キャッシングの利用希望額とは?希望した通りに利用できる?

キャッシング枠では契約時に自分で限度額の申請ができ、その枠内でなら自由に借り入れができます。
しかし非常に便利な故に、希望額を考える際には注意すべき点もあるのです。
この記事ではキャッシングをより便利に利用できるよう、希望額について知識を共有します。

クレジットカードには2つの枠がある

通常ではクレジットカードの使用方法には、店舗等で買い物をした会計時に使用できる「ショッピング」と、現金を直接借り入れることが出来る「キャッシング」の2つがあります。
それぞれに関し、もう少し詳細に説明いたします。

ショッピング枠

ショッピング枠とは店舗等でクレジットを使って買い物、つまりショッピングをする時に使用できる機能のことであり、契約時に限度額を設定します。
そして限度額の枠内であれば、現金を使わずにクレジットカードを用いて残高の枠内で商品の購入をすることができるのです。
取引の実績を正常に積んでいけば、ショッピング枠は徐々に増額していきます。

キャッシング枠

キャッシング枠では、限度額の枠内で現金を直接借り入れることが出来ます。
キャッシング枠はショッピング枠の中で設定されており、ショッピングの残高に応じてキャッシング枠で利用できる限度額が決まってきます。
どちらかというとキャッシングはクレジットカードの付帯的サービスの意味合いも強いため、契約時にキャッシング枠を設定しないこともできます。

キャッシングのご利用希望額って?

キャッシングの希望枠とは、クレジットカードの契約の際に申し出る、「いくらまでキャッシングをしたいか」希望する限度額のことを言います。

「0円」「10万円」「30万円」「50万円」「100万円」という風に前もって選択肢が決められているケースや、申し込みの時に自分で希望額を書き入れるケースがあります。

希望額はあくまでも申込者の希望であり、申し出た通りの金額にならないことも多々あります。

希望額を設定する時の注意点

キャッシングの希望枠についてあまりよく分からないまま深く考えずに適当に設定し、クレジットカードの契約をしてしまう人も沢山います。
特にショッピング機能の利用をメインに考えている利用者などは、気軽に金額を設定してしまいがちです。
けれどもそれは少し危険であり、気をつけなくてはいけないポイントがあるのです。

収入の3分の1をこえないこと

カードローン会社等の消費者金融からの貸し付けには「総量規制」というルールがあり、年収の3分の1を超えて貸し付けてはいけないと決まっています。
そのため、申し込みの際に年収の3分の1を超えた利用希望枠を申請すれば、ほぼ確実に審査に落とされてしまうのです。
もし仮に審査に通ったとしても、一般的には「ご自身の返済能力を超えた限度枠」ということになってしまいます。
そのままではついついキャッシングを利用しすぎて多額の借金を負うことにもつながりかねないのです。
希望額を申し出る際には、収入の3分の1を超えないようにしましょう。

返済方法を確認すること

キャッシングは元々少額の借入を前提としているため、基本的な返済方法は一括払いとなっています。
例外的な方法として返済方法にはもう一つ「リボ払い」もあり、毎月定額を返済していくことも可能なのですが、この「リボ払い」には注意が必要なのです。
リボ払いは分割払いとは違い、借入額がいくらであろうが契約時に決めた返済額を毎月返済していくことになります。
ですので月々の返済額を少額に設定していると返済までの期間が長期になってしまい、想定外に高額の利息を支払うことにもつながりかねないのです。

希望額は途中で変更できる


キャッシングを利用していると、今の限度額では少し足りないので増やしたいと感じたり、逆に思ったより利用をしないために限度額をもう少し抑えておきたいと感じることもあります。
そんな時にはインターネットや電話を通じて申し込むことで、キャッシングの限度額を変更することができるのです。
減額も増額も基本的にwebで手続きができますが、キャッシング枠を0円にする時には電話でオペレーターと手続きをしなればならないこともあります。
増額の際には30万円程度までならば比較的通り易いと言われていますが、安易な増額は借り入れ過ぎの原因になるので注意しましょう。

キャッシング枠を利用する時の注意点

キャッシング枠を利用する際には、返済までの予定をきちんと立てて、返済にかかる負担をなるべく少なくするよう注意することがあります。

  • 一括返済を選んでリボ払いを極力避ける
  • リボ払いの際には金利の計算をきちんとしておく
  • 繰り上げ返済などを利用して極力早期の返済を心がける

上記のような点には特に注意をする必要があるでしょう。

便利なキャッシングを計画的に利用しよう

キャッシングは借り入れ手段としては非常に手軽で、限度額内であれば何度でも繰り返し借り入れを行うことができます。
特に急な用事でどうしても現金が手元に必要になり困った時などは、すぐに行えるキャッシングは非常に大きな力となってくれるのです。
しかしそれだけに安易な借り入れにつながりやすく、自身の返済能力を超えて借り入れを行ってしまい「気が付いたら多額の借金を負ってしまっていた」ということにつながりかねないのです。
自身の返済能力を考慮して必要最低限度の借入のみに止め、計画的にキャッシング枠を利用しましょう。