返済ができなければ、裁判沙汰となり、支払い命令の判決が出た場合には、財産を差し押さえられてしまいます。

借金を2か月を超えて滞納中だとブラックリストに登録されてしまう

また、借金の滞納が二か月を超えると、債権者の一括請求から裁判を起こされてしまう可能性があるだけでなく、事故情報として、延滞記録が金融機関のブラックリストに登録されてしまうことになります。

このブラックリストに情報が載ってしまうと、新規クレジットカードの発行ができなくなり、自動車ローンや住宅ローンなども一時的に利用ができなくなってしまうのです。

借金を滞納中だと返済のためのおまとめローンの利用も厳しくなる

複数の金融機関からの借金の借入先を1つにまとめる方法が、おまとめローンです。

借金の返済管理を簡単にすることで、うっかり滞納をしてしまうということをなくすことができるのです。

便利な方法ですが、借金を滞納中だと、返済のためのこのおまとめローンの利用も厳しくなってしまうのです。

債務整理を依頼すればその時点で滞納した借金の督促を止められる

そこで有効なのが、滞納した借金を整理すること、債務整理と呼ばれる行為です。

滞納した借金を整理することの全体を債務整理といい、その方法は複数存在します。

そして、債務整理を依頼すれば、その時点で滞納した借金の督促を止められるのです。

債務整理を行うと、債権者から行われる滞納した借金の督促を、弁護士の方が代わりに交渉してくれるようになるのです。

借金を滞納中の債務者はどんな専門家に債務整理の相談をすればいいか

では、実際に債務整理の依頼をしてみようと思った時、借金を滞納中の債務者は、どんな専門家に相談をするのがよいのでしょうか。

債務整理の専門家として、無料の減額診断や有名な法律事務所の一部をご紹介します。

無料の減額診断

ネット上には、いくつかの無料の減額診断が存在します。

東京ミネルヴァ法律事務所などの有名法律事務所が行っている無料の減額診断もあるため、ぜひ利用してみることをおすすめします。

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

初回の相談費用を無料としていて、任意整理、自己破産、過払い金返還請求など、借金関連の問題に強いため、借金を滞納している方におすすめの法律事務所です。

また、全国各地での無料相談会も実施しているため、首都圏住まいでなくても気軽に相談ができます。

アヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所

こちらも、借金関連の問題に強い、借金を滞納している方におすすめの法律事務所です。

滞納した借金を完済するまで、サポートに力を入れてくれるそうです。

また、女性専用窓口も設けられており、女性の借金滞納者さんにもおすすめです。

滞納中の借金があるならすぐにでも専門家に相談しよう

借金を滞納中の債務者には、一括請求をされたり、裁判を起こされる、ブラックリストに登録されるなどの様々なリスクが存在します。

しかし、これらのリスクには、専門家に相談するだけで解決するものもあるのです。

滞納中の借金があるならすぐにでも無料の減額診断を行うか、専門家に相談してみましょう。

▼借金を滞納しても逮捕はされない?【裁判や他のデメリットは?】▼

借金を滞納しても逮捕はされない?【裁判や他のデメリットは?】