70歳以上でもキャッシングを利用できる?キャッシング以外の方法もご紹介

お金に困ってしまった場合は銀行やキャッシング業者などを利用すると思いますが、キャッシングをするにも年齢制限があります。下限である20歳以下というのは、未成年なので仕方ないのですが、上限の制限を付けられてしまうと、高齢者は融資を受けることができなくなってしまいます。

しかし、少数派ですが70歳以上でも融資を受けられる業者は存在しますし、それにキャッシング以外の方法で融資を受けることもできます。

この記事では70歳以上の人でもキャッシングを受けることができるのか、またキャッシング以外の方法について詳しく解説していきたいと思います。

70歳以上はキャッシング利用が難しい

まず、各キャッシング業者には上限年齢というものがあります。多くのキャッシング業者で一般的に多く設定されている上限年齢は60歳〜69歳となります。

なぜ70歳以上の人がキャッシングを利用することが難しくなるのかと言うと、その答えは返済能力にあります。70歳以上の人だと既に退職していて年金生活が一般的となるので、単純に返済されないリスクが高いと判断されるので、キャッシングが難しくなります。

しかし70歳以上キャッシングが全く出来ないわけではありません。様々な条件をクリアする必要がありますが、上限年齢を超えていてもキャッシングを利用できる可能性はあります。

一般的なキャッシング対象年齢

するべきことアコムやアコムなどいわゆる大手と呼ばれる消費者金融においてはいずれもキャッシングの下限年齢は20歳からで、上限年齢は69歳まででした。このように、各社においては70歳以上の人のキャッシングは原則認めていないということがわかります。

しかし、ひと昔前と比べると現在の上限年齢は以前より上がっていますので、このまま高齢化社会が加速することで退職年齢が引き上がればキャッシングの上限年齢も引き上げられるかもしれません。

なぜキャッシングには年齢制限があるのか

?

キャッシング業者がなぜ年齢制限を設けているかはその返済能力におけるところが大きいとしているわけですが、理由はそれだけではありません。

業者にとって一番避けなければいけない事態は、債務者が死亡して債権の回収ができなくなるという部分です。70歳以上に融資するということは、そういったリスクも抱えなければいけないので、年齢制限を設けている背景があります。

70歳以上でも利用できるキャッシングサービス

悩む70歳以上の人がキャッシングを利用することは難しいのですが、それはあくまでも大手と呼ばれる消費者金融での話です。大手消費者金融で融資を受けられない人の受け皿である中小の消費者金融に目を移せば、70歳以上の人でも融資を受けられる業者は存在します。

ベルーナノーティス

金利  4.5%〜18.0%

キャッシング限度額  300万円

対象年齢  20歳〜78歳

金利は大手消費者金融とほぼ変わりない値となっています。キャッシング限度額は若干低いですが、300万円あれば大多数の人にとっては問題ない金額と言えますね。

この業者の特徴は何といっても、対象年齢が一般的なキャッシング業者よりも高いことにあります。

借り入れ条件として、安定した収入のある、業者内基準を満たせば、70歳以上でも十分に融資を受けることができます。

プランネル

金利 15.0~18.0%

キャッシング限度額  10万〜100万円

対象年齢  20歳〜85歳

キャッシングする場合には最低借り入れ金額が10万円からとなっており、少額借り入れしたい人には少々都合が悪いです。また、金利は利息制限法の上限値に設定されており、同業他社と比べるとどうしても高い印象を受けます。

ですがこの業者の特異な点としてキャッシングの上限年齢が85歳までとなっていることが挙げられます。全キャッシング業者を見回しても稀有な存在であります。

借り入れ条件も、安定した収入とありますが、年金も含むことができるので、高齢者のための業者と言っても過言ではありません。

カードローンを利用する手も

一般的なキャッシング業者を利用するには、年齢制限がネックになるので、カードローンを利用するという手もあります。カードローンであれば70歳以上でも担保や保証人が不要で、容易に融資を受けられます。                                                                                                                                                                 また融資スピードも遅くは無く、最短で2~3日営業日での借り入れが可能です。

70歳以上となると、お金を借りるのにも一苦労ですので、素早く手続きを済ませたい方には、カードローンはおすすめとなります。

70歳以上でも利用できるオススメのカードローン

ひと口にカードローンといっても、70歳以上の人が簡単に申し込みできてなおかつ審査が通るものは少ないものです。しかし下記のカードローンについては、70歳以上の高齢者にうってつけのカードローンとなります。

セゾンかんたん安心カードローン

金利

金利は、4.8%と高めの設定ではありますが、70歳以上の人でも融資が可能という利用条件を考えると、妥当と考えるべきです。何よりも、一般的なキャッシング業者を利用するよりも、審査に通りやすく利用しやすいのですからあまり「金利高い」と言った文句が言い難いかもしれませんね。

しかしキャッシングする金額に関わらず金利は一律のようなので、必要最低限の融資に留めるようにしたいですね。

融資限度額

融資限度額は、30~50万円となり、カードローンからすると一般的になります。この場合、最低融資額が30万円と思うかもしれませんが、1万円からの融資が可能になっています。

限度額としては、特別多いというわけではなく、ただ急な出費に対応することができる程度の印象です。

対象年齢

対象年齢は、60歳~80歳となっており、おそらくこの部分が他のカードローン会社と大きく違う点になります。59歳以下の人は利用できないカードローンとなっており、まさに60歳以上の高齢者のためのカードローンです。

他のカードローン会社と比べて、この部分が異質であり、一般的に高齢者に融資しない会社が多い中、会社独自の路線であります。

リバースモーゲージという手も

50万円まで

近年では、リバースモーゲージという融資制度が新たに確立されてきました。このリバースモーゲージとは、持ち家を担保にして、返済能力が弱い高齢者でも、金融機関から融資を受けることができるというものです。

三井住友銀行

同銀行内において、SMBCリバースモーゲージという制度があり、高齢者でも安心して融資を受けられます。金利は特に記載がなく、限度融資額は1,000万円~20,000万円で、100万円単位での融資となります。対象となる年齢は、契約時の年齢が60歳以上となっており、まさにシニア世代のための大型融資制度です。

東京スター銀行

東京スター銀行のリバースモーゲージは、充実人生というプランになります。高齢者のセカンドライフを支援するための融資制度となっており、融資限度額は500万円~10,000万円となっています。毎月返済するのは、使った分の利息だけになり、とても経済的です。

りそな銀行

大手金融機関である同銀行のリバースモーゲージは、安心革命という商品となっています。金利は、基準金利+0.5%となっており、用途が決まっていますので、それぞれにおいて上限が定められています。金利設定は高めではありますが、対象地域が広いので、より多くの高齢者が利用することができます。

年金担保貸付制度も検討しよう

銀行や消費者金融で融資を受ける以外にも、借りる手段はあります。国では、年金担保貸付制度というものがあり、年金受給者のみ利用することが可能な公的融資となります。

つまり、厚生年金や国民年金を担保にすることで、融資を受けることができるサービスということです。これらのサービスは、以下の2機関でしか認められていないものになります。

福祉医療機構

正式名称は、独立行政法人福祉医療機構と呼ばれ、略称はWAMと呼ばれています。金利については、年金担保融資で年利2.1%と圧倒的な低金利で、お財布に優しくなっています。

また、融資限度額については、10~200万円とされ、生活に必要なものであれば10~80万円になります。さらに受給している年金の0.8倍や、一回の返済額の15倍以内に収めなければいけないという制限もあります。

上限は200万円ではありますが、状況によっては限度額がもっと低くなる可能性も充分考えられます。

日本政策金融公庫

担保にする年金によって、その金利や限度額が変わってきます。まず、恩給や災害補償年金である場合は、金利は0.36%で融資限度額は250万円、ただし担保にする年金の3年分以内であることになります。

次に、共済年金や厚生年金である場合は、金利は1.76%で融資限度額は250万円、ただし生活費であれば100万円以内、担保にする年金の2年分以内であることが条件になります。このように、超低金利でなおかつ用途に制限がないことから、非常に融資を受けやすいものになります。

また、年金がそのまま返済に充てられるので、返済を忘れる心配がありません。

70歳以上でも借入を諦めない

70歳以上になって、お金に困ってしまっても、大手消費者金融などは年齢に上限を設けているため、融資を受けることは厳しいのが現状です。

しかし、中小のキャッシング業者の中には、一部高齢者でも融資を受けれる業者が存在しており、諦めることはありません。

ただその場合、金利がかなり高いことが予想されるので、銀行におけるリバースモーゲージや、国の公的制度を利用するという手もあります。

いずれにしろ、70歳以上になってもお金に困る生活はしたくないので、現役時代から貯蓄をしっかりしていくことが大切ですね。