家族の借金について調査方法ってある?探偵は調べてくれるの?

借金 滞納

これから家族となる相手に借金があるかも知れない、旦那のお金使いが荒いけど大丈夫かな?というような家族に関するお悩みを抱えている方はいらっしゃるのではないでしょうか。

借金の調査方法となると探偵に依頼すればいいのかと言った調査方法が分からないですよね。

この記事では家族の借金を調査する方法があるのか、探偵は調べてくれるのかについて紹介します。

家族が借金を抱えていないかについての調査方法はちゃんとある

これから結婚を考えていたり、旦那の浪費癖がひどいけど大丈夫…?とこれから家族として生活していくのに相手に借金があるかもしれないって思うと借金があるか気になりますよね。気になった後には、なんとか借金の有無を調査する方法はないか?ないかと考えている方の為にお伝えします。

家族に借金があるかを調査する方法はあります。しかし、相手に気づかれないように借金を調査するのは非常に難しいです。

そこで、今回は家族に借金の有無があるかどうかを調査する方法について徹底的に解説していきます。

家族が借金を抱えていないかについての調査方法は大きく分けて3つ

調査方法は大きく分けて3つありますが、調査対象者の協力が必要不可欠となるケースが多くあります。とはいえ、いくつかある調査方法を覚えておく事で、明確な借金の金額までは分からないにしても、借金の有無については確認する事ができますので、3つの調査方法を紹介していきます。

調査対象者に届いている郵便物を調べる

調査対象者が借金をしている場合には、知らない人や、知らない会社からの郵便物が送られてくる可能性が非常に高いです。大手消費者金融からの郵便物であれば一目で借金をしているのかと疑う事が事ができますよね。

しかし、消費者金融が郵便物で督促状を送付してくる時には、ダミーの会社名を使用していますので、知らない会社から頻繁に郵便物が届く場合には、調査対象者は借金をしている可能性がありますので要注意です。

調査対象者の通帳を確認する

通帳を確認する事ができれば借金の有無がある程度わかります。振込で借金をしていると、取引記録に借り入れと返済状況の形跡が残っていはずです。

しかし、難点としては調査対象者が通帳を簡単に確認させてくれるかがポイントになりますので、調査対象者の協力が必要になってきます。

個人信用情報機関に開示請求をする

信用情報機関で取り扱っている信用情報とは、ローン、分割払い、キャッシング等の利用情報になります。そのため、個人信用情報機関で信用情報の開示請求をする事で、借入先や借金の金額まで明確にわかります。

一方で、個人信用情報機関に開示請求をするには、調査対象者本人でないと手続きができませんので、本人に協力してもらいましょう。

家族の借金調査方法に個人信用情報機関への開示請求を選んだときの手順

信用情報機関と呼ばれている会社は3つあります。その各社によって取り扱っている情報が異なる場合がありますので、多方面で借金がある場合には、全ての情報機関に開示請求をする事で明確な借金を調査方法となります。

では、各社の開示請求の手順を確認していきましょう。

株式会社日本信用情報機構を家族の借金調査方法に選んだ場合

・スマートフォン

開示までの結果 1週間〜10日

手数料 1,000円

⚠︎スマホでの開示請求は15歳以上〜となります。

・郵送

開示までの結果 1週間〜10日

手数料 1,000円

郵送での手続きでは必要となる書類をホームページから引用して、コンビニのプリンターで印刷しましょう。

下記リンクが日本信用情報機構、郵送による開示の手続きとなります。

・窓口

開示までの結果  窓口で結果が分かる

手数料  500円

窓口は2拠点しかありません。東京と大阪にありますので住所を掲載しておきます。

【東京開示センター】
〒101-0042
東京都千代田区神田東松下町14 東信神田ビル2階

【大阪開示センター】
〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島1-5-30 堂島プラザビル6階

各受付時間は平日AM10時〜PM4時となります。

株式会社CICを家族の借金調査方法に選んだ場合

・スマートフォン、パソコン

手数料 1,000円

開示までの結果  即日

スマートフォンやパソコンで開示請求をする場合CIC指定のクレジットカードにて手数料を支払う必要があります。

また、開示報告書の受け取りがPDFファイルとなりますので、スマートフォンの場合にはPDFを確認する為のアプリが必要となります。

後はCICのホームページにて開示請求の手続きを進めていきましょう。

・郵送

手数料 1,000円

開示までの結果  10日

・窓口

手数料 500円

開示までの結果  即日窓口にて

CICの開示相談窓口は全国に7箇所あります。受付時間は平日AM10時〜PM4時となります。

全国銀行個人信用情報センターを家族の借金調査方法に選んだ場合

全国銀行個人信用情報センターでの開示請求は、郵送のみとなります。手順を確認していきましょう。

手数料 1,000円

開示までの結果  1週間〜10日

探偵は借金を調べられないため、調査方法としては選択肢に入らない

違法

調査対象者に気づかれないような借金の調査方法を考えると、探偵に依頼してみよう。なんて考える方がいますが、探偵は基本的に借金の調査は行なっておりません。探偵が調査できない理由がこちらです。

  • 本人しか開示請求ができない
  • 身分を偽って調査対象者に接触は違法
  • 調査対象者の郵便物開封も第三者が盗み見る事も違法

これだけの理由がある為、探偵では借金の調査を合法的には行う事ができません。しかし、一部探偵業者では借金調査可能とうたっている事務所がありますが、違法調査をしている事務所と考えて間違いありません。

調査の結果家族の故人に借金があって、借り入れ先から督促が来てしまった場合はどうする?

もし亡くなった方宛に督促がきても、すぐに滞納分を支払ってしまう事は注意しましょう。なぜなら、一度でも借金を返済してしまうと相続破棄が出来なくなる可能性があります。

仮に今回の未納分が少額でも総額が大きい金額の可能性が考えられます。そうなると一回返済したが故に借金の相続破棄ができなくなり莫大な借金を背負ってしまいます。ですので、もし亡くなった方の借金の督促が来ても直ぐに支払う事はリスクとなります。

もし返済を考慮している場合には、支払う前に様々な調査方法にて借金総額がどれくらいあるのかを確認してから返済をするか判断しましょう。

借金の調査方法は大きく分けて3つ、探偵は違法調査になるため調査できない

借金の調査方法には3つありますが結局調査対象者の協力が不可欠になります。

こっそり借金について調べたいと探偵に依頼をと思っても、探偵では違法になるため対応はできません。仮に対応している探偵があっても違法調査となりますので、必ず調査対象者に協力してもらいましょう。