借金の連帯保証人がいない?いない場合の対処法をご紹介!

お金を借りる際には、連帯保証人が必要です。連帯保証人がいることで、債権者は債権の回収不能に不安がなく、安心して融資できるのです。

しかしこの連帯保証人を用意できない場合、借金したい人はいったいどうしたら良いのでしょうか。この記事ではお金を借りたいけど連帯保証人がいない場合の対処法について、詳しく解説していきたいと思います。

借金を借りるときに必要な連帯保証人とは?

お金を借りる際には、ほぼ必ず連帯保証人が必要になります。これは債権者が債務者にお金を貸す際の保険みたいなもので、債務者に連帯保証人を付けることで、債権者はお金を貸すというハードルを下げています。

この連帯保証人について、いくつか説明していきます。

連帯保証人とは?

債務者がお金を借りる際に必要となる人で、この存在があることで、債権者は融資に積極的になれます。簡単に言えば、債権者からして1つの融資の案件に、2人の人間をつけるということです。

連帯保証人はよく保証人と同じように扱われますが、その役割や義務はまるで違います。それについては、下記で深く掘り下げて、解説していきます。

連帯保証人の役割とは?

連帯保証人の役割は、主には債務者の代わりということになります。しかし場合によっては、その役割は債務者同等となり得ます。

債務者=連帯保証人と考えてもらったほうがわかりやすいかと思います。

連帯保証人の義務

お金を借りた債務者の代わりであるべき連帯保証人でありますが、実は債務者を無視した返済義務があります。これが連帯保証人の最も辛い部分になります。

何故なら債権者にしてみれば、連帯保証人に対していつでも借金の返済請求ができるからです。連帯保証人は、単なる債務者の代わりだと安心してはいられないのです。

連帯保証人がいない?借金をする時は必ず必要?

お金を借りる際には、連帯保証人は基本的に必要になります。なぜなら債権者にとって、連帯保証人の性質上、いたほうが安定して借金の回収が可能になるからです。

むしろどこの誰かもわからない人にお金を貸すということは、各金融機関からしてもかなりのリスクを負っていることになりますから、連帯保証人の要求については、必然であると考えられます。どうしても連帯保証人がいないということであれば、連帯保証人不要の借入先を探す、代行サービスなどを利用すると良いでしょう。

借金の連帯保証人が必要なときの対処法

連帯保証人は、お金を借りる際には切っても切れない存在になります。しかし連帯保証人はその責任の重さ、義務から、引き受けてくれる人が早々見つからないことが多いです。

その場合の対処法について、解説していきます。

連帯保証人がいらないところから借りる

基本的には連帯保証人が必要ですが、中には連帯保証人を不要としている借入先も存在します。しかしそういった借入先は、連帯保証人がいないので、審査が厳しくなる傾向にあります。

債権者にとって、回収が見込めない人にお金を貸すわけにはいきませんから、当然といえば当然です。それでも連帯保証人不要で、融資が受けられるのであれば、是非利用したいものですね。

連帯保証人代行を依頼する

どうしても連帯保証人が見つからない場合、連帯保証人の代行サービスを利用しましょう。いわゆる保証会社のようなものですね。

連帯保証人は責任や義務が、債務者と同等であることから、その費用は高額になります。そのため、代行サービスを利用すると、費用は少々かさんでしまいます。

連帯保証人を配偶者にする

おそらく一番波風が立たないのが、連帯保証人を配偶者にすることになります。しかし、誰でもいいというわけではありません。

安定した収入のある、できれば正社員で雇用されている人が望ましいです。配偶者であるので、他人を説き伏せるよりも難易度はグッと下がりました。

借金の連帯保証人を配偶者にするときの注意点

30台既婚女性の借金

借金の連帯保証人として、最適任といえる配偶者ですが、安定した収入がある人でなければいけません。専業主婦や年金暮らしの高齢者などは、連帯保証人として認めてもらうことは、難しいと言えます。できれば、正社員で雇用されている人が連帯保証人として認められやすいでしょう。

要するに、債務者の支払い能力に疑問符が出たときに、代わりに返済できる能力がなければいけないので、厳しいということですね。連帯保証人の性質上、債権者からしても債務者の配偶者であれば、安心するという部分があります。できるだけ配偶者の中で、連帯保証人を探すようにしましょう。

【まとめ】借金の連帯保証人がいなくても他に手段はある!

連帯保証人はその責任の重さから、安易に受け入れてくれる人はそうはいません。特に、他人からの要請であった場合は、尚更怖くて承認は難しいでしょう。しかし連帯保証人が見つからないからといって、諦めるにはまだ早いです。

連帯保証人のいらない借入先を探したり、連帯保証人の代行会社も存在しているので、融資を受けることはできます。ですが、結局は配偶者に受けてもらうのが、金銭的にも道義的にも一番だと思われます。