アローでキャッシングするときの審査・在籍確認ってどうなってるの?

キャッシングのアローは知名度的にはそれほど有名ではないかもしれません。そのため、アローについて知っておきたいとお思いの方も中にはいらっしゃるかと思います。

キャッシングのアローは正規の金融業者になりますから、安心してキャッシングを利用できます。アローのキャッシングにおける審査は厳しくなく、むしろ他社で借入が難しい人でも受け入れてくれるキャッシング業者になっています。

この記事ではキャッシングのアローの審査や在籍確認について、詳しく解説していきたいと思います。

キャッシングのアローは2000年創業の金融業者

ポイント

キャッシングのアローは、愛知県に拠点を置く、地域に根付いた街金業者です。その歴史は浅く、平成12年つまり2000年創業の比較的新しい金融業者になります。

本格的に貸金業を始めたのは9年前となる平成22年で、その前身は不動産の売買や賃貸を行っている会社でした。

アローでキャッシングするときの基本的な情報

キャッシングのアローについて、どのような特徴がある金融業者なのでしょうか。

金利や利用限度額について、掘り下げて解説していきます。

アローでキャッシングするときの金利

キャッシングのアローの金利は、15~19.94%と高めの設定になっています。この理由は、アローの顧客受け入れの間口の広さによるものが大きいです。

キャッシングのアローは金利は決して安価ではないですが、その他のアローの強みを考えれば妥当といえます。

アローでキャッシングするときの利用限度額

利用限度額は200万円までと高額で、高額融資を受けたい人にはうってつけの設定になっています。アローのセールスポイントの1つである利用限度額は、アローを利用する理由の1つでもあります。高額融資を求めるのであれば、キャッシングのアローはおすすめです。

アローでキャッシングするとき、在籍確認はどうなっているのか

在籍確認は、金融業者にとって非常に重要なものになります。なぜなら、融資を受ける人の返済能力を確認するものになるからです。

仮に勤務先が虚偽である場合、収入のない無職の人に融資をする可能性が発生するからです。しかし、キャッシングのアローは、融資額が少額であったり信用情報が優秀だった場合は、この在籍確認を不要とすることがあります。これは、キャッシングのアローならではの異端なやり方です。

アローでキャッシングの顧客に対し審査するポイント

キャッシングのアローは、申込みしてきた顧客に対してどういった部分を見て、審査しているのでしょうか。そして比較的審査が通りやすいと言われているキャッシングのアローですが、他社と比べて何を信用としているのでしょうか。それぞれ詳しく解説していきます。

キャッシング顧客の年齢

キャッシングのアローを利用できる顧客の年齢は、満20歳から70歳までとなっています。一部の中小業者のように満18歳以上の未成年には融資はしていませんが、上限は70歳と幅広いです。

しかし、無職の場合は融資不可なので、高齢の人は安定した収入があることが条件になります。

キャッシング顧客の雇用条件や収入

雇用条件に制限はなく、正社員でなくても、安定した収入があれば誰でも申し込み可能です。もちろん、パートやアルバイトの人でも大丈夫です。重要なのは、安定した収入があり、返済能力に問題ないという部分になります。

キャッシング顧客の信用情報

これはキャッシングのアローに限らないことですが、信用情報に大きな傷がないことが条件です。

金融事故いわゆるブラックの人は、いくら審査に寛容なキャッシングのアローでも、融資は受けられません。信用情報の傷も多少であれば、審査次第では融資を受けることができます。

アローでキャッシングの審査通過率が高い?

キャッシングのアローは、他社の中小金融業者と比べて比較的審査の通過率が高いとされています。そこには、キャッシングのアロー独自の審査基準があり、過去の信用情報をあまり頼りにしないという部分があります。

もちろん金融ブラックのような人であればいくらアローでも融資はできませんが、過去に1~2回程度返済が遅れた程度のレベルであれば問題ありません。なので、他社で審査落ちてしまったという人でも、チャンスはあるので是非アローに申し込みしてみましょう。

アローは債務整理の経験がある顧客もキャッシングの審査対象

通常の金融業者であれば債務整理、つまりは任意整理・個人再生・自己破産の経験のある顧客には融資を渋りがちです。なぜなら、債務整理という行為は基本的に金融業者にとってマイナスでしかないからです。

しかし、キャッシングのアローでは、このような債務整理を経験した顧客に対して、何の問題もなく融資をします。過去に債務整理をしてしまって、融資を受けられる業者がないという人には、アローは救世主ですね。

アローでキャッシングするときの必要な書類

キャッシングのアローで必要になる書類は、まずは本人確認書類です。運転免許証があればいいですが、なければ健康保険証などでも代用可能です。

融資額が一定金額を超えると、さらに収入証明書が必要になります。これは、源泉徴収書や給与明細書がそれに当たります。給与明細書であれば、直近の2ヶ月分が必須になります。

アローで審査に通ったら即日キャッシングは可能?

キャッシングのアローでは、即日融資が可能となっています。その際は、出来る限り早い時間帯に申し込みを済ませておくことが必要です。

審査時間は最短45分ですが、申し込みの時間帯が遅いと、営業時間の絡みで日をまたいでしまう場合があるからです。必要書類をきちんと用意しておくことで、無駄な時間のロスも短縮できます。

アローは独自の審査基準があり、在籍確認も行われる

キャッシングのアローについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

大手消費者金融で融資を受けられるのであれば、当然そちらを利用しましょう。しかし大手消費者金融の審査に通らない人であればアローでキャッシングはその選択肢に入れても良いかと思います。

融資限度額も中小の他社より高く、審査も独自基準により、通りやすくなっています。在籍確認も場合によっては不要となるなど、アローはまさに中小金融業者の異端といえる業者ですね。