借金の減額交渉をしたい!交渉のポイントは何?

借金に追われて生活ができないほど苦しい時には、借金の減額交渉(任意整理)を検討しましょう。実際に借金の減額交渉が成功することで、借金に追われる生活から抜け出す事が出来ます。

この記事では、借金の減額交渉をする際のポイントをまとめましたので確認していきましょう。

この記事を読むとわかること
  1. 借金減額のポイント4つを抑えよう!
  2. 減額交渉は返済と向き合う行為です!
  3. 悩んだら専門家に相談しよう!

借金の減額交渉とは任意整理のことを指す

借金に追われて著しい生活が送れなくて困っている。このような状況に陥ってしまった場合には、任意整理による借金の減額交渉を試みましょう。

この記事では借金の減額交渉についての仕組みや、減額交渉でのポイントを解説していきます。

▼減額の仕組みについてはこちらを見てください
借金が減額される仕組みって?【おすすめ相談先を紹介します】

借金の減額交渉を成功させるには、専門家に同席してもらうことが重要

借金の減額交渉を成功させるには、専門家に同席してもらうことが重要

借金の減額交渉をする為には、債権者(お金を借りた人)と交渉しなければいけません。借金をした相手が、友人や家族であれば自分で減額交渉する事を考えますね。

しかし借金をする多くの方の債権者は、クレジットカード会社や消費者金融と会社が債権者のケースがほとんどです。

会社を相手にご自身で借金の減額交渉を行う事は相当な困難となりますので、任意整理で減額交渉をしたい場合には、弁護士や司法書士といった専門家に同席してもらう事が重要となります。

減額交渉の専門家とは?

弁護士や司法書士、税理士など、法律や手続きに精通した士業がほとんどです。

同じ弁護士や司法書士の方でも得意分野が異なっているので、特に借金問題に精通した方々を専門家と呼んでいます。

無理に借金を返すよりは、減額交渉をした方がお互いのためかも

無理に借金を返すよりは、減額交渉をした方がお互いのためかも

著しい生活が送れないまま借金を返済しているケースでは、減額交渉をすることで、債権者と自分、双方に対してメリットとなるケースが非常に多いです。

借り入れ側からすると、支払い総額が減る、支払い方法が変わる、利息分がカットされる。といったメリットがあります。

また、債権者側としても著しい生活が送れていない為、借金の返済が滞った挙句に結局借金が完済されないリスクが発生します。

このようなリスクを避ける為、債権者側も減額交渉を受け入れてくれます。借金の減額交渉をすることで双方にメリットが発生しますので、借金に追われ生活が苦しい場合には、任意整理による減額交渉をオススメします。

債務者側の視点ではありますが、返済をスムーズに行うための一環と捉えて任意整理を検討してみてください。

交渉内容は金額・方法・期間の3つ!

借金の減額交渉(任意整理)における交渉内容は返済回数、支払総額、月々の返済額となります。

それぞれの交渉内容の特徴を確認していきましょう。

借金をどれだけ減額してもらえるかの交渉

借金をする場合に、元本の返済とは別に必ず発生するのが利息の支払いとなりますね。

一般的な減額交渉では、この利息分をカットする事を交渉していきます。この利息分をカットするだけでも、支払い総額も減ってきますからその結果返済に余裕ができます。

次に元本の減額交渉ですが、元本の減額には債権者も中々応じてくれないケースが多いです。

返済期間の交渉

返済期間を長くしたり、滞納をしている場合返済再開までの猶予を長くしてもらう交渉です。

返済期間を長くすることで利子は増えてしまいますが、月々の負担を減らすことができます。

減額後の借金の返済方法の交渉

利息分や元本の減額交渉が成功した後には、月々の返済額と返済回数の交渉となります。

借金の支払い総額が減額されても月々の返済額や返済回数を変更しなければ、返済により生活に支障がでてしまうため月々の返済金額を変更交渉をしていきます。

借金を一括返済することで、より減額してもらえる可能性も

借金の減額交渉にて一括返済をする事で、元本の減額にまで応じてもらえる可能性が高くなります。なぜなら、任意整理後の返済には基本的に利息がつかず、且つ貸し倒れのリスクも高い為、債権者は借金を一括返済してくれるならと考えているからです。

長期間の借金をしていた人は、過払い金の対象になっているかも

長期間の借金をしていた人は、過払い金の対象になっているかも

2010年6月18日に出資法が改正される以前に借金をしていた場合には、グレーゾーン金利にて借金をしていた可能性が非常に高いです。

グレーゾーン金利
  • 現在の15〜20%の金利に対してグレーゾーン金利では年利29.2%と非常に高い金利設定がされていました。
  • 出資法改正に伴いグレーゾーン金利にて借金をしていた場合に払いすぎた利息分を過払い金請求といった形で取り返す事ができます。

2010年以前から長期間借金をしていた場合には、過払い金請求の対象になっているかもしれないので必ずチェックしましょう。

もし過払いをしている可能性があるときは、一度専門家に過払金があるかを聞いてみても良いかもしれません。

最後の返済日などから過払金対象者かどうかを調査をしてくれます。

ぜひ専門家に相談してみよう!

困った時の専門家おすすめランキング

司法書士法人 杉山事務所

借金・債務のお悩みは司法書士法人杉山事務所にご相談くだささい!

 

専門分野 債務整理・過払い請求
対応地域 日本全国
 おすすめ度  /5
無料相談
無料相談の申し込み方 Webから申し込み可
対応金融機関  アコム、アイフル、オリコ、アプラス、セゾン、セディア、三菱UFJニコス、プロミス、三井住友VISA、レイク、楽天、ライフ、その他多数

公式サイトはこちら
司法書士法人 杉山事務所のおすすめポイント
  • 対応できる金融機関が多い!
  • 日本全国から相談可能!
  • 出張相談も対応している!
  • 過払い請求に対応している!
120万返済の専門家おすすめランキング

ランキング2位 弁護士法人 イストワール法律事務所

 

専門分野 債務整理
 おすすめ度  /4
無料相談受付
Web・メール相談 メール相談可(24時間受付)
電話相談  フリーダイヤル(9:00~21:00/年中無休)
0120-25-3160

公式サイトはこちら
弁護士法人 イストワール法律事務所のおすすめポイント
  • 電話相談が可能!
  • フリーダイヤルでかけることが可能!
120万返済の専門家おすすめランキング

ランキング3位司法書士エストリーガルオフィス

 

専門分野 債務整理
 おすすめ度  /4
無料相談受付
減額報酬・和解成功報酬 0円!
Web申し込み 無料相談フォームあり
営業時間9:30~21:00
対応範囲 借入期間に関わらず1件から対応可能

公式サイトはこちら
司法書士エストリーガルオフィスのおすすめポイント
  • 1件の借金から対応可能!
  • 減額・和解成功報酬が0円!

借金の減額交渉が上手く行けば、返済は一気に楽になる

借金の減額交渉が上手く行けば、返済は一気に楽になる

この記事のまとめ
  • 借金の減額交渉のポイントは4つ!
    1. 交渉は専門家を頼ろう!
    2. 交渉は返済の一環と捉えよう!
    3. 交渉は金額・方法・期間の3つ!
  • 過払金がないかも調べてみよう!
  • 返済に追われて生活が苦しい時には、債務整理を検討しよう!

借金の減額交渉(任意整理)が上手くいく事で借金の支払総額が減り、月々の返済額も生活に支障が出ないような金額に変更できる為、返済が一気に楽になります。しかし、借金の減額交渉は個人で簡単にできる事ではありませんので、専門家に必ず相談しましょう。