総量規制外でキャッシング できるカードローンはある?即日融資は可能?

総量規制ギリギリまでのキャッシングを行ってしまった場合、原則として貸金業者からは新たな借り入れができなくなります。しかし実はそこには特別なケースもあり、総量規制外でキャッシングできる方法もあるのです。本記事ではその方法について整理・共有をいたします。

総量規制とは

総量規制とは、クレジットカード会社や貸金業者が現金を貸し付ける際に利用者の年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはいけないという法律の事です。

2010年に貸金業法が改正されて導入された規定で、消費者金融などの貸金業者が行なう貸し付けに適用されます。当時の日本では多重債務者が増えて社会問題化しており、借り入れし過ぎで返済に困ってしまう債務者を守る目的で導入されました。

総量規制が導入されて以降、利用者は所得証明書や源泉徴収票等の年収入証明書類を提出しなくてはならなくなり、収入を確認したうえで、原則年収の3分の1までの貸し付けしか行われないようになったのです。

総量規制でキャッシングできる?

借入をし過ぎて総量規制に引っかかってしまうと、当然新たに借入を行うことはできなくなってしまいます。けれども実は、総量規制外でも全くキャッシングができなくなった訳ではありません。

どうしても困ってしまった時に、どうにかして解決する方法はまだあるのです。あきらめずに、冷静に確認していきましょう。

総量規制外でもカードローンを利用する方法


総量規制外でもカードローンを利用する方法には、大きく分けて「借り換えローンを利用する方法」と「銀行系ローンを利用する方法」の2つがあります。それぞれ概要や特徴をここで整理していきますので、ご覧ください。

借り換えローンを利用する

年収の3分の1を超える貸し付けが制限されたとは言え、何が何でも超えてはいけないという訳ではありません。規制の目的はあくまでも「多重債務者の保護」であるため、顧客側が一方的に有利になるような貸し付けであれば総量規制外の貸し付けでも問題が無いのです。

「一方的に有利になる貸し付け」とは、毎回返済額や総返済額が減少し、追加担保や保証がない場合など当てはまります。 ですので金利が低くなる等、より返済条件が良くなる商品であれば、ローンの借り換えをすることが出来るのです。

銀行系ローンを利用する

そもそも貸金業法とは、クレジット会社や消費者金融といった貸金業者を規制するための法律です。ですので、銀行のローンであればその規制を受けることはありません。

銀行のカードローンなどを利用すれば、総量規制を受けることなく年収の3分の1を超えて借り入れをすることが可能なのです。ただしやはり借り入れの際の審査はあるため、過去長期にわたって返済が滞ってしまっていた場合などには断られてしまうようなケースもありますので注意が必要です。

総量規制で除外・例外になる場合がある

総量規制には、対象にならず貸付残高にも含まれない「除外」という扱いと、対象にはなるが年収の3分の1を超えている場合でも返済能力があると判断されれば貸し付けが受けられる「例外」という扱いの2つがあります。

除外貸付け

以下のような貸し付けの場合、総量規制にはなじまない貸し付けとして除外扱いを受けます。

  • 不動産購入のための貸付(住宅ローン)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付(自動車ローン)
  • 有価証券を担保とする貸付け
  • 高額療養費の貸付け
  • 売却予定不動産の売却代金により返済される貸付け
  • 不動産(個人顧客または担保提供者の居宅などを除く)を担保とする貸付け
  • 融資手形を除く手形の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付

除外とみなされる借入は総量規制に関係なくでき、借入れた金額額が借入残高に算入されることはありません。結果として後の借入には影響を与えないのです。

例外貸付け

顧客の利益に支障が出ない貸付けとみなされれば、例外貸付けとして扱われます。例外貸付には、例えば以下のような場合が想定されます。

  • 顧客に一方的有利となる借り換え
  • 預金取扱金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ」資金に係る貸付
  • 個人事業者に対する貸付
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付
  • 緊急の医療費の貸付

先ほどお話しした借り換えなどは正にこの「例外貸付け」と言えます。例外貸付けの場合でも総量規制にかかわらず借入可能ですが、借入額が借入残高に算入される点には中が必要です。結果として借入残高が基準(3分の1)を超過した場合、その後は「除外貸付」「例外貸付」以外では借入ができなくなってしまうのです。

ローンを利用する前に債務整理も考える

ここまで総量規制外でのローンについてお話をしてきましたが、そもそもローンをする前に債務整理をすることも検討する必要があります。債務整理とは、借金を減らしたり返済の支払いにより猶予を持たせたりすることにより債務者の返済に関する負担を減らす手続のことです。

債務整理には任意整理や過払い金請求、民事再生や自己破産という4つの手続があります。多重債務による生活の困窮やトラブルはとても辛く耐え難いものもあります。お困りであれば、一度法律の専門家にご相談いただくと良いでしょう。

総量規制がないキャッシングには手を出してはいけない

総量規制では、全ての消費者金融業者に対して利用者の年収の3分の1以上の貸し付けを禁じています。これまでお話ししてきた方法は全て合法なものですが、原則それ以外の理由を持って貸し付けを行うことはできず、もしそれでももし行ってくるようであればそれは悪徳業者や闇金業者である危険性があります。

法律的に明確な根拠なく総量規制がない業者からは、キャッシングを行うのは決してやめましょう。

借金が完済できる日を明確にしよう

総量規制を超える、総量規制以外の部分までの借入を行う方法はいくつかあります。けれども一番大切なのは、申し込みを行う前に明確な返済計画を作り、借金完済の日までのスケジュールを念頭に置いてから借り入れを行う事です。

キャッシングは無限にお金を生み出す行為では無くあくまでも借金であり、いつかは利息も含めて返済を行わなくては行けないことを忘れずに利用しましょう。