借金が親にバレた!正直に話した方が良い?どうやって返済する?

借金が親にバレた!正直に話した方がいい?

親元から離れているかどうかに関わらず、隠していた借金が親にばれてしまう可能性は0ではありません。

郵便物や電話の連絡などだけでなく、いつもと違う様子などから気付かれてしまうこともあります。親にばれてしまったら正直に話した方が良いのでしょうか。どのように借金を返済をしていくのが良いのでしょうか。

この記事では、親に借金がばれたとき、どう正直に打ち明けるのか良いかについて紹介します。

借金が親にバレたときは言い訳せずに正直に話そう

借金 滞納

借金は多くの場合、家族や友人、配偶者に知られずに行うよう工夫して行おうとするものです。

もし借金をしているのが周囲の人や親にバレたなどというようなことがあれば、家族や配偶者、知人からの信用を失うかもしれません。

一番心苦しいのは、借金が親にばれてしまったときではないでしょうか。心配かけたくなくて何も話さなかったのに借金していることが親にばれてしまうと、胸いっぱいの申し訳ない気持ちに苛まれることは間違いありません。

ばれてしまった事実は覆せません。借金が親にばれたときは、状況を正直に告白して真摯に気持ちを伝えることが一番の手段であるといえます。

借金がバレたら怒られるかもしれないが、親は力になってくれるはず

お金借りる 家族

もし自分の子供が借金をしていることが判明したら、親は心から驚いてしまいます。

親に怒られることは覚悟しなくてはいけません。しかし借金が親にばれても、そこで見捨てられるようなことは少ないのではないでしょうか。親は子供のことを考えて強く叱責したり、強く責めるかもしれませんが最後には必ず力になってくれるはずです。

仮に借金が親にバレたとしても、心を閉ざさずに向き合うことで新しい解決路が現れることもあります。

借金が親にバレたとき、彼らが気にするポイントは?

もし借金が親にバレた時、親は一体どういったポイントを気にするのでしょうか。

あなたの生活でしょうか、取り立ての状況でしょうか。考えてもわからないことは多いですよね。親を安心させるためにもしっかりとした説明が必要です。借金が親にバレた際、親はどういったことを気にする傾向があるのかご紹介していきます。

①現在の借金額

親がまず気にするのは、現在子供が抱えている借金の額がどれほどのものなのかという疑問です。親はきっと子供の力になりたいと思っていますから、この質問は必ずされるでしょう。

強く叱責されたあとで、大きな金額を伝えるのは「また激昂されるのではないか」などの不安がちらつき気がひけるかもしれません。ここで実態より少なく伝えても、事態はこじれていくのみです。しっかりと親と向き合い、正確な金額を伝えるようにしましょう。

②返済の見通し

親は子供の力でどれくらい返済が出来るのか。返済期間までどれほど時間が残されているのかなど、返済の見通しを確認したいと考えます。

自分の力での返済ができなくなっている方も少なくないかもしれません。そういった場合、正直に現状を伝えるのは苦痛や困難であったり、恥ずかしい気持ちになるかもしれません。その気持ちをこらえ、自分自身がどんな状態にあるのか、いかに困窮して相談することになったのかをできるだけ冷静に、客観的に伝えるように努めましょう。

③なぜ借金をしたのか

親は子供の借金の経緯やきっかけなどの「なぜ借金をしたのか」といった理由も気にします。返済に困るような額の借金をせざるを得なかった原因や、そもそもの発端について聞かれるかもしれません。

子供の立場からしてみれば、親に借金がバレたうえにその経緯を最初から話すのには、強い抵抗感を抱いてしまうことも否めません。親からすると原因をさぐり、できる限りサポートし、力になってあげたいという気持ちから聞いていることの方が多いでしょう。

抵抗感を抑えて、どうして借金をすることになったのかを、客観的に伝えてください。

④借金グセがついていないか

親が気にするのは、子供に借金グセがついていないかどうか、もう繰り返すことはないかという点を心配します。この借金が初めてでは無いのかどうか、ということを気にしています。

親に頼ってきている時点でかなり追い込まれているのは親も理解しているので、ここまで追い詰められるのは借金に慣れていないためか、それとも慣れているために借りすぎたのかどうか、心配になってしまうのです。

借金グセがついていたとしても、親は子を叱り、気に病み、子供が見ていてもうろたえるほど心配してくれるのではないでしょうか。

場合によっては、あなたに通院をすすめてくるかもしれません。借金が返済困難になることは、自分ではどうにもならない、誰かに頼らなくては解決できない問題でもあります。素直にこれまでの借金歴についても話すようにしましょう。

親にバレた借金、どうやって返済する?

①親に立て替えてもらい、後で少しずつでも返済する

自分の力で借金が返済できず、親にどうしても頼らなければならなかった場合、返済を立て替えてもらうことが考えられます。

借金が帳消しになったわけではなく、返済する相手が金融機関から親に入れ替わっただけです。こういった場合は少しずつでも、ゆっくりでもかまわないので、立て替えてもらった分を返済していくのが適切です。

子供のそういった姿勢に親は誠意を感じ取ってくれるはずですし、借金について不安がっている両親をほっとさせることもできるでしょう。

②生活費を見直し、月々返せる額を少しでも増やす

借金が親にバレた際、子供であるあなたは強く叱責されたうえ、お金の使い道についてあれこれ口うるさく言われるかもしれません。

もし親の叱責内容に思い当たるところがあり、親に対する反発心や悔しさはぐっとこらえ、反省するべきといえます。

生活費や娯楽にかかっていたお金を計算しなおし、借金までしなくてはいけなかった状態を改善して、親に返済できる額を少しずつでも増やすことが出来るとよいでしょう。
借金苦や返済地獄を繰り返すまいか心配していた親も、子供が倹約できるのだとわかればきっと安心してくれます。

③専門家に相談してみる

どうしても返済が難しくなっている場合は、専門家にアドバイスをあおいでみるというのも選択肢のひとつです。

最近では女性でも相談しやすい事務所も増えており、困った時に助けてくれる人は必ずいるという心強さを感じることができます。問題が複雑になったり債務が膨らむ前に、専門家を頼り返済の目処を立てていきましょう。

無料の減額診断

借金問題を取り扱う事務所というと、アングラで高額、闇の深い会社であるような印象があるかもしれません。最近では明瞭な料金体系を打ち出している会社も多くみられ、無料での相談を受けている事務所も多くなってきています。

借金の相談は勇気がいるものですし、ひとり抱え込んでしまっている方も少なくはないでしょう。最近ではLINEなどのサービスでも減額相談をすることが可能な事務所も増え、言いづらい問題も安心して解決できるようになってきています。

ここでは、無料相談が可能な法律事務所をご紹介していきます。

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

こちらは、返済など借金に関する全般的な問題への相談を、何度でも無料で相談することができる法律事務所です。

事務所設立当初から、債務整理(借金の減額や返済期間の延長などの手続き)に関する相談にとくに注力しています。依頼主・相談主のプライバシーをきちんと守ったくれるため、ばれずに相談しやすい事務所でもあります。借金問題の他に、離婚問題や刑事事件などの依頼も受け付けています。

アヴァンス法律事務所

アヴァンスレディース

多重債務に陥っている方や、高金利の借金に悩んでいる方のための手続き(任意整理)に注力している法律事務所です。

相談料は何度でも無料です。女性専用の相談窓口や契約後30日間費用不要・分割払い可能などの、保障内容が手厚いところも安心感があります。

アヴァンスレディース

アヴァンスレディース

アヴァンス法律事務所が借金に悩む女性のために設置した相談窓口です。

男性弁護士に相談することに抵抗ががある、同じ女性に話を聞いてもらって安心したい、という女性の心情に寄り添った法律サービスです。初期費用・相談料は無料で、窓口で対応するスタッフは全て女性となっています。

女性の場合、親にばれると男性よりも強く叱責されることもあるかもしれません。結婚を見据えた相手がいる場合、今後の人生設計に影響が出てしまうかもしれません。そうならないように、悩める女性の心強い味方になってくれる事務所です。

そもそも親に借金がバレないようにするためには?

借金が親にばれるというのは、とても恥ずかしく情けない気持ちになってしまうかもしれません。できれば借金していることなど親にバレたくないというのが、本音ではないでしょうか。

親に借金がばれないようにするには、どうすればいいのでしょうか?

①借金は自分の返済能力を超えない額に留める

借金が親にバレたきっかけとして、返済が困難になったためやむなく相談を持ち掛けたケースではどうすれば良いでしょうか。自分の返済能力や収入を上回る借金は、借金返済のためにさらに借金をかさね、債務を膨らます悪循環を招きます。

自身の首をしめていることに気が付いたときには、すでに身動きが取れなくなっているということも大いにあり得る事態なのです。そういった負の連鎖を引き起こさないためにも、自分の返済能力をあらかじめ把握しておくことはとても大切なことといえます。

②明細が郵送されないサービスを使う

金融機関からの督促状や明細表は自宅に郵送されるのが一般的です。両親と同居しているなど親も郵便物を見ることが出来る場合、金融機関から届いた封筒はまず間違いなく発見されてしまいます。

借金が親にバレたらまずい状況であれば、油断せず郵送での督促等を行なっていない金融機関を選びましょう。

③電話連絡は自身の携帯でのみ行うように業者に頼む

家の電話に督促などの連絡が入ったときにたまたま電話を取られ、借金が親にばれる可能性もあります。

どうしても金融業者と電話で連絡を取らなくてはいけないといった場合は、業者と相談し自分の携帯電話だけに連絡を入れてもらうよう頼んでみましょう。

借金が親にバレたときは、言い訳せずに全てを打ち明けてアドバイスを仰ごう

借金が親にバレたとなると、恥ずかしいやら情けないやらで居心地の悪い思いをするのは間違いありません。

本来であれば極力バレないように金融機関を利用するものですが、万が一借金が親にバレたときは、言い訳をせずにすべてを打ち明けたほうが真剣な話し合いが出来ます。

親からは、子供が考えもしなかった正確なアドバイスをもらえる可能性もあります。絶望的だった状況に光が差し込むかもしれません。