借金の担保の品ってどういうものなら差し出せるの?【借り入れ先別にご紹介】

手続き

借金をする際に、担保の品を差し出すことが出来ます。

一般的には、土地や建物などの不動産が多いですが、意外なものまで担保の品として提供することができるのです。

債権者もその担保によって、借金の金額を決めることができ、最悪担保の品で借金の返済に充当しようと考えます。

今回は、借金における担保の品について、詳しく解説していきたいと思います。

どこから借金をするかで、担保にできる品は違う

一般的に担保といえば、土地や建物などの不動産が挙げられますが、車などの動産も担保にできます。

現在消費者金融では、無担保ローンと呼ばれるものが主流で、あまり担保という言葉はしっくりこないと思います。

ですが、消費者金融の中には担保ローンもあり、無担保ローンに比べて、金利も低く、融資額が多くなっています。

担保ローンは、基本的に高額のローンを組む際に、適用されることが多く、返済が滞ってしまうと、代わりにその担保を返済に充当するというものです。

そもそも借金の担保とは何か

担保には、様々な種類の担保があり、借入先や借入する金額によって変わっていきます。

保証人や連帯保証人もいわゆる人の担保であり、代わりに借金の返済をするという役割を担っています。

また物の担保では、一般的に不動産が利用されることが多く、高額な融資を受ける際に必要となることがあります。

担保は、借金の返済が厳しくなった際に、借入先がその返済の代わりとすることにより、債権の回収を確実なものとするのです。

住宅ローンなど、借金の担保で代表的なものは不動産

住宅ローンなどの高額な融資をする際には、担保を必要とする場合が多いです。

その際の担保は、不動産であることが多く、それは融資額が高額であるので、代わりになる担保はどうしても不動産のような大きなものになってしまいます。

不動産を担保にする場合は、抵当権というものが必要になり、抵当権とは場合によっては、不動産を売却してその資金を借金の返済に充てますという権利です。

債権者は、この抵当権があることで、該当の不動産を担保として抑えることが可能になり、いざというときは不動産を使って、借金の代済を可能とするのです。

個人向けの「証券担保ローン」の場合は株券や有価証券を担保に借金できる

証券担保ローンであれば、株券や有価証券を担保とすることで、お金を借りることができます。

株券などは、いざというときに売却できる財産ですが、証券会社からしたら、売却されたくはないと考えますよね。

そういった場合に、証券会社が株券や有価証券を担保として、お金を貸し付けてくれるというものです。

利用者は、株券などを売却せずに金策を立てることができ、証券会社も、株券などの売却をされずに、利息を付けてお金を貸すことになるので、お互いにウィンウィンなのです。

質屋からの借金の場合は、時計やブランド品などを担保にできる

現代の日本ではあまり馴染みはないが、昭和の時代においては、早急に金策が必要な場合に、重宝したと言われる質屋があります。

質屋は、価値のある有形財産を担保として、その価値に見合った金額を一時的に借り入れるということです。

一般的にお金を借りる際には、返済能力を見極める収入であったり、信用情報であったりと、様々な情報が必要になりますが、質屋では、物を担保にお金を貸し出しているので、それらの情報は一切関係ないのです。

また、質屋に質入れした有形財産を取り返すことはできますが、その期間は、最長で三ヶ月という期限が設けられています。

それ以上の期間が過ぎた場合は、質入れした有形財産は、取り返すことはできなくなり、仮に保管期間の延長を申し出た場合は、利息が発生します。

品では無いが保証人も実質的には担保である

担保と聞くと、何か価値のある物を連想してしまうと思いますが、保証人や連帯保証人も立派な担保になります。

とはいっても、人自体に価値を付けているのではなく、その人の収入や財産に対して、担保としているのです。

よく賃貸における契約上には、保証人または連帯保証人を付けることが多いですが、あれは賃貸契約における担保が保証人または連帯保証人、つまり人を担保としています。

契約者が家賃などの費用を支払うことが出来なくなった場合は、担保としている保証人または連帯保証人が、その代済をするというのが通例ですよね。

こういわれてみると、人を担保としている契約は意外と身近にあるのです。

友人間での借金でも、何か品を担保にすることはできる

ブログ

友人間での借金においても、担保を使った貸借契約は可能です。

確かに、担保として借主の財産となるものを抑えておくことで、借金の回収を容易にしています。

しかし、その場合債権者つまり貸主は、その担保を厳重に保管しなければならなく、仮にその担保に何か問題があった場合は、損害賠償請求を受けることにもなります。

担保によっては、安易に預かることはできなかったりするので、貸主は極めて高いリスクを背負うことになりかねません。

厳重に保管できる場所の確保が必要となります。

友人や家族など個人間の借金は、担保と合わせ借用書も作っておく

友人や家族などの個人間の借金でも、きちんとした形を取っておく必要があり、まずは、借用書の作成が挙げられます。

日時や金額を明記した上で、場合によっては利息などの記載もしておきましょう。

また、担保もその際に条件としてあれば、直良しといったところです。

借用書自体には、法的な効力はないので、公正証書をすることによって、その効力をつけることができます。

親しい仲だからこそ、こういった部分は、なあなあにならないようにすることで、トラブルの予防線としています。

どこからの借金ならどんな品を担保にできるかを頭に入れておこう

頑張る

ひと口に借金といっても、様々な条件での契約があることがわかりました。

特に担保という形の契約では、貸主つまり債権者は、借金の回収不能を防ぐことができ、また精神的な安心も手に入れることができます。

借主からしても、担保を条件につけることで、一時的な信用を手に入れることができ、お互いに利益があります。

担保には、借金の借入先によって、できるものとできないものがあるので、それぞれ担保が可能なものを、あらかじめ頭に入れておきたいところです。