3000万円の住宅ローンを35年で組みたい!金利は固定型と変動型どちらが良いの?

住宅ローンを組む時、金利の設定に悩むことはありませんか?

  • 金利固定型
  • 金利変動型

ローンを組むときに上記の2つから金利を選択できる場合があります。

この記事ではそれぞれのメリット、デメリットとローンを組むときのポイントを紹介します。

3000万円を35年の住宅ローンを組む時に知っておくべきことは?

近年、金利が低い流れを受けて、3000万円の住宅ローンを35年返済を選択する人が増えています。ただ、金利が低いとは言え、3000万円という高額に35年という長期間の返済では、利息もバカにはなりません。

何も知らないで言われるがまま住宅ローンを組んでしまうと、返済に困ったり損をしてしまうケースもあります。そこで、3000万円を住宅ローンで組む場合に知っておくべきことを順を追って詳しく解説します。

3000万円を35年の住宅ローンで固定型金利のメリットとデメリット

3000万円の住宅ローンを35年の固定型金利で組む場合、メリットもあればデメリットもあります。良くない部分も把握しておくことで金利を選ぶ指標にもなるので、しっかりチェックしておきましょう。

固定金利のメリット

住宅ローンで固定金利を選択する最大のメリットは、金利が変わらないという点です。金利が固定されているということは、金利の水準が上がったとしても、一度組んだローンの金利は変更されることがありません。

つまり、35年ローンであれば35年間金利が固定されています。そのため、返済額が変わらずローン返済の計画などが立てやすくなります。

固定金利のデメリット

金利が固定されていることで、逆にデメリットになることもあります。それは、変動型金利よりも高めに金利が設定されていることです。

返済額が一定である安心感があるとは言え、金利が高ければ3000万円の35年のローンでは、金利だけでも返済額が大きくなってしまいます。

3000万円を35年の住宅ローンで変動型金利のメリットとデメリット

金利が変動すると、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。続いては、住宅ローンの変動型金利におけるメリットとデメリットを見てみましょう。

変動金利のメリット

住宅ローンで変動型金利を選択するメリットは、固定型金利よりも金利が低く設定されていることです。金利が変動しなければ、3000万円の35年ローンでは固定型金利と比べて、金利分の返済額がかなり低く抑えられます。

しかも、金利水準が下がることがあれば、変動型金利の場合はローンの返済額も下がるので大きなメリットになるでしょう。

変動金利のデメリット

変動型金利のメリットで見たように、変動型金利は金利水準が下がれば返済額も下がります。ただ、逆に言えば金利水準が上がってしまったときには、返済額が上がるということです。

金利の水準が上がるか下がるかによって返済額が変わるため、返済計画が立てられないことがデメリットになります。また、金利が上がってしまい月々の返済額が上がると、生活が苦しくなる可能性も否定できません。

住宅ローンの金利にはどんなタイプがあるか

①固定金利 全期間金利固定型

固定金利の全期間金利固定型とは、その名の通り全期間において金利の変動がなく固定されているものを指します。メリットとしては、月々の返済額が一定で返済計画が立てやすいことが挙げられます。

例え金利水準が上がっても、金利が変わらず一定なので安心感もあります。ただし、金利が高めになっているため、3000万円の35年ローンでは総支払額が高くなってしまうことがデメリットです。

②変動金利 固定金利期間選択型

固定金利期間選択型は、固定金利と変動金利を合わせたような形のローンです。ローンを組んでから一定期間は固定金利で返済し、残りは変動金利によって返済していきます。

固定金利の期間にもよりますが、残りの変動金利期間の金利水準が低い場合には返済額が抑えられるためメリットがあります。逆に固定金利期間が長い場合や、変動金利の期間に金利水準が上がった場合には、デメリットとなるでしょう。

③変動金利 全期間変動型

変動金利では、通常年に2回ほど金利の見直しが行われます。メリットは、固定金利よりもローンの金利が低く設定されていることですね。また、金利水準が下がれば、それに応じて返済額も抑えることができます。

デメリットは、金利の見直しで返済額が一定にならないため、返済の計画が立てられないことです。金利が上がればそれだけ返済額も増えるため、家計を圧迫する可能性もあります。

3000万円を35年で返済する住宅ローンでは金利が変わると総支払額はどれだけ変わるのか

多くの人が3000万円の住宅ローンを組みたいと考えますよね。気になるのは、3000万円を35年ローンで返済する場合の金利による総支払額の違いではないでしょうか。実際に金利が変わるとどのくらい総支払額が変わってくるのか、見てみましょう。

例えば、分かりやすいように3000万円を金利1%で35年ローンで返済するとしましょう。そうすると実際の支払額は、約3557万円で毎月の返済額は約8万5千円になります。利息は557万円ですね。

仮に、金利が2%だったとすると総支払額は約4174万円となり、利息は1174万円にもなります。この場合の毎月の返済額は約9万9400円です。金利が変われば、総支払額に大きな影響が出ることが分かるでしょう。

金利以外に住宅ローンの支払額が変わる要素はある?

3000万円の住宅ローンを35年で返済する場合、金利が大きく影響することが分かりましたね。でも、金利だけを考ればいいわけではなく、他にも支払額に影響を与えるものがあるのです。それは、返済方法です。

返済方法には、元利均等返済と元金均等返済の2つがあります。元利均等返済というのは、元金と利息を合わせて返済していくため総支払額は変わらず、毎月の返済額が一定になる返済法です。ただし、返済額の元金と利息の割合が変化するため、始めは利息部分の支払いが多く元金が減りません。

元金均等返済というのは、元金を返済年数で均等に割り、その残高に利息をつける方法です。ローンの始めは残高が多いため、返済額も多くなります。ただ、残高が減っていくにしたがって毎月の支払額も減ってくるため、結果的には元金均等返済のほうが総支払額は少なくなるのです。

住宅ローンで返済がきついと思ったときにとるべき行動

3000万円の住宅ローンを35年で返済するには、厳しいと感じることもあるでしょう。返済がきついと思ったら、どうすれば良いのか対策法を紹介します。

 ①住宅ローンの金利の借り替えを再考する

現在の住宅ローンでの返済がきついと感じたら、金利の借り換えを検討してみましょう。金利はどこも同じというわけではなく、銀行によって住宅ローンの金利も違います。

また、変動金利では金利が下がれば返済額も下がりますが、ローンを組んだときの指標として計算されています。ローンを組んから数年経っている場合は、変動金利でも借り換えを再考してみる価値はあります。

②保険や自動車に掛かる費用を見直す

住宅ローンの借り換えで返済額を減らすことが難しい場合は、住宅ローン返済以外に掛かる費用の見直しをすることも大切です。

比較的大きな支出と言えば、保険や自動車に掛かる費用です。保険は今現在必要とされる最低限に見直すことで、月々の支払いが少なくなります。

また、自動車も軽自動車に変えれば税金や維持費を減らすことができますし、、場合によっては手放すことを検討してもいいでしょう。

③住宅ローン控除を活用する

住宅ローンを組めば、納めた税金が戻ってくる住宅ローン控除を受けることができます。住宅ローン控除が受けられる期間は、入居してから10年間です。

住宅ローン控除は、ローンの残高の1%が住民税から控除されます。例えば3000万円の住宅ローン残高があれば、1%ですので30万円の控除が受けられるというわけです。

あくまでも、年末におけるローン残高なので年々控除額は減っていきます。

④融資してくれている金融業者に相談する

色々策を講じても、どうしても住宅ローンの返済がきついなら、新しい借入先を探しましょう。金融業者によっては、ローンがあっても融資してくれるところもありますし、使用用途に限定がないローンもあります。

ただし、返済がきびしいために新しく借り入れするので、その返済が今以上に厳しくならないよう注意するのが大前提です。それを念頭に置いて、融資してくれる金融業者に相談しなければなりません。

3000万円のローンを35年で返すときのお薦め住宅ローンは?

住信SBIネット銀行 住宅ローン

3000万円を35年ローンで返済するとなると、金利が支払額に大きな影響を与えます。そこでおすすめなのが、金利が低い住信SBIネット銀行の住宅ローンです。金利を基準の2.775%から引き下げて契約することができ、実質金利は0.457%とかなり低く設定されています。変動金利ではありますが、ローンの金利を抑えたい人におすすめです。

また、保障が充実していて、ローン返済時に病気になったときに給付金や保険金が支払われるサービスが付帯しています。

楽天銀行 住宅ローン

全期間固定金利型でおすすめなのは、楽天銀行の住宅ローンです。こちらは、他の金融機関の全期間固定金利と比較しても最低水準の0.85%~1.05%となっていて、保障を付帯させるかどうかによって金利が変わります。

借り入れの相談もネット上で可能ですし、手続きもネットと郵送で完結するため、わざわざ足を運ぶ必要もありません。

3000万円のローンを組む時に悩んだら一括比較サイトを使うのもあり

ここまで、3000万円の住宅ローンを35年で返済する方法について紹介してきました。でも、金融機関によって金利も違えば、手数料やサービスも違います。

35年という長い期間をかけて3000万円を返済していくわけですから、迷うのも当然です。どこを選べばいいのか分からなくなった場合は、一括で住宅ローンを比較できるサービスを利用しましょう。

住宅本舗の住宅ローン一括審査申込みサービスは、約70以上の銀行を一括比較できるだけでなく、最大6銀行に審査の仮申し込みができてしまいます。1つ1つの銀行を訪れて審査を申し込むより、断然効率も良く便利ですよね。

3000万円を35年の住宅ローンを組むときは、資金計画が立てやすい固定金利がお薦め

3000万円の住宅ローンを組む場合、固定金利がいいのか変動金利がいいのかを比較してみました。結論からいえば、固定金利のほうが資金計画が立てやすく、返済額も変わらないのでおすすめです。

35年のローンでは金利が総返済額に大きな影響を与えるので、それを念頭に置きながら自分に合った住宅ローンを見つけるのがいいのではないでしょうか。