友達に借金の連帯保証人になってほしいと言われた時の断り方

友達に借金の連帯保証人を頼まれたけど、引き受けるべきかどうか、今あなたは悩んでいるかもしれません。もし、悩んでいるならその要求は断りましょう。

なぜなら、借金の連帯保証人になるということは、とても恐ろしいことだからです。この記事では、連帯保証人が一体どういう物なのかを説明して、友達に頼まれた時の断り方も紹介します。

友達とはいえ借金の連帯保証人になってはいけない

連帯保証人になってはいけない

借金の連帯保証人になってほしいと友達に頼まれたことは、少なからず経験している人がいるでしょう。友達だから助けてあげないと…という正義感は理解できますが、その連帯保証人になったことで自分自身の首を絞めてしまうこともゼロではありません。

借金の連帯保証人は、頼まれたからといって簡単に引き受けるものではないのです。連帯保証人になったことで、自分の生活が苦しくなった人も数多く存在しています。例え親しい友達であったとしても、連帯保証人にはなってはいけません。

借金の連帯保証人とは

友達に借金の連帯保証人になってほしいと頼まれたとき、そもそも連帯保証人の意味が分かっていなければ引き受けてしまう可能性があります。まずは、借金の連帯保証人がどのようなものであるのかを明確にしておきましょう。

連帯責任という言葉がありますが、それが指し示すように、借金の連帯保証人とは借金を連帯責任として引き受けている人のことです。借金の連帯保証人には、催告の抗弁権・検索の抗弁権・分別の利益がありません。難しそうな言葉ですが、簡単に言うと借金をしている人に代わって借金を支払わなければならない義務を背負うということです。

通常、借金は借主が返済するのが普通ですよね。でも、連帯保証人になってしまうと、例え借主に返済能力があったとしても債権者が連帯保証人に借金の請求ができてしまうのです。しかも、連帯保証人の場合は債権者に請求されたときに断ることができません。これが、催告の抗弁権がない状態のことです。そのため、請求された場合には必ず支払わなければならないという責任が生じます。

例えば、友達が1000万円の借金をしてその連帯保証人になった場合には、連帯保証人にも1000万円を返済する義務があるということになります。つまり、借金の連帯保証人とは自らが借金を背負ってしまった債務者そのものになるということなのです。

よく聞く保証人との違いとは

借金の連帯保証人と並んで、保証人という言葉も良く聞くかと思います。連帯保証人と保証人は、同じものであると認識してしまっている人もいるのではないでしょうか。

実は連帯保証人と保証人には明確な違いがあります。その辺りもしっかりと把握しておかなければ、思わぬリスクを背負ってしまうことになりかねませんよ。

借主に財産があっても差し押さえできない

前述したように、連帯保証人には検索の抗弁権がありません。通常は、借主にマイホームや家などの財産がある場合には、差し押さえすることが可能ですね。

当然借金をしたのは友達なので、友達に返済義務があるはずと思ってしまいますが、残念ながら連帯保証人にはその権利がありません。借主に財産があったとしても債権者が連帯保証人に返済を求めた場合は、連帯保証人に支払いの義務があります。

借金の一部ではなく全額返済しないといけない

連帯保証人は、債務者と同じであるということを前述しましたね。それは、借主である友達が借りた額をすべて連帯保証人が返済する義務があるということです。

中には、借金の額が大きくて連帯保証人があなた以外の複数名いることもあるでしょう。その場合は、複数名いるのだから全額返済する必要はないと思っていませんか。

実は、連帯保証人には分別の利益がないため、連帯保証人すべての人に全額返済の義務があるのです。例えば、友達が1000万円の借金を抱えていたとします。その場合、連帯保証人が複数名いたとしても、それぞれの連帯保証人に1000万円の返済義務があるということですね。

借主に返済できる能力があっても請求できない

借金の保証人であれば、借主である友達に返済能力がある場合は請求することができます。でも、連帯保証人の場合には催告の抗弁権がないため、請求することができません。

もし、友達が借金の返済日に支払わなかったとき、債務者は連帯保証人であるあなたに借金返済を求めてきます。保証人なら、その請求を断ることができますが、連帯保証人の場合はいかなる場合も請求に応じなければいけません。

また、連帯保証人自身が借主である友達に対して、それを請求することもできないのです。そこが保証人とは大きく異なっている点になります。

連帯保証人の断り方

違法

借金の連帯保証人になることが、どれだけ怖いことか分かったかと思います。そこで、もし友達に連帯保証人になってほしいと頼まれたときはどうすればいいのか、上手な断り方を紹介します。

「他の連帯保証人になっていて返済しているから」

友達に連帯保証人を頼まれたとき、一番いい断り方はすでに他の連帯保証人になっていることを伝えることです。もちろん、複数人の連帯保証人になることもできなくはありませんが、他の連帯保証人になっている人は債権者が拒否することもあるからです。

しかも、連帯保証人として返済を行っていることを伝えると、友達もそれ以上あなたに頼むことが難しくなるでしょう。

「自分に多額の借金があるから」

自分にも多額の借金があるという断り方も、おすすめです。誰でも、借金がある人にさらに連帯保証人のような重い責任を背負わせるのは気が引けますよね。友達なら、なおさらです。

本当は借金がなくても、友達にはそれを調べることはできません。この断り方なら、友達を傷つけることはありませんし、自分も守ることができます。

友達に嘘をつくのは後ろめたい気がするかもしれませんが、嘘も方便と言う言葉もあるので、自分を守るためには多少の嘘も必要です。

借金の連帯保証人になれば友達関係が終わる可能性も

借金の連帯保証人と友達に連帯保証人を頼まれたときの断り方について、解説しました。友達だからと引き受けてしまいがちな連帯保証人ですが、それがきっかけで友達関係が終わることもあります。

連帯保証人というのは、自分が借金を背負うのと同じことです。だからこそ、簡単に引き受けるのではなく、自分にも返済義務があることを忘れてはいけません。

連帯保証人を友達に頼まれたら、ちゃんと考えるようにしましょう。勇気を出して断ることも、あなたの人生を守ることに繋がります。