他社借入額はキャッシングの審査にどんな影響があるのか

利息

誰でも条件を満たしていれば、キャッシングを利用できるわけではありません。

キャッシングの利用に際しては、審査を通る必要があります。

審査には、様々な観点から利用者の返済能力を見極めることになりますが、他社での借入額はその返済能力に大きな影響を与えます。

今回は、キャッシングの審査と、他社での借入額との関係について、詳しく解説していきたいと思います。

キャッシングの審査で他社借入額は大きく影響する

キャッシングの審査の際には、申込者の他社での借入額が大きく審査に影響することがわかっています。

なぜなら、他社での借入額が大きかったり、借入先が多かったりすると、申込者が経済的に困窮しているという事実が明らかになります。

また、それだけの理由であれば、返済能力が著しく低いと判断されることになり、仮に融資をしたとしても、回収できる可能性は低いことがわかります。

よって、他社での借入額が、一定額以上であると判断した場合の審査は、非常に困難を極めることでしょう。

他社借入額は「総量規制」を超えているかが重要になる

借入には上限があり、どれだけ借入先に有利な条件を満たしていても、青天井で借入をすることは原則できません。

なぜなら、法律で年収の1/3以上の借入はできないとされているからで、これを総量規制といいます。

各業者が、申込者の他社の借入額を調べる際には、この総量規制を超えていないのかが重要になるのです。

仮に総量規制を超えていれば、どれほど申込者の返済能力が優秀であっても、借入をすることはできず、審査落ちとなってしまうのです。

総量規制に除外されるもの

車

この総量規制は、過去に借金苦で困っている人が多く存在していたので、救済処置として国が作った制度です。

しかし、全ての借入にこの総量規制が適用されてしまっては、車や住宅などの高額な買い物をする際に、困る人が多くいることでしょう。

なので、車のローンや住宅ローンについては、総量規制の対象からは外れています。

あくまでも、総量規制は消費者金融などでお金を借り入れする際の予防線となっているので、心配ありません。

また、銀行などから借り入れる場合も、総量規制の対象外となり、総量規制はあくまでも貸金業法での制度なので、銀行は管轄が違うのです。

キャッシングの他社借入額で嘘をついてもバレる

違法

他社での借入額が審査に大きく影響することは、キャッシング常習者からすれば周知の事実です。

なので、中には他社借入額を偽って、審査を通そうとする人もいますが、すぐにバレるのでやめましょう。

なぜなら、各業者は個人信用機関の情報を共有しているので、申込者の情報を照会すれば、すぐにわかってしまうのです。

そして、虚偽の申告をしたとして、業者からの信用は一気に落ち込み、それが審査落ちとなる要因にもなります。

確かに審査では、申込者の過去や現在の状況を見ますが、それ以上に人間性を見ています。

自分の情報に自信がなくても、虚偽の申告はせず、堂々としていましょう。

キャッシングの他社借入額と借入件数の違い

借金を認める

では他社に借入があったとして、借入額と借入件数どちらがより重要となるのでしょうか。

まず借入額ですが、総量規制に引っかかっては、融資そのものを受けることができなくなります。

なので最低限、総量規制に引っかからない程度が求められます。

次に借入件数ですが、こちらは多ければ多いほど印象は悪く、もちろん件数が少ないほど審査に通りやすいでしょう。

ただし、件数が多くても、おまとめローンであれば通る可能性はあるとされています。

クレジットカードのキャッシング枠は他社借入額に含まれるのか

クレジットカードには、キャッシング枠というものが付いていますが、これも他社借入額に含まれます。

キャッシング枠は、カード発行の際には審査を終えていると考えられ、利用しようと思えばいつでも利用できます。

なので、キャッシングをする予定が今後ないのであれば、キャッシング枠を外しておくことが、今後の為になります。

審査においては、クレジットカードにキャッシング枠が付いているだけで、借金していると判断されるので、ローン組みの際には、不都合になる可能性があるのです。

他社借入額が大きい場合は借換ローンを利用する手もある

他社借入額が大きいのであれば、金利の低い業者に借り換えするという方法もあります。

そうすることによって、複数社から一社にまとめることができ、金利も今までよりもグッと抑えることが可能となっています。

以下について、詳しく解説していきます。

借換ローンのメリット

大きなメリットはやはり金利を抑えることができるという部分です。

借金の返済で何がネックになるかというと、圧倒的に金利になります。

この金利の問題を少しでも軽減できるだけでも、全然違います。

また、複数社から一社にまとめることができ、返済にかかる労力も減ることになります。

借換ローンのデメリット

メリットでみれば大きな魅力を秘めている借換ローンですが、実際審査の問題が大きな壁です。

金利の低い業者というのは、審査は厳しい傾向にあり、まずは審査を通すことを考える必要があります。

また、借換ローンによって一本化したことにより、金額に対して金利が発生するので、結果的に借金総額が増えてしまうことも考えられます。

しかし、それらのデメリットはありますが、現在の状況よりも改善される可能性があるのであれば、まずはやってみなければ何も変わりません。

キャッシングは慎重に

克服

キャッシングはとても便利なものである反面、つい利用しすぎてしまう可能性もあります。

自己管理がしっかりできていないと、あっという間にキャッシングに依存してしまい、借金地獄になってしまいます。

キャッシングを利用する前には、一度本当にキャッシングしなければならないのかを考えてみましょう。

安易に利用するようなものではなく、できれば利用しないに越したことはありません。

キャッシングは計画的なご利用でこそ、その魅力をフルに生かせるものです。