キャッシングを断られるのはこんな人!どうすれば利用できるのか

キャッシング審査で断られてしまう理由には、様々なものがあります。この記事では審査で断られてしまう原因を整理・分析し、断られないためにはどういった行動を取ることが出来るのかを共有いたします。

ご確認いただき、ご自身の場合と比較してみていただければと思います。

キャッシングを断られる可能性が高いケース

キャッシングを断られてしまう人には、様々なケースが考えられます。
ここでは、キャッシングを断られてしまう人の特徴として特に多く考えられるケースを共有したいと思います。
断られてしまうのではないかと心配な方、どうしても断られてしまうという方は、ご自身に当てはまるものが無いか一緒に見てみてください。

収入が不安定なケース

金銭を貸す側から考えてみれば、「貸したお金が返ってくる見通しが立てられるかどうか」、つまり相手に返済能力があるかどうかは非常に大切な要素です。
たとえ収入があったとしても安定しない人は、安定した返済能力が無いとみなされ、審査の時に不利になる可能性があるのです。
その点で、公務員は最も審査に通りやすいと言え、その次に一般企業の会社員、派遣社員、アルバイトといった具合に信用度は下がっていってしまいます。

勤続年数が短いケース

「安定した」返済能力を見極めるという意味で、現在の勤務先への勤続年数の長さも大きなポイントになります。
勤続年数が長いということはそれだけ継続してお金を稼ぐことが出来る=安定した返済能力が見込めるということになり、逆に勤続年数が短ければ今後継続して返済ができるか不安が残るという理由で断られてしまう可能性があるのです。
多くのキャッシング会社が、正社員でも派遣社員でもルバイトでも大体勤続年数1年以上というボーダーラインを引いているため注意が必要です。

勤務先の在籍確認がとれないケース

分割払い

キャッシング審査の最も大切なポイントは、「安定した返済能力があるかどうか」です。もし万が一申告した勤務先に在籍していなければ、金銭を安心して貸し出すことはできなくなってしまいます。

そのため、勤務先に在籍確認が取れない場合では審査で断られてしまう可能性が高くあるのです。もしウソの申告となれば金融機関としては非常に警戒しますから、審査を難しくする大きな原因にもなってしまいます。

無職のケース

そもそも職がない状態では収入は見込めず、返済能力も皆無となってしまいまず間違いなく断られてしまいます。これまでお話ししてきたように収入がある人でも断られるケースがあるのですから、正規の業者であれば無職の方に金銭を貸し出す可能性は限りなくゼロに近いと思った方が良いでしょう。

ただし例外として、無職でも次の就職の予定が決まっていたり、ある程度の貯金があったりと返済可能性が見込める場合に、審査を通る可能性もあります。

年収の3分の1を超えているケース

貸した相手が返済期日までにきちんと返せるように、貸し付ける金額にも気を配る必要があります。余りに多くの金額を貸してしまっては、借り手が必要以上の浪費をして返済ができなくなる可能性があるからです。

そのため、借入額には収入の3分の1までという基準を設けられており、キャッシングの残高がこれを超えている・超えてしまうような場合には審査で断られてしまう可能性が高まるのです。

返済が遅延しているケース

キャッシングの返済が遅れていると、限度枠を使い切っていなくても利用可能額がゼロになってしまい、キャッシングを行うことが一時的にできなくなるケースがあります。他社での借り入れに関しても同様であり、既にキャッシングを行っているうえに返済が滞ってしまっていると、「正常な返済能力を持っていない」とみなされてしまい、新たなキャッシングの審査で断られてしまう可能性があるのです。

借り入れ件数が多いケース

金融機関は、既に借り入れている金額の多寡だけでなく「既に何社に借入を行っているか」も非常に気にします。余りに多くの会社に対し借り入れを行っている場合は、お金の管理がしっかりできていないとみなされるうえ多重債務者として債務整理をする必要性が出てくるかもしれないからです。

何社からも借り入れている状態で新たにキャッシングを申し込みたい場合には、繰り上げ返済等を駆使して借り入れている件数を減らす努力が必要になってきます。

公共料金を滞納しているケース

公共料金や携帯料金を滞納している場合も、キャッシングの審査で断られることがあります。公共料金や携帯料金は個人の信用情報に残る大切な要件であり、支払いが滞っている場合には注意が必要です。

借り入れる会社とは直接関係のない金銭のやり取りのため見落としがちなのですが、キャッシング審査で断られる理由になることが多くありますので、「審査を断られけど思い当たるフシが無い」という場合には確認をしてみてください。

同業者のケース

また、あまり多くの方には阿多ハマらないかもしれませんが、借り入れる方が同業者である(消費者金融に勤務している)場合も、審査で断られてしまう可能性が高くなります。消費者金融にお勤めの方は、注意が必要になります。

キャッシングを断られないようにするには?

手段

これまでキャッシングを断られてしまう主な理由について整理してきました。これらを理解したうえで、キャッシングを断られないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか。

具体的には、以下のような方法が挙げられます。

  • 借入希望金額をより低く設定する
  • 既に借り入れている分をしっかりと返済する
  • 他社の借り入れ件数を減らす
  • 毎月の公共料金、携帯料金を滞りなく支払う
  • 安定した収入を得て、1年以上継続的に勤務する

自身の収入面が大きく影響するため一筋縄ではいかない方法もあるかもしれませんが、上記のようなことを一つずつ見直していくようにしましょう。

1社断られてもチャンスはある

例え1社の金融機関に断られたとしても、諦めてしまうのはまだ早いです。申し込んだ金融機関の審査が厳しい可能性もあり、他社であれば融資が受けられる可能性も残されているからです。

銀行よりも消費者金融、大手消費者金融よりも中小の消費者金融の方がより審査に通りやすい傾向がありますので、先ほど共有した改善点を確認したうえで、再度チャレンジをしてみましょう。

キャッシングは賢く利用しよう

金融機関のキャッシング審査に断られてしまう原因は、意外にも様々あります。ご自身の原因をしっかりと分析したうえで改善できる点は無いかを考えていただき、審査に臨むようにしましょう。

また、普段からお金の管理には気をくばり、無理のない範囲での借り入れを行うようにすることも、キャッシング審査で断られないための大きなポイントと言えます。