闇金の借金取り立てが怖いんだけどどうすべき?【取り立ての手口も解説】

闇金と聞いて皆さんはどんなイメージを抱くでしょうか。恐らく怖い、危ないという事は共通していると思います。

金融ブラックで闇金しか選択肢がなかった、利用した後に闇金と知ったなど、その利用に至るまでの経緯は様々あります。闇金は法外な利息で経営を維持している違法な金融業者ですが、その取り立ては相当厳しいと聞きます。

この記事では、闇金の借金の取り立てについて、詳しく解説していきたいと思います。

闇金の借金取り立ては対策をしなければ危ないものもある

借金がバレた銀行や消費者金融とは違い、闇金は違法な金融会社なので、借金の取り立ては普通の手段を使いません。一般的な金融機関の借金の取り立てといえば、督促状を送ったり、せいぜい電話や直接訪問する程度です。

しかし、闇金は嫌がらせにより精神的な暴力を行使してきます。この嫌がらせは、時には家族や職場を巻き込むことがあるので、十分に気を付けたいですね。

闇金は利息でどんどん儲けようとする

闇金の収入源は、法外な利息によるものです。そのため、一般的な金融機関では考えられないような高金利による貸付で儲けを得ようとします。

闇金の金利でよく聞くトイチとは、10日で元金に対して1割の利息ですが、この金利では短期間で利息が元金を超えていく計算になります。それほど闇金の利息は、恐ろしいということです。

闇金の借金取り立てをやめさせる方法

そんな過度な借金の取り立てをしてくる闇金ですが、やめさせる方法があるのでしょうか。まずは警察に駆け込むことですが、その際は闇金での取引がわかるものを必ず持参してください。また、取り立ての際に受けた嫌がらせの証拠などがあるとなお良いでしょう。

警察以外でいえば、やはり弁護士です。弁護士が介入することにより、闇金はおとなしく手を引いてくれます。

闇金の借金を取り立てる手口

闇金が取り立ての際に行う嫌がらせとは、具体的にどのようなことをされるのでしょうか。それぞれ抜粋したので、解説していきます。

電話で執拗に返済を求め、精神的に追い詰める

一般的な金融機関の電話での取り立ては、おおよそ21時までと決められています。しかし、闇金は当然のようにこの時間帯を守りません。

深夜や早朝といった、非常識な時間にでも平気に電話をかけて、精神的に追い込んでいきます。

債務者の家族に嫌がらせを行う

債務者が対応していようがしてまいが関係なく、債務者の家族に対しても嫌がらせを行います。主には電話攻撃ですが、債務者が受けたものと同様の追い詰め方をします。周りの人間を追い込むことで、間接的に債務者を追い込むという卑劣なやりかたです。

近所の人に闇金利用者であることをばらす

よくドラマなどである様な、自宅に借金の催促の張り紙をするなどです。債務者の近所の人に周知してもらうことで、債務者が家に住みづらくなり、精神的に追い詰められるでしょう。

債務者の勤務先に電話を掛けてくる

本人・家族だけでなく、闇金は職場にも電話攻撃を仕掛けます。貸金業法では、正当な理由がなくての職場への連絡は禁止されていますが、おまかないなしです。

暴力は使わず、威圧的な態度と言葉で脅す

闇金は圧倒的な暴力で債務者を屈服させると思いがちですが、今の時代その方法は通用しません。今時は、暴力を使わず言葉巧みに相手に恐怖を植え付けさせるのです。

デリバリーを勝手に頼むなどの嫌がらせをする

ピザなどのデリバリーを債務者の住所に勝手に頼むやり方です。中には、デリバリーだけではなく、緊急通報などもしてくるというのですから、非常に怖いです。相当なストレスになるのは、間違いないでしょう。

闇金からの借金は、債務整理の対象外なので注意

違法闇金の借金は、債務整理の対象にはなりません。なぜなら、闇金の存在自体が違法ですし、国では闇金からの借金は返済する義務はないとしています。

債務整理は、債務者が借金を返済しやすくするために実行されるものなので、もとより返済義務がなければ意味がありません。よって、闇金から借入を行った借金については、債務整理はしなくてよいということになります。

闇金からの借金があるとき、知っておきたい知識

決してまともではない闇金ですが、知っていてほしい知識があります。こういった知識があるだけでも、少しは気持ちが楽になることでしょう。

それぞれ、詳しく解説していきます。

闇金からの借金は返済をする必要は無い

闇金の借金、特にあの膨大な利息については、返済する必要はありません。

もちろん借りた元金については返済しなければいけませんが、元々法外であった利息ですので、当たり前といえば当たり前ではあります。仮に、支払ってしまっていても、返還されるようです。

闇金からの借金で自己破産する必要も無い

銀行や消費者金融での借金であればともかく、闇金相手に自己破産をしたどころで、意味はありません。

闇金は、まともな会社ではないので、自己破産しようがしまいが関係なく、借金の回収をしようとします。まずは、専門家に相談しましょう。

弁護士に対応を依頼することで、最速で即日で取り立てが無くなる

前述の通り、弁護士に相談することで闇金は取り立てを中断します。

闇金は非合法な組織であるがゆえに、弁護士という法のプロが出てくると案外大人しく引き下がります。そしてそのまま、その債務者への取り立てを中止するのです。

闇金からの借金取り立てのあとは、精神的なケアを受けるべき

闇金の執拗な取り立てにより、自ら命を絶つという人も少なからずいます。このような悲惨な結果にならないよう、精神的ケアが必要になります。

とにかく、闇金に困ったらまずは弁護士に相談する様にしましょう。

闇金の借金取り立てに関する相談費用の相場と、その費用を用意できないときの方法

50万円まで闇金の借金取り立てに対する相談費用の相場は、おおよそ5万円程度のようです。しかし、中にはこの相談費用も厳しいという人もいるでしょう。

その場合には大体法律事務所では初回は相談無料となるので、利用してみてはいかがでしょうか。または、一括払い以外の決済ができる法律事務所を探してみるというのも手です。利用者にとって大変お得な法テラスを賢く利用して、弁護士に相談することもできます。

闇金からの借金取り立ては、弁護士に対応を依頼しよう

闇金からの執拗な取り立てには、決してまともに対応しないことです。自分はともかく、家族や職場にまで嫌がらせが及ぶ前に、早急に弁護士に相談しましょう。

確かにお金を借りたのは紛れもなく自分でも、法外な金利に付き合うことはありません。早めに弁護士に相談することで、二次災害を未然に防げるだけではなく、精神的ストレスも緩和されます。

確かに怖い闇金ですが、所詮は法律に触れると、その動きは鈍くなります。弁護士を味方につけることが、闇金に対しての最大の武器となるでしょう。