闇金からの借金は踏み倒すことってできる?逃げ切れるものなの?

借金を認める

過去に信用状況を悪くしてしまったせいもあり、どこの金融業者からも借り入れができなく、闇金を利用してしまったが、法外な利息に踏み倒しを考えています。

そんな簡単に闇金の借金を踏み倒すことはできるのでしょうか。

確かに、闇金の法外な利息は返済する必要がないと、国が提議していますが、闇金の追い込みは想像以上にキツいものがあります。

今回は、闇金からの借金を踏み倒すための方法について、詳しく解説していきたいと思います。

闇金からの借金を踏み倒すのは非常に難しい

闇金は、利用者に法外な利息を要求して、運営していますが、利用者からすると堪ったものではありません。

そこで、借金の踏み倒しを計画するのですが、果たして逃げ切れるのでしょうか。

仮に引っ越しをして住所を変えたとしても、住民票を移していれば、すぐに追いかけてきます。

また、職場に取り立てがくることも珍しくなく、利用者の家族にまでその取り立ての手が及ぶことがあります。

中々容易なことではなく、精神的にも追い詰められる可能性が高いです。

闇金の借金は専門の弁護士に相談し合法的に踏み倒す

流れ

闇金の借金については、一人の力ではどうにかするということは難しいので、専門家である弁護士に相談してみることが賢明です。

闇金撲滅を掲げている弁護士は多く、積極的に相談に乗ってくれることでしょう。

具体的に何をするのかというと弁護士は、その法的な観点で、闇金の法外な取り立て攻撃を止めさせてくれます。

闇金にとって、弁護士という相手は厄介なもので、早々に手を引いてくれることが多いです。

できるだけ早い段階で、弁護士に相談しておくことで、周囲の人が余計な被害にあわなくて済みます。

闇金からの借金が解決したらやるべきこと

 

弁護士のアドバイスを受けながら、なんとか闇金の借金を解決することができたら、もう二度と闇金を利用しないことを心に誓いましょう。

また、弁護士を通して、二度と非常識な催促をしないことを、闇金に約束させているかと思いますが、相手は違法業者です。

一度闇金に個人情報を知られてしまっていることを忘れずに、通常の生活を送りましょう。

おそらく、闇金が入手した個人情報は、闇のルートで拡散されているので、向こう数年は悪質なセールスに付きまとわれる可能性が高いです。

なので、闇金からの借金を解決した後は、できるのであれば、住所も連絡先も変えてしまうことをおすすめします。

借金を踏み倒す債務者をみすみす見逃すほど闇金は甘くない

闇金からの借金は、確かに法外な金利であるので、返済の必要はありません。

しかし、闇金も違法業者なので、少々荒ぶった方法を駆使しながら、そう簡単に借金の踏み倒しをさせてはくれません。

以下について、解説していきます。

引っ越ししても住民票を移しているとそれを追ってくる

闇金の借金を踏み倒すために、まずやることといえば、引っ越しをして住所を変えることです。

こうすれば、新しい住所がわからず、取り立てのしようがありませんよね。

しかし、引っ越しと共に住民票を移すと思いますが、その住民票で、すぐに住所を突き止めるのです。

なので、住民票を移さず、夜逃げ同然で引っ越しをしなければ、闇金を捲くことはできないといえます。

自分や家族の職場にまで来て督促してくる

返済をしないで放置していると、闇金が職場や家族に対して、取り立てを行います。

そうなると、周囲の人たちに大きな被害が出てしまうことになります。

直接本人に取り立てをするより、周囲の人たちを巻き込むほうが精神的にダメージを与えることができる、これが闇金のやり方です。

結局そうなると、周りの人たちに迷惑をかけられないと、自ら屈してしまうことになるのです。

闇金の借金を踏み倒し逃げる間にも、高額な利息が膨らみ続ける

闇金の利息は法外であるので、返済の必要はありませんが、それでも増え続ける利息に怖くなってしまいます。

よく聞く、トイチは10日で1割、トゴは10日で5割、とんでもない利息ですよね。

利息制限法では、金額によりますが、高くても20%を超えてはいけないとされています。

ですが、トイチやトゴでは、計算上350%をゆうに超えることになり、暴利であることがわかると思います。

払う必要がないとわかっていても、増え続ける利息に危機感を覚えてしまうのが、闇金利用者の特徴です。

その重圧に耐えられず、支払いをしてしまうという人も少なくありません。

闇金の借金を踏み倒すと、家族や友人、近所の人にも迷惑が掛かる

借金 滞納

闇金の借金を踏み倒すことで、まず家族に取り立ての矛先が向きます。

債務者本人がされた取り立て、執拗な電話による催促、直接訪問など、そっくりそのまま家族が被ることになります。

また、家が近いだけで債務者とは何の関係のない近所の人も、その取り立てを受けることがあります。

闇金は、お金を絞り取ることしか考えていないので、債務者の家族や友人、はたまた債務者の近所の人にまで、その非常識な取り立ては続くのです。

こうなっては、債務者の立場がないので、結局闇金に屈してしまうことになるのです。

しかし、そうなってしまっては、闇金の思うツボというわけです。

踏み倒す前提で闇金から借金するのは更に危険な行為

闇金からの借入は違法だからといって、もとより踏み倒す前提で融資を受けようとするのは止めましょう。

なぜなら、それは詐欺行為に当たる可能性があるからで、返す気がないのにも関わらずお金を借りる行為自体が違法になります。

いくら闇金が違法業者であっても、こちらが違法なことをしては、闇金を咎めることはできません。

さらに、闇金は基本的に初回の融資は少額からしか受け付けていないので、あまりメリットがないです。

闇金側も、そういった行為をする人を、あらかじめ予測していての対応といえます。

闇金の借金は踏み倒すのではなく専門の弁護士に相談しよう

闇金の借金で困っているのであれば、踏み倒しを考えるのではなく、早急に弁護士に相談するようにしましょう。

弁護士は、法律のプロであり、闇金にとっては最も関わりたくない相手なのです。

ほとんどの闇金は、弁護士が出てくると、早々に退散してくれるので、闇金の借金解決までに時間は掛かりません。

極論をいえば、あらぬトラブルを招く闇金からは、借入をしないことが大前提ですが、闇金を相手にするには弁護士が何よりも強い味方となってくれます。