頭金なしのローンでも400万の車は買える?

車

欲しい車があっても、頭金が支払えないから購入は無理だと考えている人もいるかもしれません。400万円もの車となると、返済を考えただけでも頭金なしでは不可能なように思えます。

でも、実は頭金なしのローンで400万円の車を購入することは不可能ではありません。ただ、注意点もあるので安易に考えるのではなく、どのようにすれば可能になるのかをしっかり把握しましょう。

頭金なし(フルローン)でも400万の車は買える

お住いの地域や業種によって、自家用車が必要になる場面は増えるでしょう。しかし昨今では充分な貯蓄がなく、頭金を全額払えるかどうかを考えた結果、車の購入を断念する方が一定数います。

そんな方のニーズに応えるべく、新車ディーラーも頭金なしで組むことは想定しているんです。正直、頭金についてはどちらでもよいと考えている方が多いと聞きました。

とはいえ、なるべくなら少しでも多くお金は払っておきたいですよね。自身のその後の経済状況によって、泣く泣く新車を手放す…なんてことは避けたいはず。

今回は、頭金なしで新車を購入する際の条件やメリット・デメリットをご紹介します。フルローンで新車購入を検討している方は、ぜひこの記事をチェックしてください。

最近はフルローンで車を買う人も増えている

ローン

400万円の車を購入するなら、頭金を支払ってローンを組むのは一般的です。でも、それは以前の話であって、今は少し状況が変わってきています。そもそも車を保有する人が減少する中、どうしても車が欲しくても、まとまった頭金が準備できない人のほうが増えているのです。

そこで、頭金なしのフルローンで車を買う人も増加傾向にあります。それを根拠に、車の販売店でも頭金なしを謳い文句にしているところも多くなりました。ただし、頭金なしのフルローンで車を購入するためには、どのように返済していくかが重要なカギになります。

フルローンで400万円の車を買うためには

残価設定ローンを利用する

残価設定ローンというのは、数年先の車両の下取り価格を残価として据え置き、それ以外の額を分割で支払う方法です。残額が据え置かれることで月々の支払い額が少なくなり、400万円の車を頭金なしで購入するとしても、実際はローン自体の額が下がることになります。

例えば、3年後の下取り価格が50万円なら、350万円を分割で支払うとういうことですね。最大のメリットは月々の支払額が少なくなること、下取り額が保証されていること、さらに残価支払いの際に状況に応じて選択できる点です。

ただ、一般のローンに比べると金利が高いことや、長期間同じ車に乗りたい人は残金が支払えなければ手放さなければならない可能性もあり、デメリットになります。

長期間ローンを利用する

車のローンは車の耐用年数が低く設定されているため、住宅ローンほど長くのローンは組めません。一般的には、5年~7年の間でローンを組むことがほとんどです。

400万円の車を頭金なしでローンを組むとなると、5年で返済する場合には約7万円の月々の支払いが必要になります。中には10年ほどの長期間ローンを選択できるところもあり、月々の返済額を下げることが可能です。

しかし月々に支払いを抑えられる分、金利が上がることがデメリットになり得ます。

個人リースを利用する

個人向けリースというのは、リース会社が変わりに希望の新車を購入し、リース契約をして支払いを行っていくものです。車の使用者は本人ですが、所有者はあくまでリース会社ということになります。

個人リースの最大のメリットは、車検や税金など車購入後にかかるメンテナンス料がリースに含まれているため、新たに支払う必要がない点です。また、残価設定ローンと同じく残価分はリース料に含まれていないため、通常の車ローンよりも価格を抑えることができます。

個人リースでは、距離制限が設定されていて走行距離の上限が短くなるほどリース料が安くなるため、長距離運転ができません。また、事故で全損などになった場合には中途解約となり、未払い額をまとめて支払わなければならないなどのデメリットもあります。

どんな人でもフルローンで400万の車を買える?条件は?

一見、400万円の車というと頭金なしではローンを組むのが難しいように思えます。しかし十分な支払い能力があるという前提であれば、どんな人でも基本的には頭金なしのフルローンで400万円の車が買えます。

とは言え、400万円は高額です。ローンで返済するとなれば、それなりに条件もあります。基本的に、ローンを組む際は安定した継続的な収入が必要です。そのため、収入が不安定な人であれば支払い能力に問題があると思われてしまいます。また、年収が高くても働き始めて1年未満の場合も同様です。さらに、返済額が年収の3割を超えている場合、もしくは車のローンを除く借入額やその他のローンが年収の3割を超えている場合は、返済における信用性が低くなります。

上記の条件に加え契約者が未成年である場合に限っては、保証人が必要です。場合によっては、担保が必要になることもあります。

頭金なしだとどんなデメリットがあるの?

デメリット

①審査が通りにくくなる

400万円の車を購入するにあたって、頭金なしでローンを組むと審査が通りにくくなります。頭金を支払えば、それだけローンの金額は下がりますので、頭金なしよりありのほうが審査が通りやすいのは当然と言えば当然です。そもそも、頭金を払う理由はローンの審査に通りやすくするためです。そのため、頭金なしで400万の車を購入しても、支払い能力が十分にある場合は問題ありません。

しかし審査には年収も対象になっているので、年収が低い場合には400万円のフルローンは審査に通りにくくなります。

②ローンによる返済

頭金なしなら、車を購入するときの負担は少なくて済みます。この点は、頭金が準備できない人にとっては大きなメリットになるでしょう。しかしローンの総額が大きい分、ローン返済にかかる月々の支払額が高額になりがちです。もちろん、どのくらいの回数で返済するかによっても変わってはきますが、月々の負担が大きいと家計も苦しくなりますよね。

月々の返済額を抑えようと思うと、返済回数が長くなります。頭金なしでは、ローン期間が長くなったり、月々の支払額が高くなることはデメリットになるでしょう。

③金利による損失が頭金が無い分大きくなる

頭金なしとありを比較した場合、頭金なしのほうがローンの返済額が大きくなります。ローンの総額が多いということは、ローンにかかる金利も増えるということです。

400万円の車を頭金なしでローンを組むと、金融機関の年率にもよりますが、総額で20万円ほどの金利が発生します。頭金なしの場合、金利による損失が大きくなることも考慮しておきましょう。

頭金なしの場合に見直すポイントは?

繰り上げ返済を活用する

400万円の車を頭金なしでローンを組めば、前述のように金利の支払いで損失が大きくなります。これは、返済額が大きいため避けることができません。

その返済における金利の損失を少なくするためには、繰り上げ返済を活用しましょう。繰り上げ返済は、残りの返済分を前倒しして支払うことです。繰り上げ返済すれば元金分の利息が減るため、結果的に金利分の返済が少なくなります。頭金なしで返済するときには、余裕ができたときに繰り上げ返済するのが得策です。

審査が比較的緩いディーラーローンを活用する

頭金なしで400万円の車ローンを組むためには、まず審査に通過する必要があります。でも、実際のところ頭金なしでは返済負担率が高くなり、ローンの審査で落ちてしまう可能性が高いです。どうしても、頭金なしで400万円のフルローンを望むなら、比較的審査が緩いとされるディーラーローンを活用するのもいいでしょう。

ディーラー系の中古車を買う

希望していても、400万円の車を頭金なしでローンを組むことが難しい場合もあります。もちろん、審査に通過して返済していくことができれば問題はありません。もし、難しいと判断された場合には中古車を検討するのもおすすめです。ディーラー系の中古車であれば、品質は一定水準をクリアしています。

また、下取りした車を扱っていることもあるため、必ずしも特定のメーカーだけを販売しているということもありません。希望のメーカーの車が見つかることもあるので、頭金なしで考えている場合には検討するのもおすすめです。

頭金なしでも自分にあった方法で車を購入しよう

頭金なしのローンでも400万円の車は買えるのかについて、解説しました。条件さえ合えば、400万円であれローンで車を購入するころはできます。

ただし、審査に通ったとしても月々の返済が厳しいなら、それは問題があります。だからこそ、頭金なしでローンを組むなら、自分に合った方法を探すのが重要なのです。頭金なしを希望する場合は、無理のない方法で車を購入しましょう。