タイでカードを使ったキャッシングはできるの?注意点は?【旅行】

タイに行きたいんだけど現地でのお金の調達に不安がある、といった人にはカードを使ったキャッシングをおすすめします。カードを使ったキャッシングであれば、必要なときにお金を現地の通貨で用意できます。

この記事では、そんなカードを使ったタイでのキャッシングについて、詳しく解説していきたいと思います。

タイでもカードを使ったキャッシングはできる

タイで使用できる通貨はバーツですが、どうやって用意したら良いのでしょうか。最も手っ取り早いのは、カードを使いキャッシングすることです。

タイにあるATMでは、日本のカードも使用できるので、簡単にバーツを調達することができます。バーツを直接所持していなくてもクレジット決済などであれば、スピーディーにタイでの決済が可能になります。

タイでカードを使ってキャッシングをする際に注意すべきこと

タイのような海外でも、キャッシングを利用することで、簡単に現地の通貨を調達できますが、注意しなければいけないこともあります。それは国内では考えにくいことでもあり、海外ならではの問題ともいえます。

いくつか抜粋したので、それぞれ解説していきます。

タイのATMは日本と仕様が違い、キャッシングしたお金が出てくるタイミングが異なる

タイのATMは、日本のATMともちろん仕様が違います。ですが、操作する手順はそこまで難しくはありません。

大きく異なるのは、キャッシングした現金がでるタイミングにあります。日本のATMでキャッシングをする場合は、現金とカードは同時に出てくると思いますが、タイのATMでは現金が先にでてきて、最後にカードが出てきます。

タイでは銀行の営業時間中に支店前のATMを利用しキャッシングする

タイのような海外でATMを利用する際は、トラブルが発生した場合を想定しておくことが大事です。そのため、ATMも銀行のATMを極力使用し、なおかつ銀行の営業時間中に利用することで、不測の事態でも安心できます。

また、防犯的な観点からみても銀行ATMを利用することは大きなメリットといえます。ATMはできるだけ銀行ATMを利用するようにしましょう。

ATMを使うときcontinue with conversionは絶対に押してはいけない

タイでATMを利用するときに、Continue with conversionという画面がでて選択を迫られることがあります。その際にこれを選択してしまうと、カナダの銀行が日本円のレートを割高で設定しているため、割高な手数料を請求されることになります。

なのでContinue with conversionは決して選択せず、Continue without conversionを選択するようにしましょう。こちらであれば、現地通貨のレートで請求となり、手数料もそこまで割高ではありません。

タイでキャッシングするときは、ATMPOOLのマークがあるATM機で行う

タイでキャッシングする際は、出来る限りATMPOOLというマークがある機械を利用するようにしましょう。ATMPOOLとは、手数料無料という意味なので、余計な出費を抑えることが出来ます。

これはタイに限らず、日本においても、他社のATMなどであれば、手数料が発生します。その手数料を抑えることができるのですから、お得になります。

タイでATMを使うのが不安な時は、銀行直営・直結の両替所でキャッシングできる

タイのATMを利用し、キャッシングするのは、海外ということもあり、やはり不安な部分が多いものです。そういった場合には、両替所でキャッシングするという手段も1つ考えてみたいところです。

両替所は銀行直営もしくは直結であることが望ましいです。銀行が絡んでいるので、不正の心配もなく、安心して利用できますよね。

タイでキャッシングするときにいくらまで引き下ろせるのか

タイでのキャッシングにおいて、実際いくらまで融資が可能であるのか。これは各カード会社によって異なりますが、おおよそ限度額は50万円程度と日本でのキャッシング上限額と大差ありません。

海外キャッシングの上限額を引き上げることも可能になります。その場合は、年収証明書が必要になります。

タイでお金を引き下ろすときはキャッシングすれば手数料が0円になる

お金借りるタイでお金を引き出すときは、キャッシングをうまく利用することで手数料が無料になります。タイのATMの中には、ATMPOOLというマークのあるATMがあります。そのATMを利用することで、手数料が無料となるのです。

ですから、キャッシングをする場合はATMPOOLのマークのあるATMを探してみましょう。

タイでもキャッシングは可能、事前に注意点はしっかり押さえておこう

このように、タイでもキャッシングが可能がことがわかりましたね。しかし注意事項も多いので、事前に調べておくことが必要です。

キャッシングをうまく使うことで、タイでの滞在も快適にできることでしょう。キャッシングはあくまでも借金なので、利用は計画的にするようにしましょう。