スペースでキャッシングするときの審査って一次・二次・最終ってあるのは本当?

?

スペースという中小のキャッシング業者は、他のキャッシング業者と比べて融資条件が広いとされています。特に利用者の条件については、成人していない満18歳以上、高齢の人でも問題なく利用できる可能性があります。

なぜこのように融資条件を広げられるのかというと、その秘密はどうやらスペース独自の審査にあるようです。

この記事では、スペースというキャッシング業者の審査について詳しく解説していきたいと思います。

スペースはキャッシングの審査において一次・二次・最終の審査を行う

スペースは他社にはない融資利用可能者の間口の広さで有名ですが、それを可能としている秘密がスペース独自の審査方法にあります。

スペースの審査方法は、書類審査・一次・二次・最終審査と、審査にかける時間と情報を多く必要とします。利用者の素性と返済能力を事細かく調査することで、他社にない高額融資などを可能とするのです。

スペースがキャッシング顧客に行う一次審査の特徴

書類審査をパスしたあとは、一次審査に入ります。一次審査は、直接または電話による様々な情報の聞き取りを行います。

中には、審査にあまり関係のないような質問がされることもあり、いろんな視点から利用者の素性を暴いていきます。審査の際、一番注意しなければいけないのが、情報に虚偽がないかということです。この一次審査で、利用者の人間性を吟味していきます。

スペースがキャッシング顧客に行う二次審査の特徴

一次審査をパスすると、次は二次審査が待っています。二次審査では、本人確認書類の提出により、他人名義での審査ではないか、などの確認が実行されます。

また、収入証明書の提出も求め、返済能力はあるか、いくらの融資額が妥当かなどの審査がされます。この際、一次審査で聞き取りがあった情報と擦り合わせることになるので、一次審査で虚偽の申告があれば、すぐにバレますし、即審査に落ちます。

スペースがキャッシング顧客に行う最終審査の特徴

二次審査もパスすると、ようやく最終審査に入ります。最終審査では、勤務先に利用者が本当に勤務しているかどうか、在籍確認があります。

在籍確認がなければ、スペース側も安心してお金を貸すことはできませんよね。在籍確認は、別に本人でなくても、会社の人が対応すればよいので、休業日や営業時間外を避けることが必要です。

キャッシングの審査全体を通した特徴

スペースの審査は、書類審査から一次・二次・最終審査という流れでしたが、次は審査全体について触れてみたいと思います。これには、スペースのような中小のキャッシング業者ならではの特徴がいくつかあります。

それぞれ解説していきたいと思います。

スペースのキャッシング審査は甘くないとの噂

ネット上では、スペースはキャッシング審査が甘くなく、非常に厳しいとの噂が多く見受けられます。しかし、決してそんなことはなく、確かに審査の関門は多いですが、審査自体はそこまで厳しいということはありません。

安定した収入があれば、問題なく審査に通りますし、多少信用情報に不安があっても大丈夫なことが多いです。

パートやアルバイトでもスペースのキャッシング審査を受けられる

他社の業者では、パートやアルバイトであれば、審査に不安がありますし、最悪審査に落ちることがあります。ですが、スペースでは、パートやアルバイトでも、キャッシング審査に通る可能性が高いです。

このように、定期的な収入が見込めない人でも、安心して利用できるのが、このスペースです。

金融ブラックなど与信情報が良くない人でもスペースのキャッシング審査に通る?

金融ブラックや与信情報が良くない人でも、スペースであればあまり問題ありません。他社のキャッシング業者であれば、返済能力や信用情報に難があるこのような人は敬遠されます。しかし、スペースでは、こういった人も受け入れてくれてくれるのです。

スペースはおまとめローンとしても利用できる

他社での借り入れがある場合、その債務を一本化することができるおまとめローンというものがあります。

スペースではおまとめローンが可能になり、債務者にとって借金の借入先を一本化することにより返済に集中することができます。スペースにとっても、借金の一本化によって債務の回収をしやすくできるというメリットがあるので、両者にとって合理的な制度といえます。

スペースでのキャッシングの審査時間は?

スペースは、大手や他の中小のキャッシング業者と比べて、利用者に寛容であります。

満18歳以上の未成年から高齢の人まで、幅広い層にまで融資を認めているスペースですが、あとはその融資までの時間です。場合によっては、即日融資が可能ですが、逆に他の業者にはないほど、審査時間が長くなる可能性もあります。

審査の時間を左右するのは、必要書類をしっかり準備しておくことになります。なので、即日融資が絶対できるという形では、望まないことが一番です。

スペースでのキャッシングの審査に落ちる理由とは

裁判になる可能性スペースは、他社と比べても、そこまで審査が厳しいということではないですが、審査に落ちることもあります。

中でも多いのが、自分をよく見せようと背伸びしてしまった結果、虚偽の申告をしてしまった場合、最悪詐欺になります。あとは、返済能力に不備があり、収入が不安定であれば、回収が難しいと判断され、審査に落ちるでしょう。

また、これはスペースに限らないことですが、総量規制に引っかかってしまっている場合は確実に審査に落ちます。総量規制とは年収の1/3以上の借入ができない制度で、借入しすぎを防止するためにできた制度です。他社への借入が多すぎる場合も、審査に落ちる原因です。

このように、スペースだからという理由よりも、金融業界でのルールに則ったものが大きいです。

スペースのキャッシング審査は長く、即日利用は難しい場合がほとんど

スペースは、その融資条件から利用しやすく、特に満18歳以上の未成年や高齢の人には重宝するキャッシング業者です。

しかし、その間口の広さから審査には慎重で、また審査にかかる時間は長く情報の聞き取りもこと細かい特徴があります。

その結果、融資までの時間がかかるというデメリットがあります。

タイミングがあえば即日融資も可能ですが、基本は即日融資はできないと考えていた方が良いでしょう。