キャッシングと借金に違いはある?借金地獄にならないための賢い使い方とは

整理

キャッシングと借金、これらの言葉は普段から何気なく使っていますが、厳密にその違いとはどこになるのでしょうか。

キャッシングとは、銀行や消費者金融などでの借り入れを指していることが多く、借金とは、その借入の総称であることがわかります。

どちらも意味は違えど、お金を借入していることには変わりはなく、早急に返済しなければならないものであります。

今回は、キャッシングと借金の違い、また借金地獄にならない為の使用法について、詳しく解説していきたいと思います。

キャッシングと借金の違いとは

キャッシングと借金は、お金を借入するという、その内容に大差はないですが、意味においては大きく違うことがわかります。

よく使われる言葉だけに、その意味を深く知っておきたいところになります。

以下について、詳しく解説していきます。

キャッシング

キャッシングとは、主に銀行や消費者金融などの機関から、お金を借入することを指しています。

業者によっては、専用のローンカードというものを使用して、専用の機械においてお金を融資するといった方法も取られます。

例えば、友人などから借りる場合には、キャッシングという言葉は使わず、これらの業者以外から、お金を借りることをキャッシングとは呼ぶことはないです。

なので、銀行や消費者金融などの機関から、お金を借りるときに使うのが、キャッシングであると認識しておきましょう。

借金

借金とは、お金を借りていることを総称しており、その際の借入先に指定はなく、お金を借りる行為自体をそう呼んでいます。

なので、キャッシングは借金の中の一つに収まるといったことになり、何かに限定された話ではなく、広い意味で借金という言葉は使われます。

言葉自体あまりいい響きではなく、多くの人は、借金という言葉自体に後ろ向きな意味を感じてしまうでしょう。

キャッシングの利用方法

専用の機関からお金を借入をするキャッシングですが、その方法は大きく二つに分けることができます。

それは、クレジット会社から借りる場合、銀行や消費者金融から借りる場合になります。

以下について、解説していきます。

クレジットカードのキャッシング枠の場合

クレジットカードには、通常の買い物で利用できるショッピング枠の他に、ATMなどでお金を借入することができるキャッシング枠というものがあります。

このキャッシング枠でのお金の借入も、キャッシングと呼ばれる行為になります。

クレジットカードを作る際の審査で、キャッシング枠の上限は決められており、利用者はその上限内であれば、自由にお金を借入することができます。

ただし、クレジット枠はショッピング枠の一部としてカウントされるので、クレジット枠を利用する際は、ショッピング枠の金額にも気を付けなければいけないという制限があります。

消費者金融から借りる場合

アイフルやアコムなどの消費者金融から、お金を借入する場合もキャッシングとなります。

大手消費者金融であれば、ローンカードというものが発行され、そのカードを専用の機械に通すことで、借入ができます。

この作業が、クレジットカードのキャッシング枠を利用する部分と類似しているところで、キャッシングと呼ばれている説もあります。

キャッシングの賢い使い方

任意整理

キャッシングでお金を借りる行為は、非常に簡単なので、つい借りすぎてしまうということも容易にあります。

まず、お金を借りるという行為自体が、自己管理がきちんとできていないと、大変なことになる可能性を秘めています。

賢く利用できれば、キャッシングはかなり心強いものです。

以下について、解説していきます。

借りる前に返済計画をしっかり立てる

お金を借りる際は、実際にお金に困っているので、あまり後先を考えることはしないかと思います。

しかし、お金を借りるからこそ、後先をしっかり考えるべきなのです。

まず融資希望額に無理はないか、実際に返済できなければ自分の首を絞めるだけです。

ざっくりでもいいので、無理のない返済計画を立ててみましょう。

少額で短期間借りる

いきなり、それなりの金額を借りてしまっては、返済できるか不安になることでしょう。

なので、最初は少額を借りて、できるだけ短期間で返すことを心掛けましょう。

キャッシングは基本的に利息が高い傾向になり、少額であれば金利も多少抑えることができます。

また、短期間で返すことにより、返済する感覚を身体で覚えさせるという利点もあります。

借金地獄に陥りやすいパターン

借金地獄に陥りやすい人には、ある程度似たような特徴があります。

確かに、その人の自己管理もありますが、重要なのはその用途になります。

何のために借金をするのか、そこに注目していきたいと思います。

以下について、解説していきます。

ギャンブルに利用する

場合によっては、お金が増えるかもしれないギャンブル、人はこのような射幸心に弱いです。

趣味程度であれば許容範囲ですが、借金をしてまでギャンブルにのめり込んでしまうのは考えものです。

このような人はギャンブル依存症の可能性が高く、この依存症が改善しない限りは、永久的に借金を繰り返すでしょう。

貢ぐために借金する

誰かの生活を支えるために借金をする、ようするに誰かに依存してしまっている状態です。

このような場合も非常にマズイ状況であり、自分の収入内で貢ぐのであれば、問題ありませんが、借金をしてまで貢ぐという行為は、ちょっと正常ではないです。

貢がれている人が気付いているのであれば、騙されている可能性が高く、その金額はエスカレートする可能性が高いです。

生活費に利用する

生活するために借金をしているのであれば、もはや借金で借りた金額が収入のような感覚になっています。

そこまで生活に困窮しているのであれば、借金は止めて、役所などに相談したほうが賢明です。

場合によっては、生活保護という制度を利用できる可能性もあり、現在の生活よりは幾分マシな生活を送ることができるでしょう。

他社の借金を返済するために利用する

借金の返済をするために借金をする、これは借金地獄に陥る前触れです。

この方法で返済をしても、誰が考えても、借金は減るどころか増えていく一方になります。

金利の低い業者を使って、借入先を一本化するおまとめローンや債務整理という方法を早急に検討するようにしましょう。

借金することは悪ではない

借金すること自体別に悪いことではなく、突発的な出来事で金策を立てられない状況には、お金を借りるという行為は必然であると思います。

大事なのは、借りることよりも借りた後で、きちんと返済できる能力と借金に依存しない精神力、生活状況であれば問題はありません。

だらだらと借金を繰り返し、返済もロクにできない、借金をする理由に正当性がないのであれば、それは悪といえることでしょう。

キャッシングにしても、借金にしても、お金を借りる際は、計画的な返済計画を立てて、有効的な利用にしましょう。