キャッシングを上手く使う方法とは?デメリットやメリットも確認しよう!

「キャッシング」と聞くと一般的にはマイナスなイメージも強く、利用してみたくても怖さが先行して敬遠しがちですよね。しかし実はキャッシングは正しく使えばとても便利なものなのです。キャッシングを適切に利用するために必要なことを知っておくことは今後の人生で役に立つことかと思います。

本記事ではキャッシュカードの基本的知識やメリット・デメリットを整理し、上手に使う方法をご紹介いたします。

キャッシングとは?


そもそも、キャッシングについてあまりよく分からないという方もいるのではないでしょうか。あやふやな理解のままで、マイナスイメージだけが強く残ってしまっては非常に損です。

そこでここではまず最初に、キャッシングとは何かについて簡単に整理しておきましょう。

キャッシング機能とは?

キャッシング機能とは、クレジットカードに付いている機能の1つです。そもそも通常クレジットカードの使用方法には、店舗等で買い物をした会計時に使用できる「ショッピング」と、現金を直接借り入れることが出来る「キャッシング」の2つがあります。

契約時に各枠の上限額が設定されており、キャッシング枠の限度額内で現金を直接借り入れることをキャッシングと呼ぶのです。

キャッシングとカードローンの違い

カードを使って現金を借り入れる方法としてカードローンもありますが、キャッシングとは似て非なるものです。

カードローンとは銀行や消費者金融が発行する借入専用カードを使用する借り入れ方法です。審査で決められた限度額までなら何度でも借り入れでき、限度額も十数万円から数百万円と比較的高額なことが多くあります。返済方法も毎月の分割払いやリボ払いが多いのが特徴です。

一方でキャッシングは、クレジット機能に付帯しているキャッシング機能を利用する方法のことです。借り入れ限度額も比較的少額であり、基本的に一括払いでの返済を前提としています。

キャッシングを上手に使いこなすコツ


とても便利なキャッシングですが、あくまで「借金」であることに変わりはありません。ですから、上手に利用するには下記のようにいくつかのコツがあります。

  • いくら使ったか、ノートにつける
  • キャッシングは低めに設定する
  • 翌月返済できるまでに借り入れは抑える

なぜ上記のようなコツが大切なのかを正確に理解するためには、キャッシングの持つメリットとデメリットをきちんと押さえておく必要があります。

そこで次からは、キャッシングの持つメリットとデメリットを一つずつ共有していきましょう。

キャッシングのメリット


ここではまず、キャッシングのメリットについて整理します。

キャッシングはとても手軽に使いやすく、理解しておくと突然お金が必要になって困った時にとても便利な手段になります。1つずつ、見ていきましょう。

いつでも気軽にお金が借りられる

キャッシングは、突然現金が必要になった時でも手続きさえとればすぐに現金が手に入り、非常に便利です。手続きも簡単で、ATMで直接現金を受け取ったり、電話やインターネットを通じて振込入りをすることもできます。

もちろん限度額はありますし、先ほどお話しした通り比較的少額ではあります。それでも、困った時に5万円・10万円程度の現金をすぐに用意できるのは大きなメリットと言えます。

海外でも利用できる

「海外キャッシュサービス」が利用できるクレジットカードであれば、海外でもキャッシングが可能です。

海外では日本にいる時と違い治安の心配もあり、現金を持ち歩くのは何かと不安なものですよね。そんな場合にキャッシングを利用することができれば、必要以上の現金を持ち歩く必要が無くなり安心です。

審査がない

キャッシングはあくまでもクレジットカードに付与されているショッピング枠内での機能ですので、借り入れのたびに審査を受ける必要がありません。ですので使用目的を借り入れのたびに説明する必要も無く、少額で済む場合には緊急時の大きな力になってくれます。

キャッシングのデメリット


次に、キャッシングの持つデメリットについて説明します。

キャッシングはあくまで「借金」であり、注意点をよく踏まえたうえで利用しなければ、日常の経済生活に大きな悪影響を及ぼしかねません。一緒にしっかりと確認してみてください。

必要以上に借りてしまう可能性がある

キャッシングはとても手軽で便利なため、利用に慣れてくると「借金をしている」という感覚が薄くなりやすい傾向にあります。

無計画に何回も借り入れを繰り返している内に借金額が高くなっていき、返済目途が立たなくなってしまっては大問題です。長期的に大きな金額を借りる目的には、キャッシングは適していないと言えるでしょう。

金利が高めに設定されている

先ほどお話しした通り、キャッシングは基本的に一括払いでの返済を前提としています。ですのでキャッシングのリボ払い金利は、ショッピングのリボ払い金利と比較して3%ほど高く設定されてあることが多くあるのです。

その分だけ、ショッピング枠と比較してキャッシング利用の方が金利的には損であると言えます。やはり、緊急時の手段としてキャッシングを使うのが良さそうです。

【まとめ】キャッシングは賢く使うととっても便利!

お金借りる
キャッシングは気軽に利用しやすく、緊急時の金策手段としては非常に便利ですが、それだけに借り入れ過ぎには注意が必要です。

ただし正しい認識を持って利用することが出来れば、恐れる必要はありません。それどころかきっとあなたの生活は便利になり、活動の幅を大きく広げることができるでしょう。