借金の時効援用通知を作成したい!正しい書き方と送る方法とは

借金には時効があることをご存じでしょうか。しかしただ期間が過ぎるのを待っているだけで何もせずにいても、時効は成立しません。時効の期間を過ぎたことが分かったら、その借金は時効が成立しているから援用するという意思表示することが必要になります。

今回は借金の時効と非常に関連が強い時効の援用通知について、詳しく解説していきたいと思います。

借金の時効援用とは

借金には時効があり、借入先によってその期間は数パターンに分けられます。知人など個人間での借金は10年、それ以外の銀行や消費者金融などでの借金は5年とされています。

案外短いと思うかもしれませんが、借金の時効期間の起算日は初めて借入をした時ではなく、債権者が借金の催促など権利を行使しなくなってからとされています。そして、その間に借金の催促があれば、再び時効期間はリセットされるので、時効の期間を完走することは、相当難しいです。

何故なら借りた側がお金を返してくれない場合に貸した側がその催促を何年もしないというのは、まずあり得ないからです。決められている時効期間を超過した場合、債権者に対してもう時効になったと意思表示するのが、借金の時効援用というものになります。

時効援用通知書の見本

まず、時効援用通知書は同じ内容のものが、3通必要になります。とりあえず1通作成して、残り2通はコピーでも可です。表題は時効援用通知書とし、書類の日付も送付する日を記載します。

次に、債権者の住所・会社名・代表者名を記載、そして時効期間の記載をし、すでに時効期間を超過したことを伝えます。契約者本人の氏名、住所、借入額の記載を行い、最後に時効を援用する旨を書きます。時効を援用する旨がなければこの通知書は何の意味もありませんので、忘れず記載するようにしましょう。

信用情報機関における事故情報の削除依頼も記載してもいいですが、こちらが催促しなくても通達されるようになっているので、これについては任意で結構です。

時効援用通知書を作成する時のポイント

借金の時効を主張する際に必要になるのが、この時効援用通知書になります。とても大事な書類であり、いくつか作成のポイントがあるので、抜粋して解説していきます。

通知書送付日付

この通知書送付の日付は非常に重要なので、漏れのないよう必ず記載しましょう。何故なら時効が成立したという証拠になるので、この日付がなければ、第三者は本当に時効期間過ぎているのかどうか、判断に困るでしょう。

日付の記載がない時効援用通知書なんて、意味はありません。寧ろ後々、債権者に付け込まれる要因になってしまうかもしれません。

債権の詳細な内容

時効になった借金の内容になります。借入した日、借入額など、正確な情報が必須となります。

時効期間が成立しているとなると、そうとう昔の話になりますが、過去の請求書など照会すれば、判明するでしょう。この情報が不確かですと、せっかく時効期間を超過しているのに、信憑性に欠けてしまいます。

時効期間

肝心の時効期間についての記載をします。時効期間の始まりは、最後に催促があった日または最後に返済をした日が適切と考えられます。

ここまでしっかりと判明していることは稀ですが嘘はすぐにばれてしまいますので、曖昧であれば確実な日を記載するようにしましょう。もしかして、この時点で決められている時効期間を完走していないなんて事実も判明するかもしれませんね。

「時効を援用する」を記載

時効援用通知書ですが、文面でしっかりと時効の援用を主張してください。時効の援用の主張がないと、債権者に対して借金の請求をしてくれと言っているようなものです。せっかく、一定の時効期間を超過したのですから、時効の援用をし忘れて台無しになるのは避けたいですよね。

信用情報機関の登録情報削除依頼

借金の返済を長期間放置していたということは、当然信用情報機関に事故情報が記録されていることになります。しかし、借金の時効が完了すると、登録情報は修正されます。これにより、ローン組みやクレジットが使えるようになる準備が進みます。

時効援用通知書の送付方法

分割払い

時効援用通知書は、内容もさることながら、形もしっかり決められています。

使われる紙は、長期間の保存に耐えられるような素材を使用し、文字数・行数もきっちり決まっています。また、発送方法も普通の郵便ではなく、特別な発送方法を用いらなければいけません。

書式

時効援用通知書の書式は、内容証明郵便で送付しなければなりません。この内容証明は、文字数が厳格に決められています。句読点も1文字の扱いになるので、注意しましょう。決められた書式に沿って、しっかり書いてください。

発送方法

時効援用通知書を3通用意します。そして、必ず内容証明郵便で送るようにしましょう。

内容証明郵便でなければいけない理由ですが、それは相手が受け取ったということの証明ができるからです。これにより、受け取った、受け取ってないという、水掛け論の争いを防止することができます。

料金

内容証明郵便を利用する際の料金は、内容証明郵便料金の他に郵便料金・書留料金、そして配達証明料金と呼ばれるものがそれぞれ掛かります。1枚あたりの概算で、おおよそ1,000円少々といったところです。

また時効援用通知書も同内容のものが3通必要になるのでおそらくコピーすることになりますが、その際のコピー代が加算される程度で合計はそこまで料金は高くならないようです。

借金の時効援用で不安な場合はプロに任せること

時効援用通知書の書き方について詳しく触れましたが、どうしても不安だということであれば、いっそ専門家に任せてみましょう。確かに若干の費用はかかるかもしれませんが、専門家はその道のプロですので、自分でやるのとでは精度も安心感も段違いです。

そういった事務所は、入りにくいというイメージがあるかもしれませんが、意外とアットホームで、親身になってくれる人が多いですよ。書き方は完璧という人も、相談がてら専門家に頼ってみてはいかがでしょうか。