FXって危険なの?失敗すると莫大な借金を抱えるって本当?

FX

数ある投資法の中でも、FXは儲かればこれほど面白い投資法はないと言えるのではないでしょうか。一攫千金を狙ってFXに取り組んでいるユーザーも多いはずです。事実、しっかりとイベントを読んで投資をした結果、莫大な富を気付いた人も存在します。しかし、そんなFXですが実は様々な危険性を伴っています。その危険性を知っているのといないのとでは、失敗する確率も大きく変わってくるでしょう。

この記事では、FXの危険性について詳しく解説していきたいと思います。

FXでは一歩間違えると借金に陥る危険性あり

FXは様々な投資法の中でも少ない投資で大きく儲けることができるとされ、非常に人気が高いものです。しかし、一歩間違えれば自分がFX用の口座に入れているのお金を全て失うだけではなく、それ以上の損失を抱えてしまう可能性があるのです。そして、自分がFXについての知識が乏しければ乏しいほど、その危険性は高くなります。

もしFXに手を付けるのであれば、その前の準備としてきちんとFXの仕組みについて理解を深めてからにしましょう。

FXでの投資自体が危険、ということでは無い

FXには強制ロスカットというシステムがあるので、普通にトレードしているだけでは基本的に大きな損失を抱えてしまう様な事態にはなりません。なぜなら取引の初めに証拠金を預け入れるのですが、取引の仕組み上、その預けた証拠金の額以上に損をすることはないからです。

このことから、FXの投資自体が危険というわけではないのです。

FXで借金に陥る危険性の理由は「追証」?

FXが危険といわれている最大の理由として、追証(追加証拠金)というものが挙げられます。取引にあたっては委託保証金と呼ばれる、家賃契約でいえば敷金のようなものが、必ず必要とされます。取引において想定以上のマイナスが生じてしまった際に、委託保証金を追加しなければならなくなります。

その際に追加されるものが追加証拠金で、いわゆる追証になります。追証による追加金は想定の範疇にないユーザーも相応にいるため予想以上のマイナスを強いられることから、FXで借金に陥る可能性の高い原因とされています。

FXの危険な理由に挙げられる「追証」は海外の業者なら発生しない?

FXにおいて極めて危険性が高い追加証拠金略して追証ですが、これを回避する方法があります。それは非常に簡単な話で、海外のFX業者を使うことです。

海外FX業者には、追証のようなシステムはなく、ゼロカットシステムと呼ばれるものを、採用しています。ゼロカットシステムとは最大損失額を口座に入っている金額分におさえるシステムで、資金がなくなったらある分だけでOKというものなので、追証が発生しません。これにより利用者は想定以上のマイナスを被ることがなくなるので、安心して取引ができるようになります。

FXで借金の危険性をできるだけ下げるために必要なこととは?

FXで多額の借金をしたという声もときどき見られますが、実は適切に利用しているのならFXの取引自体にはそのような危険性はそれほど大きくはありません。では、なぜ借金をしてしまうのでしょうか。それは自らFXで儲けを出そうと、借金してしまうからです。

借金の危険性を下げるために必要なことは、自ら借金しないことが、重要なことになります。そうならないように、あまりのめり込まないように立ち回ることが、大事になります。

あとは国内FX業者の場合は、追証の仕組みをきちんと理解していない人が多いのではないでしょうか。始めての人やリスクを恐れる人は、海外FX業者を利用することで想定以上のマイナスをする危険性が減ります。

FXで借金を背負わない様に、リスク管理はしっかり行おう

ここまでFXについて説明してきましたが、もちろんリスクがあれば相応のリターンもあります。投資において、リスクとリターンは常に背中合わせです。

FXでも株式投資でも不動産投資でも全ての投資に言える事ですが、投資をする以上大小に差はあれども何かしらのリスクが必ずあります。重要なのは、借金を背負わないようにリスク管理をしっかり行うことです。良い投資ライフを送るために、常にリスクヘッジを考えていきましょう。

▼FXで借金を抱える理由って何?【どのような場合に借金になるか解説】▼

FXで借金を抱える理由って何?【どのような場合に借金になるか解説】