借金が不安で眠れない……どうやって解消したらいい?

借金があるとその金額の大小に関係なく、どうしようも無いような不安に陥ってしまうことがあります。そしてその不安が精神面に影響し、きちんと眠れないという状況になってしまうのです。では、この様な状況になってしまった場合、どう対処すれば良いのでしょうか。

この記事では借金で不安で眠れないという場合の解消法について、詳しく解説していきたいと思います。

借金の不安で眠れない大きな原因はストレス

借金の不安で眠れない場合その根幹にあるのは、大抵のところストレスであることが多いのです。借金をしてしまった罪悪感、借金を返せるかの不安など、考えてもどうしようもないことですが、寝ようとしているときに、ふと考えてしまうものなのです。

終わってしまったことはもうどうしようもありませんから、これからどうするべきなのか未来に目を向けて割り切れる精神が大切です。しかしそれでも不安は拭えないという方の場合は、誰かに相談したり話を聞いてもらうことで、気持ちが少しは軽くなるのではないでしょうか。

借金の不安で眠れないのはどういうときなのか

借金

眠れないほどの強いストレスを感じると、本当に辛いですよね。眠れなくなると仕事の活力も失せますし、生きる気力まで失いかねません。

借金が不安で眠れなくケースをいくつか抜粋したので、それぞれ解説していきます。

借金の返済が思うように進まないことによる不安

借金の返済が利息だけで元金が全く減らないことに、不安を覚えてしまう場合です。借金額によっては資金繰りの余裕がなく、永遠と借金を抱えている状況に危機感を覚えてしまいます。

例えるのであれば、ゴールのないマラソンを走り続けるようなものです。人間は目標とそこまでの距離感や進捗があるから頑張ろうと思えるものですが、これでは気持ちが続かないものですよね。

親や親族、友人などにバレないか不安

借金をした事実を、近い関係の人たちにバレないか不安になる場合です。借金をしたという事実自体、人によっては羞恥心に苛まれますよね。

ギャンブルなど理由によっては、借金は絶対にバレたくないと考えるものです。この場合は、いっそ打ち明けてしまったほうが楽になるかもしれません。

金額の大小ではなく、借金の事実に対する不安

ある程度プライドの高い人などは借金があることに対して、とんでもなく敗北感を覚えてしまうかもしれません。借金することに慣れていない人が、陥りやすい不安になります。

してしまったものは、しょうがないと割り切るしかありません。借金をしてしまった過去を振り返っても、マイナスはあっても決してプラスに働くことはないでしょう。

自己破産をしたその先に対する不安

どうしても借金の返済ができず自己破産をしたは良いものの、これからの生活に不安を覚えてしまう場合です。自己破産をしてしまったことで信用情報に傷がつき、日々の生活費をどうすれば良いのかなど不安は尽きないでしょう。

しかし借金とは手を切ってリスタートを切れたのですから、思いつめる必要は全くありません。ここから人生は再スタートなんだという気持ちを、強く持ちましょう。

借金の返済ができないことへの自己嫌悪

精神が病んでしまう多くの人は、この理由になります。病気で退職、趣味に投資、ギャンブル、浪費癖と様々な理由は、結局自分自身で作った借金です。なので余計に辛くなってしまい強い自己嫌悪を生むのです。

この場合は、債務整理を検討しましょう。

借金の不安で眠れないときの解決策とは

 

借金の不安で眠れない場合、そのまま何もしないでいると、余計に悪化しそうですよね。解決法をいくつか抜粋したので、それぞれ解説していきます。

返済計画を見直す

一度作ったであろう、返済計画の見直しをしてみましょう。もしかしたら、無理な返済計画であった可能性もあります。

返済計画を見直し現状と照らし合わせることで、精神的に楽になるかもしれません。

もしもの場合は最悪返さなくてもいい事実を知ることで気が楽になるかも

最悪返さなくてもいいと逃げ道を作っておくことで、不安を軽減します。

日本の法律では、債務整理という解決策があります。また生活保護という制度もありますね。

債務整理を検討する

債務整理によって、借金を減額できることもあります。

条件によっては、ゼロになることもあるかもしれません。検討する場合は早めに専門家に相談するようにしましょう。

自己破産を検討する

どうしても借金の返済が厳しいのであれば、自己破産しましょう。

条件はありますが、借金がゼロになる可能性があります。自己破産はどうしても悪いイメージを持ってしまいがちですが、追い込まれた場合の選択肢としては、優秀であるといえます。

生活保護の申請を検討する

現在の収入で返済が苦しいのであれば、生活保護を考えてみてはいかがでしょうか。借金を返済するために、定期的に借入を行っているような悪循環では潰れてしまいます。

生活保護に抵抗を感じる人もいるとは思いますが、社会の制度で利用できるものは利用するのも一つの手です。

在宅でも可能な副業を探してみる

現在の収入で、返済を考えているから不安になるのではないでしょうか。在宅でも可能な副業を探してみるのも良いかもしれません。

収入が増えることで返済が楽になり、結果として気持ちも楽になります。

借金の不安で眠れないときは、目を瞑るだけでも脳は休まる

脳は視覚からの情報を処理する能力があります。このことから人は眠らなくても、目を瞑るだけで睡眠を取った時と比べて80%の回復効果があるとされています。

なので眠れないからといって無理に起きたりせずに、目を瞑ってじっと横になっているのが良いでしょう。

借金の不安を一人で抱え込むより、専門家に相談するのも手

借金の不安は、一人で抱えていても、中々解放されるものではありません。そういった場合は、専門家に相談してみるのも一つの方法です。

債務整理は、決して珍しいものではなく、借金の不安で眠れないとしている人のためにあるような解決法ではないでしょうか。

借金の不安で眠れないときは、一人だけで解決しようとしないこと

借金の不安で眠れないときは、一人で抱え込んで思い悩んでいても決して解決はしません。家族や友人などに相談できるなら、思いのたけを話すだけでも変わってくるはずです。もし近しい人には相談できないのであれば、専門家に相談しましょう。

専門家ならではの見方で、適切なアドバイスがもらえることでしょう。